第6話 伝説のユニコーン

「ソフィアさん」

 姫様が話掛けてきた。


 緊張で身体が石像のように固くなる。


「なんでしょうか?」

 俺は、冷静さを取り繕う為、型通りの返事をした。

 できれば、会話の主導権は、姫様が握っていて欲しい。

 質問に、答えるぐらいなら俺だって……


「もしかして、私を避けてますか?」

 えっ、思いもしない彼女の質問に、俺はパニック寸前だ。

 そう、ここは、笑顔で乗り切るべきだ。

 笑顔は、万国共通の友好の証、彼女だって、それで勘違いだと理解してくれる筈だ。


 そして、俺は、自分で失望する程、不自然でぎこちない笑顔で返事してしまった。


 今まで、万能の力を発揮していた仕草補正も、うまく発動してくれない。


「そうですか……、私は、エルフを裏切った国の王族ですもの、ハイエルフの貴方が嫌うのも理解できます……、ごめなさい。そして、皆を、助けてくれて、ありがとうございます」

 出会った時よりも、深くお辞儀する姫様は、俺を、とても悲しい気持ちにさせた。


 俺は、意識した女性と話をするのが苦手だ。

 それは、きっと嫌われる事が怖いからだ。


 目の前の女性も、同じ気持ちかも知れない。

 誰だって嫌われるのは、嫌に違いない。


「僕は、貴方が嫌いなんかじゃない!」

 俺は、自分の気持ちを、ありのまま伝える事にした。

 言語補正が正常に機能していない。

 むしろ、好都合だ。

 俺の言葉に近い形で、君には伝えたい。


「他のエルフなんて、僕には、関係ない!  だって、この世界で、知っている人は、貴方達だけなんだから!」

 気持ちを叫び終えた俺は、自分の言動を振り返り、顔を赤くした。

 彼女に気持ちは伝わっただろうか?


「私は、エルフを裏切った王族の血を引く者ですよ?」

「関係ありません! 貴方は、あなたです!」


 うふふ……、


 お互い目が合い、笑い合う。


 あははは、


 何やってんだ、俺たち!


「ごめんなさい、私、姫様と話をすると、緊張しちゃって……」

「ドラゴンを一撃で倒す人が、緊張なんてしないで下さいっ!」

 姫様は、頬をプクーと膨らませた。


「あと、私の事は、レティーシアと、呼んで下さい」

「なら、私は、ソフィアでいいわ」

 それから、俺たちは、お互いの情報を交換した。


 その時、俺は、この世界に転移した事実は伝えたが、性転換やゲームの事は、記憶が曖昧な事を理由に伏せる事にした。

 実際、現実世界の記憶が激しく欠落している事は事実なのだから、半分は本当だ。


 そして、彼女の国、アトラース王国は、突然、隣国のランス帝国から侵略され、今は、王都が陥落し、国は、崩壊状態だという。


 そして、彼女は、まだ無傷の、西部の辺境伯を頼って、移動の最中だという話だ。


「なんで、早く移動しないの?」

「さっきの戦いで怪我人が多く出たの……、そして、馬車や馬が足りないの……」

 辺りを見回すと、確かに、怪我人を介護する者や、馬車の修理を試みている者など、それぞれ忙しいそうにしている。


 俺は、魔力残量や、プレゼントボックスの中身を頭の中で確認した。

 あいつの数が足りるのか心配だったが、予想より多くいた事に、少し落ち込んだ。


「あなたが、お願いするなら、助けてあげるわ」

 俺は、悪戯な笑みをレティーシアに投げた。


「ソフィア、私を助けて」

 彼女は、満面の笑みで返した。

 そして、今度は頭を下げる事はなかった。


 今の、俺には、それだけで、ご馳走だ。


「怪我人を、一箇所に集めて。お願いっ!」

 俺が、近くにいた若い兵士にお願いすると、その青年は、耳まで赤くして、無言で頷き動きだした。

 もしかして、俺に、メロメロなのかもしれない。


 その間に、壊れた馬車を巡り、【リペア】の魔法で直していく。


「リペア!」

 俺が魔法を唱えると、壊れた馬車は、光を帯び修復していく。


「見た事ない魔法だ、凄え!」

 高性能な俺の耳に聞こえる、驚嘆や賛辞の声が心地よい。


 この魔法は、この世界には存在しないようだ。

 確かに、MPは消費するが、ゲームでもアイテム画面でしか使用できなかった。

 アイテム画面が存在しないこの世界では、フィールドで使用できているのかもしれない……。

 ただ、この魔法も、万能では無い、一定の耐久値を下回っている馬車は、修復する事が出来なかった。

 そこは、感覚で掴んでいくしか無いだろう。

 馬車は、荷馬車を含め十台程、修復する事ができた。


 半数以上、修復したのだから、上々の成果だ。


「あ、あの、集まりました」

 一息ついた所で、先程の青年が報告に来た。その動きは、まるで壊れかけのロボットだ。

 その動きに、俺自身を重ね、微笑ましく思った俺は、少し背伸びをして、彼の頭に手を置き、礼を述べた。

「ありがとう」

「そ、そんな、礼なんて! こちらこそ、ありがとうございます!」

 彼は、何故か礼を述べ、その後、完全に壊れたロボットのように歩き方を忘れ、直立不動のまま、動かなくなった。


 こいつ、生きてるよな……


 ちょっとだけ、青年の事が心配だが、次の仕事に取り掛かる。


 怪我人の回復だ。


「エリアヒール!」

 回復系の初級、いやエリアが付いてるから、一応、中級の魔法を唱えた。

 怪我人達に、光が降り注ぎ、傷を癒していく。


「奇跡だ!」

「女神様だ!」

「かわいい!」

「嫁に来てくれ!」

 様々な、賛辞に、俺は、手を振って応え、ヒールの効果が、俺の想像通りだった事に満足した。


 そして、最後の仕事だ。


 本日のメインイベント!


 プレゼントボックスから、直接、奴らを召喚するのだ!


「我の呼び掛けに、応じよ!  ユニコーン!」

 自然と浮かんだセリフを述べると、眼前の空間が裂け、その深い闇の底から、角を生やした白馬が走って出てくる。

 ユニコーンは、一匹、二匹では、止まる事なく、どんどん闇の底から駆け出てくる。


「伝説のユニコーンが、こんなに沢山……」

 バーナード団長の開いた口が塞がらない……、大丈夫だろうか、この爺さん……

 レティーシアの方を確認すると、彼女の笑顔もピクピクと引きつっていた。

 その間も、ユニコーン達は、ウジャウジャと湧いて出てくる。


 ユニコーンって、伝説の魔獣なのね、知らなかった。

 だって、帝国が召喚した赤ドラと、同じレア度だし、なんと言っても、ユニ子、あっ、ユニコーンの事ね、まったく、飛べない上に弱いだけの、移動サポ専用魔獣だ。

 合成の餌になるけど、持ってるスキルも、上昇するステも移動だけという、本物の外れだ。

 それが、プレボに、千匹近くいたのだ。


 だから、今、ここにいる人数分の三百匹、召喚したんだ。サービス満点だね。

 さらに、絶滅危惧種だったユニ子も、伝説じゃなくなるし、ビックリだよ……。


 俺達を中心に、ユニ子の大群が、辺り一面を埋め尽くした。


 ヒヒーン、ヒヒーン、


 ユニ子の鳴き声は、馬と同じだった。


「もしかしたら、馬に角を付ければ、ユニコーンじゃないの?」

「全然、面白くありません!」

 レティーシアってば、冷たい……。


 本当は、ユニ子に乗って移動したかったけど、なんだか、どっと疲れた。

 プレボからの魔獣の召喚に、MPは消費しなかったけど、精神が酷く削られたようだ。


 疲れた俺は、レティーシアと同じ馬車に乗り込み、


 深い眠りに落ちていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます