第百三十八話 城塞都市の生存者ヒーロフ

「無理かもしれない……」


 サティがそう言って顔を曇らせた。

 彼女の手には、バッファローの小さなぬいぐるみが有った。

 サティの魔法で、変わり果てた姿となったロサキだ。


「すっごく命の力が弱くなってるよ、このまま消えちゃうかも……」

「そうか、なら仕方ない。病気なのにごめんなサティ、ありがとう」


 ここは大魔王城のホールで、温泉旅行組と反政府活動家が隔離されていた。

 魔力が回復した所為で、サティは思ったよりもずっと元気だった。

 アルタイ師匠が言うには、自分で無意識に症状を緩和しているらしい。

 もう、特に病気の心配は要らないとの事だ。


「このままサティが見ているね、なるべく頑張ってみる」

「ありがとう。

 でも無理はしないでくれよ。サティの方が大切だからな」


 俺がそう言うと、彼女はしっかりとうなずいた。


「うん、サティはだいじょぶ」

「そっか」


 俺は竜形態のゴツい手を、感謝の気持ちと共にそっと小さなお嫁さんの頭にのせる。


「えへへ~」


 サティは嬉しそうに目を細めた。

 よし、次はダンジョン魔力を魔族側に戻すように指示を……いや、その前に、瞬間移動をする敵について警告しよう。

 具体的な対抗策は思いつかないが、それでも味方に周知すべきだろう。

 午後の国政会議に乱入してからラスートへ戻ろう。


「おのれぇっ! 我は怪我人であるぞぉ! 非情な独裁者の手先共めぇ!」


 俺達の居る場所から離れたホールの隅で、ルポトラの叫び声が上がる。

 そこには反政府運動家たちが集められ、多数の衛兵が幾重にも囲んでいた。

 どうやら牢屋へ移送するらしく、兵士に支えられながら歩かされ始めた。

 出口に近い、俺達の居る場所へ近づいて来る。


 俺は連行される活動家の中に、意志の強そうな娘を見つける。

 二十歳前といったところだろうか?

 長い黒髪を持つ彼女は、黙って衛兵に従っているが、その黒い瞳に反抗の炎が燃えていた。


 もしかして、この娘がヒーロフなのか?

 その娘を見つめていると目が合った。


「大魔王……」


 娘は苦々しげにそう言った。

 この声、間違いない、彼女がヒーロフだ。


「お前を許さない!

 私を殺したければ殺せ! 父や弟をそうしたようにっ!

 だが、お前だけは死んでも許さない! 絶対にだ!」


 ヒーロフがその場で立ち止まり、憎悪をこめてそう叫んだ。


 あ、いや、君は死刑にならないと思うんだが。

 彼女に罪があるとしたら、俺の暗殺計画に参加した事だろうか?

 これはどのくらいの罪になるのだろう?

 ヒーロフは王妃と俺の命を救ってくれている。

 後で情状酌量を訴えておこう。


 もちろん余罪については調べないと分からないが、大義にこだわり、子供の命を守るため反逆したくらいだ、他に大きな罪を犯してはいないだろう。


「悪逆な奴隷なんかの為に! お前のくだらない偽善で! 父も、弟もっ! 皆死んだっ! 沢山死んだっ!

 卑しい奴隷など奴隷のままでよかったのに! それでも解放したければ皆殺しにすれば良かったんだ!

 ……帰せ……帰してよ! お父さんを! 弟を! 家族をっ!」 


 ヒーロフは髪を振り乱し、ありったけの憎悪をかき集めて俺に叩き付ける。


「滅べ! 死ね! 大魔王! 殺されても恨み続けてやる! 永遠に!」

「いい加減に黙れ! 陛下は貴様ごときにののしられるようなお方ではないぞ!」


 俺への悪意を吐き出し続けるヒーロフに対し、見かねた衛兵が声を荒げてさえぎった。

 邪魔をされた黒髪の娘は、今度は衛兵にくってかかる。


「黙るのはお前だ! 大魔王の犬め!」

「心から望んで仕えた王だ! 犬で結構! 貴様などに大魔王陛下の偉大さは理解できないだろう!」


 う……衛兵が俺を庇ってくれている。

 ありがとう。嬉しいけどヒーロフの件は俺が悪い。

 止めないと……


「ヒーロフ様」


 俺が行動を起こす前に、アムリータが動いた。

 ヒーロフの名を呼んで、その側へと歩いていく。


「あ、あなたは……」

「ヒーロフ様、わたくしがこうして生きていられるのは、貴方様のおかげですわ。

 心より感謝を申し上げますの、ありがとうございますわ」


 アムリータはヒーロフの前で、深くお辞儀をしてそう言った。

 衛兵は口を閉ざし、脇へ退く。


「あ、ああ……良かったわね」


 怒れる黒髪の活動家は、毒気を抜かれたようにそう言った。

 根が善人なのは間違いないだろう。


「告白いたしますわ、わたくしは奴隷の解放を強く望んだ身ですの。

 深く政治にかかわっており、城塞都市の惨劇について、大魔王陛下よりも責は思い立場でございますわ。

 失政をお詫びをいたしますの。

 そして、殺されるわけにはまいりませんが、責めを受ける覚悟がございますわ」

 

 アムリータそう言った後、ヒーロフの足元に伏した。


「どうか、ヒーロフ様のお気が済むようになさってくださいませ」

「え? ちょっと、あなた……」


 十三歳の王妃が見せる覚悟に、大切な者を失った女性活動家が怯んだ。


「……くっ、子供の背中に隠れて、卑怯よ大魔王。

 もういいわ、行って」


 ヒーロフが衛兵を急かし、その場から立ち去った。


 アムリータは俺の側へと戻って来る。


「大魔王陛下、病気の隔離が終わったら、ヒーロフ様をお任せ頂きたいのですわ。

 情状酌量を訴えたいと思いますが、無罪とはいかないと思いますの。

 例えば懲役となったのならば、あの方にわたくしの仕事を手伝って頂きたいのですわ」


 それは俺が決めて良い事なのだろうか?

 そして、いったい何をする気なのだろうか?

 いや、彼女の事だから、その心配は要らないのだろう。


「分かった、頼むよアムリータ」

「ありがとうございますの」



 ◇



その後、俺が国政会議に乱入すると、ラスートから連絡が入っていて、ダンジョンの魔力はすでに魔族側に戻したという報告を受けた。

 周辺の都市も正常に戻りつつあるらしい。


 俺は会議のメンバーに、瞬間移動する敵が現れた事を伝え、無駄かもしれないが警戒を強める様に指示をした。

 受け身の対抗策は無いも同然で、構築されつつある情報網で敵の正体を探る事が最優先となった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます