第百二十八話 オルガノンと温泉宿

「こ、こりゃあ、いったい……」


 宿の女主人シェムリが茫然とつぶやいた。

 マフィア共は全員、宿の外で気を失っている。


「スケサン様はこう見えましても大魔術師ですの。

 このくらい造作もございませんわ。それに……」


 アムリータが温泉宿の人たちと玄関で会話をしている間に、俺は宿の外で人目を忍んで服を脱ぎ、竜形態となった。

 サティに頼んでボスの意識を回復させ、マフィアの全容を強引に聞き出す。

 そしてその情報からこいつらのアジトを襲った。


 マフィアを一人残らず捕まえた事を確認し、大魔王城の牢獄へと瞬間移動で運ぶ。

 衛兵に事情を話し、裁判の手続きを頼んだ。

 宿へ来た連中の罪状は強姦殺人未遂かな?

 余罪には事欠かないだろうから、他の構成員にも罪を償ってもらおう。


 そしてその後は、地方都市ラスート一帯いったいを統治する代官所へと瞬間移動した。



 ◇



「大魔王陛下。

 本日はいったいどのようなご用件でしょうか?」


 いかにも実務家と言った感じの代官が、そう言って俺の居る部屋に入って来た。

 竜形態を見ても、まるで怯えた様子は無い。

 ここは元ラスート王城、現在は代官所となっている城の応接室だ。

 代官は大魔王国から派遣された役人で、代官所には大魔王国軍が駐留している。


 俺は、代官にラスート温泉街の現状を説明し、調査と対処を命じた。

 

「監督が不十分で申し訳ありません。責任をとりたいと思います。

 対処が終わりしだい、職を辞させていただきたいと思います」

「いえ、それには及びません。

 経験を今後の統治に生かしてください、お願いします」


 大魔王国は生まれたばかりで、あちこちに目が行き届いていない。

 これは国自体の問題で、彼の責任ではないだろう。


「……分かりました。

 では、すぐに適切な対応を致します。

 まず、その温泉地方の統治を委任された者に連絡を致しましょう。

 アールワット侯爵という者です」


 大魔王国に併合された国の貴族だが、爵位はそのまま呼ばれている。

 だが領地は国有化されており、領主ではなく統治を委任された役人という形に変化していた。


 税収は大魔王国が管理し、彼らには国から賃金が支払われている。

 自衛と治安維持のために私兵を雇う許可は与えてあるが、領主だった頃のような徴兵は許されない。

 大魔王国の法を守る義務を負っていて、そこは平民と全く同じだ。



 ◇



「食材を売ってもらえなかったんですか?」

「お恥ずかしい話でございます、ゴインキョ様」


 温泉宿に戻って人型擬装形態となった俺に、宿屋の女主人シェムリさんが悔しそうにそう言った。


 反政府活動家たちを恐れての事だろうか。

 あいつらの暴力部分を担っていたマフィアは壊滅したんだが、まだ皆は知らないだろうしな。


「よし、俺が買って来ますよ。大丈夫、当てがあるんです」


 

 ◇



「とは言ったものの、店の場所が分からないな……」


 温泉宿の女主人から買い物メモを受け取った俺は、瞬間移動で大魔王国の城下町にいた。

 転移ゲートのおかげで、ここでは世界中各地の新鮮な食材が手に入る。


「あ、大魔王様だ」

「こんにちは」

「なにか御用ですか?」

「私にお手伝いできますか?」


 人型擬装形態に戻っている俺に、周囲の人々が声をかけてくれる。

 ありがたい。

 だが、俺のセンサーは、急速に接近してくる見知った反応を捉えていた。

 案内は彼女に頼んでみよう。俺は周囲に礼を言う。


「皆ありがとう。でも頼りになる友人が来てくれるから大丈夫だ」

「そうなんですか?」

「分かりました」


「あ、オルガノン様だ!」


 見知った反応はオルガノンの物だった。

 彼女は、驚くほどに素早く、俺の側までやって来て口を開く。


「本機は、マスターの行動についての説明を要求します」

「食材を買いたいんだけど店が分からない、手伝って貰えないだろうか? オルガノン」


 俺がそう言うと、少し嬉しそうなジト目でオルガノンが答える。


「このままマスターを放置した場合、周囲の憐憫れんびん誘因ゆういんするので、止む終えず了承します」


 要約すると、『可哀想だから手伝ってあげるわよ』ってとこか?

 その割には急いで来てくれたみたいだが……これはあれか? ツンデレってやつか?

 もしかしてデレ期が来てるのか?

 ……いや、油断すると怒られるから、調子に乗るのは止めておこう。


「ありがとう、頼むよオルガノン」

「イエス・マスター」



 ◇



 メモを渡すと、オルガノンは的確に食材を買い求めていく。

 城下町は彼女の一部とも言える存在で、細部まで把握はあくしていてもおかしくは無い。

 だが、住民が経営している店にまで詳しいのか。


「おっ、オルガノン様じゃないですか、あっ、大魔王様まで、もしかしてウチの店でお求めの物が?」

「これとこれとこれ……いえ、それよりこちらの品物を購入します」

「たは~っ、お目が高い、オルガノン様には敵わないですね」


 しかもオルガノンは買い物に慣れた様子で、目利きも確からしい。

 瞬く間にお使いミッションは達成され、食材はいつの間にかやって来ていた汎用中型ゴーレムが運んでくれている。



 ◇



「助かったよ、ありがとう。それじゃ、これで……」

「……」


 竜形態になった俺が、オルガノンにお礼を言って温泉宿に戻ろうとすると、なぜか凄く睨まれた。

 あれ? これは言いたい事が有る顔だ、どうしてこんな……あっ! もしかして……。


「なあ、オルガノンも一緒に来て、温泉宿で食事をしないかい?」

「マスターがそう要請するならば、承諾せざるを得ないと返答します」


 俺の誘いに対しオルガノンは、ぶっきらぼうな感じでそう答える。

 だが、そうは言いつつも彼女はどこか嬉しそうだった。

 よし、正解を選べたようだ。



 ◇



「むしゃむしゃ、ごっくん、これおいしーね」


 温泉宿の食堂で、テーブル狭しと並べられた料理をほおばりながら、サティが嬉しそうにそう言った。


「あいっす、もぐもぐ、舌がとろけそうっすぅ」

「うむ、美味びみなのじゃ、はぐはぐ」

「ぱくぱく……なるほど、高評価です」


 無邪気に喜ぶココとアルタイ師匠、そして難しい顔をしつつも嬉しそうなオルガノンを見ながら、俺も温泉宿の料理を楽しむ。

 うん、とても美味い。

 女主人は、夕食の直前に、客の追加を頼んでも嫌な顔ひとつしなかった。


「さすがはアムリー……カクサンだ、素晴らしい温泉宿を選んでくれたなぁ」

「光栄ですわ。自信がございましたのよ。

 はい、ゴインキョ様」


 アムリータが俺のグラスに酒を注いでくれた。


「ありがとう」


「温泉宿冥利につきるお言葉ですが、ゴインキョ様、本当にもう、マフィア連中が来ることはないのでございますか?」


 側に控えていた女主人シェムリが、どこか不安そうにそう言った。


「ええ、全員牢屋へ入ってもらったので、安心して良いと思いますよ。

 反政府活動家たちも、違法行為をしているのなら、すぐに罰せられる筈です」

「はぁ……」


 シェムリは信じられないと言った顔だ。

 無理もないだろう。

 俺達の正体を知らないのだから、いくらなんでも手際が良すぎると思う筈だ。



 ◇



「食事を堪能たんのうしたと宣言し、本機は城下町へと帰還します」

「待って、待って、せっかくだから温泉に入ってから帰ろうよ」


 食事が終わった後、どうやら自力で帰るつもりらしいオルガノンを、俺は引き留めた。


「非合理的行為だと主張します。

 けれど……マスターの要請であれば経験を享受きょうじゅします」

「よし決まりだ、皆で温泉へ入ろう」


「おーっ」

「あいっすぅ」

「わくわくなのじゃー」

「はいですわ」


「ふふっ」


 期待と喜びに溢れた声が食堂に満ち、女主人が嬉しそうに笑った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます