第6話 意識

 副会長である琥御山が俺たちに対して、違和感を覚えたのか俺たち二人を見て、何かを考えている。


そして


「花宮さんと悠希ってなんかあったの?」と言った。


もちろん無かったわけでは無い、かと言ってあったと言うと後々めんどくさそうなので


「え?いや、なんもないよ」と答えておいた。


「まぁ、何かがあったって知ってるんだけどね」


その発言に驚いてしまい、思わず席を立ち


「は?いや、なんで知ってんだよ」と大きな声で言ってしまった。


すると笑いをこらえながら


「クッ、ハハッ、う、うそ、嘘だから、ハハッハッハあぁぁぁーうける、で、何があったの?」と笑いながら言った。


俺はこいつに一杯食わされたのだろう。俺は一度花宮の方をみてから


「いや、は?なにそれ、俺騙されたのかよ、でも、そんな笑わなくてもいいだろ。いや絶対言わねぇよ」と言った。


 琥御山は流石にもう笑ってはいなかった。


「いいから、早くいって」


「だから、言わねぇよ」の、やり取りが後五回ほど続き、琥御山が口を開こうとしたとき、花宮が


「琥御山さん」と言った。


 俺たちのやり取りを遮り、あまりに急だったため、思わず琥御山が


「ん?うん?」と返事をした。


そして花宮は


「昨日、悠希くんと一緒に帰ったんだけど、それを見た人がいたらしくて、それをここに来る途中に聞いたから、恥ずかしくなって何も話せなくなったってだけだから」といつもより大きな声を出し、途中早口になりながらもそう言った。


 琥御山は


「あ、昨日一緒に帰ったんだ。へぇーあ、そうなんだ」となぜか声のトーンを小さくして言った。


 その顔は、どこか悲しそうだった。ただ、すぐに茉莉は無理に笑顔をつくって花宮と会話をしていた。


 そして、俺は今日も花宮と一緒に帰ったが、花宮がいつもより静かで暗かった。そのことに違和感があったので理由を聞こうか悩んだが、聞くと空気が重くなると思って、言うのをやめた。


 花宮といると胸が苦しくドキドキしてうまく話せなかったり、体が熱くなったり、花宮を自然と目で追ってたりする。これは一体なんなんだろうか。 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます