心の弱さに溺れながら

作者 りにゃ

75

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

騒動後、サーバルに対する感情がただの「好き」ではなくなったことに思い悩むかばん。止め処なく溢れるこの想いは、今の関係を壊してしまいそうでかばんは必死に押し殺していた。そんな中、自分と似た悩みを抱えていると感じたフェネックは助力になろうと彼女に声を掛ける—。
雨のロッジから始まる少しウェットな物語。
(直接的な描写はありませんのでお子様にもおススメです(大嘘))