第百二十四話 反政府活動

「いらっしゃいませぇ」


 若いウェイトレスが笑顔で出迎えてくれたそのレストランは、趣味の良い落ち着いた内装で、こんな時間でもそこそこ繁盛していた。

 窓際の大きめのテーブルへ案内され、皆がメニューから適当に注文した。


「お客さん達は観光ですか? お目当ては温泉ですかぁ?」


 厨房に注文を伝えたウェイトレスが、気さくに話しかけてくる。


「はいですの、とても楽しみですわ」


 アムリータが社交的な笑顔でそれに応じた。


「もう宿は決めてありますか? おすすめの温泉宿があるんですよ。

 お風呂が広くて綺麗で、ご飯も美味しいですよ」


 客引きのアルバイトでもしているのだろうか?

 ウェイトレスが温泉宿を勧めてきた。


「ごめんなさいですわ、予約がしてありますの」

「いえいえ、いいんですよ、観光のお客さんに楽しんでもらえればそれで」


 ウェイトレスが明るくそう言った後、ココを見る。


「それにしても、こちらの方はすっごい美人ですねぇ。

 こんな綺麗な人は初めて見ました。

 みんな驚いてますよ、特に男性が」


 ああそうか、注目されていたのはココか。

 もう慣れた所為で忘れがちだが、彼女は比類なき絶世の美女なのだ。


 休暇なので、ココはいつもの地味なメイド服ではなく、それなりに洒落た服を着て薄く化粧までしている。

 認識齟齬にんしきそごの魔法でも、その美貌びぼうは隠しきれなかったようだ。


『市民のみなさん! 午後のひとときをお騒がせして誠に申し訳ない!

 こちらはラスート人民解放戦線であります』


 突然、窓の外、大通りから魔法で拡声された男の声が飛び込んできた。


「なんだ?」

「あ~、なんか近頃あちこちでうるさいんですよぉ、あの人たち」


 俺の疑問にウェイトレスがそう答えてくれた。


『我々は、恐怖政治で市民を弾圧する独裁者、大魔王を倒し、このラスートに真の自由をもたらす為に戦っています!』


 大通りに二十数名の魔族男女が集まっていて、その中心に居る、蛇のような目をした背の低い中年男性が演説を行っていた。

 そして他の者達は、なにやらビラを配っている。

 この世界でビラを作るには、かなりの費用がかかる筈だ。

 資金が潤沢な連中のようだ。


「反政府運動かぁ……」


 そうつぶやくと、ウェイトレスがまた答えてくれる。


「うるさくて邪魔ですよね。

 文句言った店もあるんだけど、でも、そうすると後で嫌がらせを受けるんですよ」


 嫌がらせ? それは穏やかじゃないな。


「衛兵に言ってみましたか?」

「はい、訴えたみたいですよ。

 でも、なんか、助けてもらえなかったらしいです。

 あいつらとグルなんじゃないかって皆言ってます」


 衛兵が反政府運動に加担してるのか?

 それが本当なら大問題だ。


『治安が良くなった? 景気が良くなった? いいえ、騙されてはいけない!

 全ては嘘で、その嘘の裏では今も恐ろしい弾圧や搾取さくしゅが行われているのだ!』


 朗々と演説をする男を見ながらウェイトレスが言う。


「まあ、文句を言わなければ大丈夫だし、それに、なんか気になって聞いちゃうんですよね」


 そこでウェイトレスは声を落として、俺達に顔を近づけて話を続ける。


「大魔王って、やっぱり悪い奴らしいですよ」

「そうなんですか? どうしてです?」


 どうしてそう思ったのか聞かせて欲しい、当の本人としては是非に。


「あの人たちが言ってました。

 なんか怖いし、よく分からない酷い事を沢山しているみたいです」


 ウェイトレスからは具体性の無い返事が返って来た。

 なるほど、演説を鵜呑みにしちゃうのかぁ……。


 他に情報を得る手段は無いだろうから、あの演説は効果抜群だな。

 デマ、あるいは一部を切り取ってミスリードさせる情報を発信しても、一般の人たちには検証する術がない。


 これは政府側も広報活動をする必要があるかな?

 あまりに一方的で悪意のある演説だった。


 ウェイトレスに、演説と関係ない実生活で不満はあるのか聞いてみよう。


「大魔王国になって、暮らしはどうですか?」


「え? ああ、税金が安くなったし、景気は良くなったし、ガラの悪い奴らが減って、暮らしやすくなったかな?

 市場に見慣れない食品とかが増えて、すごい活気がありますし。

 あ、でもでも、あれだけ悪いって言われてるんだから、なんか悪いのかなって……

 あ! すいません、わたしこれでっ、

 いらっしゃいませぇ」


 ウェイトレスはそう言って、新しく店に入って来た客へと向かった。

 暮らしが良くなっている実感はあるのか。

 それは良かった。


 反政府運動家の演説は続いている。


『全ての国家を征服した独裁者、大魔王が握っている権力は絶大である!

 ある日突然、気分次第で皆さんを虐殺するかもしれない。 そして、それを止める者は居ないのだ!

 なんと恐ろしい事であろうか!』


 お、それはもっともな心配だな。


 例えば、俺がその気になれば、史上最悪の圧政国家がすぐに誕生するだろう。

 あるいは俺が死んで、邪悪な人間が後を継いでも同じだ。

 全魔族をほぼ統一した大魔王国は、実は非常に危うい存在なのだ。


 ……いや、どうかな?


 大魔王国の宰相や官僚たちは優秀だからなぁ。

 案外、俺が失脚するだけかもしれない。


『今こそ! 全ての魔族が団結し、恐ろしい独裁者大魔王を倒さねばなりません!』


「ゴインキョ様、反政府活動を、規制した方がよろしいでしょうか?」

「…………え? ああ、俺か!」


 アムリータはそつなく俺を偽名で呼んだ。

 いかんいかんそうだった、ちゃんと慣れないとな。


「思想は自由で有るべきだし、政治活動も規制すべきではないと思う。

 あくまで法に触れない範囲でだが」


「けれど、歪んだ情報で国民を反乱へと扇動してますわ。

 とても危険ですの」


 アムリータは心配そうにそう言った。


「う~ん。

 求めるのが民主主義で、本当に国の為を考えての運動なら、むしろ彼らを正しく育てていきたいくらいなんだが……」

「民主主義ですか?

 選挙……というものを行う制度でしょうか?」


 おお、すごいなアムリータ、というかこの世界にも民主主義と選挙の概念があるんだ。

 そういえば、不完全とはいえ共和国があったしな。


「その通りだ、良く知っていたね。

 民主主義も欠陥だらけの政体だが、絶対王政よりはマシだろう」

「そうでしょうか?

 平民が、正しい候補者を選択出来るとは思えませんの。

 全ての国民が為政者と同じ情報を持ち、同じ判断力を持つ必要があるのではないでしょうか?

 でなければ、この演説のような偏向した情報に踊らされてしまいますわ」


 本当にこの子は優秀だなぁ……。

 民主主義の欠陥を理解してるんだ。


 まあ、その為に教育が大切になるのだ。大魔王国はそこに力を入れている。

 そして、偏向しないマスメディアを作る事が出来れば……いや、マスメディアは必ず偏向するだろうな。

 人が制作するかぎり、これは絶対に避けられないだろう。

 第三者に厳しく監視させるべきか?


「そんな政体は、賢王による治世には遠く及びませんわ。

 正しい王を育て、維持する仕組みを考えた方が良いと思いますの」

「……う~ん」


 そう言われると、そんな気もしてくる。

 選挙から虐殺を行う独裁者が生まれたりもするしな。

 いや、その賢王とやらが維持できればの話だが……。


『そこの君! 待ちなさい!』


 演説をしてた男が急に大きな声を張り上げて、大通りを歩いていた十歳くらいの魔族少年を呼び止めた。


『君、君は大魔王の作った学校に通った帰りだな?』


 魔族少年は、大魔王国の学校が配給するリュックを背負っていた。


『我々は何度も言ってきた! あの邪悪な学校に行ってはいけないと!

 なぜ言う事を聞かない!?』


 演説者がなんか無茶な事を言い出したぞ。

 以前に面識があったわけではないだろうし、この子が演説を聞いたという保障は無い。


「だ……だって、タダで読み書きとか教えてくれるんだよ。

 それにご飯がでるんだ二回も、そして帰りにはお弁当までもらえるから……」


 魔族少年は怯えながらも反論する。


 そう、大魔王国の学校は、栄養バランスが良く美味しい食事で生徒を釣っている。

 午前と午後に二食の給食が出て、帰りには弁当まで配給されるのだ。

 年齢制限は無く学年は一つだけだが、さすがに仕事のある大人はやって来ない。

 来るのは、働き手としては未熟な子供か、失業者、あるいは仕事を休む余裕の有る者だ。


『馬鹿者ぉっ! 猛省せよぉ!』 


 蛇のような目の演説者が少年に駆け寄り、リュックを無理矢理に取り上げる。


「帰してよっ! 僕のリュックだ! 中にお弁当が! お父さんとお母さんに食べて貰うんだ!」

『まだ言うか! この大魔王の犬めっ! 自己反省だっ! 自己反省せよっ!』


 蛇目演説者が、ツバを飛ばしながら怒鳴り、魔族少年に向けて手を上げる。

 この野郎!

 俺が慌てて席を立つと、


「よせルポトラ。ここで暴力を振るうな。見られているのだぞ」


 仲間の男が、ルポトラという名前らしい蛇目の演説者を止めた。

 そしてリュックを魔族少年へと返して言う。


「すまなかったな、君。 

 けれど、あの学校へ行ってはいけない。

 とても危険な場所なのだ、あそこは」


 魔族少年はリュックを受け取ると、怯えたまま駆け足で逃げて行った。


「別に危険な事など何一つないけどなぁ……」


 俺が席へ座りながらそうつぶやくと、アムリータが反応する。


「彼らにとって都合が悪いのですわ。

 国民が知恵を身に着ければ、彼らの様な詐欺師が仕事をしにくくなりますもの」


 ついに詐欺師呼ばわりかぁ……。

 だが、どうもまともな政治団体とは言えないみたいだ。

 違法な活動をしている疑いもある。

 このまま放置するのは、それこそ危険だろう。


「よし、ステルス状態の分身に追跡させて監視しよう」


 俺がそう言った直後、


「お待ちどうさまぁ」


 ウェイトレスが注文した料理を運んできてくれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます