第百二十九話 対温泉用新スタイル

「え~、一緒に入ろうよぉ」

「いや、混浴じゃないんだから、そうはいかないよ」


 宿の温泉は男女で別れていた。

 俺が護衛の二人と男湯へ入ろうとしたら、サティが強く引き留めた。


「サティたち以外、誰も居ないよ?」

「それでも決まりは決まりだよ、宿の人も困るんじゃないかな?」

「え~」


 サティは納得がいかないようだ。


「なら、こうすれば大丈夫だよ、えいっ」

 ポンッ

「もきゅ?」


 俺は小さなぬいぐるみにされ、サティに抱きかかえられてしまった。


「さ~いっしょに入りましょうねぇ~」

「きゅうきゅ(おいおい)」


 もはや俺に抗う術は無く、そのまま女湯へ運ばれてしまった。



 ◇



「このお風呂、なんか変な臭いがするよ? あとお湯が白っぽい?」

「それが良いのですわ、サティ様」


 温泉は白く濁っていて、不思議に思ったサティへ、アムリータがそう答えた。


「酸化した硫化水素であると推測します」

「うむ、どうでも良いのじゃ、早く入りたいのじゃ」

「かるく洗ってからっす」


 ココが自分とアルタイ師匠の秘部を洗い、かけ湯をする。

 アムリータとオルガノン、そしてサティもそれに倣った。

 もちろん全員が全裸だ。

 サティはぬいぐるみ俺の股間も洗う。

 あれ? なんだ、お湯がしみ込んでくる。


「っあ~いい湯なのじゃぁ」


 ココに抱かれたまま湯船につかったアルタイが、なんとも年寄り臭い声をだす。

 俺もサティに抱かれたまま、湯船へと入った。


「もきゅぅ、きゅきゅう、きゅっきゅきゅう……もきゅぅ……

(うわぁぁ、なんだこれ、体の中にお湯が……気持ち悪い……)」


 ぬいぐるみボディへ、大量のお湯がしみ込んでくる。

 すごい不快感で、まるで体内にお湯を大量に注射され、内臓を煮込まれているような気分だった。


「あ! ごめんバンお兄ちゃん」

 ザバァ


 サティがそう言って立ち上がる。

 ぼたぼたと俺の体内からお湯が出ていくが、気持ち悪さは収まらない。


「ええと、どうすれば……あっ、そうだ! えいっ!」

ポンッ

「うわっ」


 サティの掛け声と共に、俺の姿が人型擬装形態へと戻る。

 ただし、身長が三十センチ以下のままだ。しかも服が消えていて全裸である。

 体内の水は一瞬で排出されたらしく、気持ち悪さはすっかり消えていた。


「うん、バンお兄ちゃん可愛い」


 巨大なサティが小人となった俺を抱きしめ、愛しそうに頬ずりをする。

 どうせなら元の大きさに戻してくれればいいのに、と思ったが、それで女湯はマズいか。


「まあ、可愛いですわ、これは……なんとも」

「はい、アムお姉ちゃん」


 サティが俺を、アムリータへと気軽に手渡す。


「ふふっ、ぬいぐるみとはまた違って、すっごく不思議な感じがしますわ。

 小さくて何もかも繊細せんさいですの」


 大きなアムリータの小さな胸に抱きかかえられる。

 う、同じ子供とはいえ、サティと違ってさすがに少し恥ずかしいな。


 これだけ大きさが違う上に、肌と肌を直に密着したせいだろうか?

 なんかいつもより女っぽい……ような気がする。

 いや、いかんいかん、まだ早い。



 ◇



「ふはははっ、捕まえてみるのじゃ~」

「あ~、もう、待てぇ~」

「サティ様、こっちっすぅ」


 アルタイ師匠、サティ、ココのテンションは最高潮で、温泉の広い洗い場を走り回る。


「おい、危ないぞ、転んだら大怪我をするから……」

「サティ様は、転んでも無事な身体強化を簡単に出来ますわ。その上、飛ぶ事も可能ですので、そもそも転ばないと思いますの。

 そして、他のお二人は、大けがをしてもサティ様が治しますわ……いえ、転ぶ前に魔法で支えるかもしれませんの。

 ゴインキョ様、止めなくても大丈夫だと思いますわ」


 アムリータは意外にも、バカ騒ぎを放置するつもりらしい。


「三人とも働きづめですもの、少しはハメを外すべきですの」


 なるほど、そう言われればそうか。


「それよりゴインキョ……旦那様、わたくしがお身体をお洗い致しますわ」

「え?」


 アムリータは液体石鹸を泡立てたスポンジのような物を持ち、俺に手を伸ばす。


「いや、自分で洗うから……うわ」

「ふふ、捕まえましたわ、観念してくださいませ愛しい旦那様」


 非力な小人の身体は、容易く少女の虜となってしまった。

 逃げられない。

 その大きな膝の上で、全身をヌルヌルと念入りに洗われてしまう。

 なんだこれ? ……なんか、新しい扉を開いたような気がした。



 ◇



 その後、アムリータは俺を抱えて、再び湯船へとつかろうとする。

 そんな俺達を、湯の中からオルガノンがジト目で見ていた。


「オルガノン様もお抱きになりますか?」


 そういってアムリータが俺を差し出す。

 いやいや、さすがにそれは無いだろう。

 オルガノンがそんな事をする訳がない。


「感謝を表明します」

「え? あれ?」


 予想に反して、オルガノンはアムリータから俺を受け取ると、その胸に抱いた。

 そして無言だ。

 なんだ? これ嫌がらせなのか?


 だが、見上げたオルガノンのジト目は、とても優しそうだった。

 う……なんか照れるな。

 気まずくなった俺は、ホムンクルスの少女に話しかける。


「ええと、初めての温泉はどうだい?」

「新鮮な体験だと返答します。不愉快ではありません」

「そっか」


 オルガノンは幸せそうだ。

 アムリータも微笑んでいる。

 確かに悪くないな。

 俺は脱力し、オルガノンに身を任せる。

 気まずさはどこかへ消えて、とてものんびりとした気持ちになった。


「あははっ、ココ、こっち、こっち」

「待つっすぅ」

「逃げるのじゃぁ」


 サティ達の鬼ごっこは、攻守を替えて楽しそうに続いていた。



 ◇



 オルガノンを瞬間移動で城へ送った後、俺以外の全員がベッドに入った。

 はしゃぎ疲れたのか、それとも旅の疲れか、皆すぐにぐっすりと眠りへ落ちた。


 だが、俺が寝るには少しばかり早い。

 元の大きさに戻っている人型の俺は、隣の部屋に居る近衛兵を確認し、寝ずの番は必要ないと告げ、休息をとるように指示した。

 俺の分身たちが、姿を隠して温泉宿を警戒している。


 食堂に人の気配があったので、なんとなく向かってみた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます