第百二十二話 四百年ぶりの

「いや、さすがにもう食えないから!

 感謝は十分に伝わったから! なっ、オルガノン!」

「こ、肯定します……ケフッ」


 半時間後、俺達はげっぷが出るほどに感謝されていた。


 オルガノンが着ている、体形がよく分かるスーツのお腹がポッコリと膨らんでいる。

 妊婦みたいだ。

 そして、俺も似たような腹をしているだろう。


 もう食えない。


 オルガノンが改造人間と似た身体をしているのなら、普通の人間よりは早く処理できるだろうが、それでも時間はかかる。

 いったん吐いてしまえば、また食べる事も出来るのだが、皆の前でそれは無いだろう。


「保存のきく料理は貰って帰るけど、それ以外は気持ちだけ受け取るから、それぞれが持ち帰ってくれ。

 ありがとう、みんな」

「はぁ……」


 住民たちは残念そうだが、これは仕方がない。

 後はお礼だけを受け取ろう。



 ◇



「あの、これ、あたしが作ったペンダントなんですが、受け取って欲しいです。

 その……こんな粗末な物、王様たちには価値が無いかもしれないけど……」


 お礼を言いに来た魔族の少女が、手作りっぽいペンダントを二つ握りしめてそう言った。


「いや、嬉しいよありがとう、な、オルガノン」

「肯定します」


 俺達がそう言うと、魔族の少女は嬉しそうにペンダントを手渡してくれた。

 せっかくなのでその場で身に着けたけど、いつ臨戦するか分からない。

 これは後で部屋に飾っておこう。



 ◇



 太陽が地平線に沈み始めた頃、

 汎用大型オートマタが、外周都市の外側で開拓を始める。


「マスターの寄り道が原因で、作業の開始が大幅に遅延しました」


 オルガノンが俺の方を見もせずに、ボソリとそう言った。


「嫌だったかい?」


 俺の質問に、オルガノンは少し戸惑った後、小さな声で言う。


「……不愉快ではなかったと返答します」


 そうか、良かった。

 食事すらした事が無かったのだ。

 たぶんこの子は、楽しい事を何も知らないのだ。

 だから、やりたい事も存在せず、休みを与えられても持て余すのだろう。


「なあ、オルガノン。

 仕事以外にもなにか、自分がしたい事を見つけて欲しいな。

 何でも良いんだ、楽しい事を見つけて欲しい」


「したい事、楽しい事の具体性が乏しいと指摘します」

「今日みたいな事で良いんだよ。

 自分から進んで、やりたいと思う事を探してほしい。

 ゆっくりでいいから」


 オルガノンはしばらく黙った後、


「……了承しました」


 そう言って頷いてくれた。

 そんな彼女の顔を見ていると、気が遠くなるような感じがした。

 う、意識が……これって、以前にも……



 ◇



 気が付くと俺は見知らぬ場所に……いや、知ってるな。

 俺は午前中らしい日差しの中、大魔王城城下町の外に居た。

 そこは舗装する前の状態で、外周都市も存在せず、辺りには草が茂っていた。


「いつか、城下町に多くの人々が住むようになったら、ここには麦畑を作りたいな」


 俺は、俺の意志と関係なくそうしゃべっていた。

 まただ。

 

 大魔王城が奴隷商人ギルドに襲われ、城下町の上空でオルガノンと一緒だった時に見た夢と同じだった。

 どうしてまた急に? こんな夢を?


「麦畑……」


 俺の隣には、いつもの青いスーツを着たオルガノンが居て、ボソリとそうつぶやいた。


「ああそうだ。

 城下町がにぎやかになって、沢山の人がその麦畑で生き生きと働くんだ。

 素敵な光景だと思わないかい?」


 俺がそう言うと、オルガノンの後ろに居た、前回と同じ白衣を着た長身の女性が口を開く。


「思わないわよ。

 それよりも、今日は決戦だっていうのに、どうしてそんなにのん気なのよ、あなたは」


「焦っても結果は変わらないしなぁ、

 それに、ブレインの演算予測に変化はないんだろ?」


 俺がそう言うと、長身女性の眉間にシワが寄った。

 まるでオルガノンみたいな顔だ。


「忌々しいことにね。

 でも、結果が決まっていても、過程がどうなるかは分からないのよ?」


「といっても、さすがに負けは無いだろ。

 今更出来ることも無いし、まあ大丈夫さ」


 俺の言葉に長身女性は肩をすくめる。

 そして、オルガノンが不安そうなジト目でこちらを見ていた。


「そんなに心配をしなくても平気だよ、オルガノン。

 君は、土壌を肥沃化する研究を続けて待っていてくれ」


 俺はオルガノンの頭にそっと手を置き、笑う。


「約束しよう、すぐに帰って来る。

 そしたら、一緒に畑を作って種をまこう。

 楽しみだな。

 いつかは辺り一面、見渡す限り麦が実った素敵な風景が見れるぞ」



 ◇



 気が付くと夕日に照らされていた。

 外周都市の外側に戻っていて、隣にオルガノンが居る。

 

 また白昼夢を見たのか……いや、本当に夢なのか?

 土地を肥沃化する研究を、オルガノンに頼んでいた。

 夢にしては、辻褄が合いすぎている気がする。


 これって、もしかして俺の妄想じゃなくて、前大魔王の記憶じゃないのか?

 だとしたら、なんでそんな物を? 俺が?


 上位の次元につながった事と関係があるのだろうか?

 だが、今の俺は人型擬装形態で上位次元にはアクセス出来ないんだぞ?

 よく分からない……。


 オルガノンに聞いてみよう。


「なあオルガノン、四百年前、前の大魔王と、城下町の外で麦畑を作る約束をした事があるかい?」

「!?」


 オルガノンはとても驚いて目を見開いた。

 しばらくそのまま固まった後、ようやく、コクリとうなずく。

 何かを期待するようなジト目が俺に突き刺さる。


 そうか、やっぱり、今のは前大魔王の記憶なのか。


「その日、決戦の後はどうなったんだ?」


 俺がそう言うと、オルガノンが悲しそうに目を伏せた。


「マスターは帰還しませんでした。

 勇者と相打ちになったとの報告を受領しています」


 なるほど、そういう事か。


 この子は四百年間ずっと、大魔王の帰還を待っていたのだ。

 命じられた、土地を肥沃化する研究をしながら、たった一人で……。


 なんだろう? なぜか凄く愛おしいと思えた。

 俺は前の大魔王とは別人だが、この子は同一視している。

 理由は分からないが記憶もあるのだ、だから彼女の思いに答えても良いのではないだろうか?

 本物の前大魔王はもう居ないのだから……

 うん、そうしよう。


「ありがとうオルガノン。

 ずっと待っていてくれたんだな、遅くなってごめん。

 畑が出来たら、今度こそ一緒に種をまこう」


 俺の言葉を聞いたオルガノンは、まぶしそうに目を細め、そしてそのまま口角がゆっくりと上がっていく。


 初めて見る顔だ。

 それは穏やかな笑顔だった。


「イエス、マスター。お帰りなさい」


 オルガノンはとても嬉しそうにそう言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます