第百三十話 優しき理解者

「これはゴインキョ様、どうなされました?

 今日はもうお入りにならないとの事なので、浴場を閉めてしまいましたが、なんでしたら……」

「いえ、その必要はありません」


 食堂には温泉宿の女主人シェムリが居た。

 どうらや帳簿をつけていたようだ。

 邪魔をしたかな?

 シェムリは素早く帳簿を隠して、接客用の顔になっていた。


「少しだけ、寝るには早い時間だったので、うろついていただけです」

「そうでございますか、でしたら……」


 シェムリが厨房からグラスと酒瓶を持って来た。


「お飲みになりますか? 昼間のお礼に奢らせていただきますよ」

「ありがとうございます」


 グラスに蒸留酒を注いでもらった俺は、シェムリにも酒をすすめた。

 最初は断った女主人も、何度かすすめると、しかたなく酒に付き合ってくれた。



 ◇



「あいつらの言い分も、分からなくは無いんですよ」


 シェムリがグラスを弄びながらそう言った。

 あいつらとはラスート人民解放戦線で、俺達の話題は、自然と奴らの事になっていた。


「みんな、怖いんです」

「怖い?」


 いったい何がだろうか?

 シェムリは言葉を続ける。


「どこの店も、奴隷の扱いは酷いものでしたよ。

 絶対に逆らったりしない、とても便利な生きた道具だ。

 誰もが嫌がる仕事を、押し付けるのにはちょうど良い」


 彼女の口から出たのは、奴隷についての話だった。


「もちろん高価ですからね、使いつぶすような事はできません。

 それでも、気分次第で叩き、蹴り飛ばし、ぎりぎりまで酷使していた」


 目に浮かぶような酷い待遇だ。


「そんな奴隷が、ある日、突然自由を手に入れたってんだ。

 恨まれる心当たりがある者ほど、戦々恐々としてますよ。

 だから、あいつらといっしょに大魔王の政策を批判しているんです」


 なるほど、奴隷を使っていた貴族や商人には、そんな事情もあるのか。


 そういえば、奴隷は基本的に、使役されていた場所から遠く離れた地域で解放されている。

 奴隷であったことがバレない為の配慮だと思っていたが、もしかしたら復讐を防ぐ為なのかもしれない。


「お恥ずかしい話、うちにも奴隷が居ましたよ。

 できるだけ、普通の従業員として扱ってやろうと思っていましたが、それでも恨まれていたかもしれない。

 ……いや、恨まれてるでしょうねぇ」


 女主人シェムリが、くっとグラスの酒をあおる。


「そりゃね、奴隷が居た方が便利だ、解放して復讐されるのも怖い、どっちが得かはあたしだって分かる。

 でもね、それでも……」


 いつの間にか一人称が『あたし』になっていた女主人は、宙を見つめて言葉を続ける。 


「それでも、奴隷なんて、居ない方が良いと思うんですよ。

 やっぱり、人が人を道具にするなんて間違ってると、あっちゃいけないと、そう思いますよ」


 彼女の言葉を聞いた瞬間、まるで、電気が走ったような気がした。

 鳥肌が立っていた。

 ああ、ここにも居たぞアムリータ、奴隷の非道を分かってくれる人が。


「どうしましたゴインキョ様? なにか悲しい事でもおありですか?」


 シェムリは優しくそう言った。

 今、俺はどんな顔をしているのだろうか?


「いえ、なんでもありません」


 そう言って、パンパンと顔を両手ではたく。

 そんな姿を、接客に慣れた宿屋の主人は、黙って見て見ぬふりをしてくれた。

 そのまま、しばらくの沈黙が流れる。


 そして、まるで湿っぽい空気を入れ替える様に、シェムリが言う。


「それはそうと、ゴインキョ様は小児性愛者なんですかい?

 まさか、あんな幼子達に毎晩無理やり……」

「ぶばっ、ケンケンケン」


 酒を吹き出しむせる俺。

 宿の女主人は、歳に似合わない悪戯っ子のような顔で笑っていた。


「……してない、してないから」

「では、政略結婚とかでございますか? もしかして身分の高いお方で?」


「いや……それも別に……」

「まあ、確かにそうは見えませんねぇ、威厳が皆無というか……」


 いちおう嘘をついたのだが、シェムリになっとくされてしまった。


「けれど、奥様はすごい魔術師で、使用人の方々はかなりの手練れでいらっしゃいますよね?

 謎めいたお方だ。

 正体は……そう、才能に恵まれず、家督を継げなかった宮廷魔術師の長男てとこじゃありませんか?」


「え? いやその……」


 返答に困った。

 そうか、そんな風に見えるんだ。


「おっと、宿屋の人間がしてはならぬ詮索せんさくを。

 酒が過ぎたようです、お許しください。

 改めて、本日はどうもありがとうございました」


 そう言って、シェムリが美しい所作しょさで頭を下げた。



 ◇



「感激ですわ、そんな事がありましたのね」


 翌日の早朝。

 目を覚ましたアムリータに、昨日聞いたシェムリの言葉を伝える。

 彼女はとても喜んでくれて、決意を新たにする。


「いずれ、ほとんどの人が、そう思うような社会にしてみせますの」



 ◇



 朝食を終えた頃、温泉宿の玄関にアールワット侯爵の使者を名乗る男が現れた。


「事情を聴取ちょうしゅする。

 宿の関係者、及び宿泊客は急ぎ領主の館まで出頭せよ。

 モタモタするでないぞ」


 なんとも居丈高いたけだかなもの言いで、感じが悪い。

 使者の背後には二台の馬車が止まっており、急き立てる様に乗車を強制された。

 朝食の後片付けをする暇も与えられず、こちらの都合などお構いなしといった感じだ。


 だがまあ、仕事が早いのは良い事だ。

 些細ささいな問題には目をつぶろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます