第7話 相談

「あのさ、ちょっといいかな?」と休み時間に夏彦が俺に話しかけてきた。


「ん?なんだよ」


「いや、あの、その、実は内田が花宮さんに告白するらしいんだ、手を貸してくれないかな?」


「なんでだ?学級委員だからか?部活が同じだからか?一緒に帰ったことがあるからか?」


「違う、君たちが仲いいからだ、頼む」と頭を下げて言った。


「それって、俺を利用してるよな?お前らのグループでがんばれば?」


「そうか、君はもっといい奴と思ってたよ」


「はぁ?ばかか、そーじゃないからボッチなんだよ。それにその言葉はこっちのセリフだよ。まさかお前が人を利用するような奴とは思わなかったよ」


「もともと、俺は、君が思うようないい奴じゃない」


「は?なに、言ってんだよ。人望あって人気者で性格いいのに、いい奴じゃない?は?ふざけんなよ」


「ふざけては無い。事実だ、頼む、友達なんだ、あいつらは、だから頼む」と言い、再び頭を下げた。


 周りからすると、俺はこいつに頭を下げさせた、みたいになってたので、しかたなく了承することにした。


「そーか、友達か」とぼそっと言った。


それがこいつに聞こえてたかどうかはわからない。


「見返りはあるか?ふられても、もちろんあるよな?」


「もちろん、ある」


「そーか、わかったよ、で俺は何をすればいいんだ?」


「内田のいいところをさりげなく言ったり」


内田、下の名前は暢志のぶゆきそしてサッカー部のレギュラーで次期エース


「はぁ?あいつのいいところ?んなもの、どこにあんだ?」


事実俺は、あいつのいいところなんてないと思ってる。


「サッカーがうまい、明るい、運動神経がいいとかさ」


「じゃあ、適当にそんな感じのこと言っておくわ。で、いつ告るつもりなんだ?」


「それは、まだ俺にもわからない。わかったら言うよ」


「うん、わかった」


告白すると聞いたとき、すごい胸が締め付けられ苦しくなったのは、なんなんだろう。そして、とられたくないとも思った。これが恋なのか?今日部活の時に茉莉に聞いてみるか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます