第百十五話 為政者の失政と結果

「なっ、なんだこりゃぁっ! くっ、痛てえええっ、畜生、なんでっ?」

「ぐわあああ」「痛てえっ、痛てええよぉっ」「ひぎいいいっ」「ひっ、手がっ、足がぁっ!」


「お帰りなさい、大魔王様。

 みなさん、とりあえず止血してください」

「はい、フェンミィ様」


 両手足を切断された二十名からの元奴隷兵士を見ても、顔色一つ変えないフェンミィが魔法治療師に指示をだす。

 君もいろいろと修羅場をくぐってるよなぁ……。


「話し合いにはなりませんでしたね」

「ああ、もう無理だ。

 全員を裁判にかける。

 残りの元奴隷兵士達は、直接大魔王城へ送った方がよさそうだ。

 ホールをいくつか、臨時の牢獄にしよう」


 残念そうなフェンミィにそう答えた。


 大量の凶悪犯罪者で、全員の手足を切り離して無力化するつもりだが、それでも管理には多くの魔法治療師と兵士が必要になるだろう。

 幸いなことに、大魔王国の王都住民は元兵士が多く、近衛兵だけでも四万を超える人数が居た。 


 絶対に嘘がつけなくなる魔法が存在するので、とても公正な裁判が行われたのち、刑に服してもらう事になる。

 大魔王国の刑法では、故意こいによる殺人の最高刑は死刑だが。


「大魔王陛下、全員の止血が終わりました」


 魔法治療師がそう報告すると、


「痛てえええっ! ちくしょぉぉっ! 不当だ! こんなの間違ってる!」


 反乱元奴隷兵士のリーダーだった男が叫ぶ。


「俺は長い間苦しんだんだ! やり返してなにが悪い! くそおぉぉっ、許せねえっ! 許さねえぞ、大魔王!」


「魔法治療師の皆さん、この人たち全員を眠らせてください」

「はっ」

「ちくしょ……ぐぅ」


 フェンミィに命じられ、魔法治療師達が睡眠の魔法で元奴隷兵士達をだまらせた。


「すみません、勝手な事をしました」

「いや、ありがとう」


 頭を下げるフェンミィに礼を言った後、俺はその場に指示をだす。


「城塞都市を占拠した元奴隷兵士を排除し終わった後、みなさんは自治領の兵士と協力して、都市内部に残された被害者の治療にあたってください」



 ◇



「みなさん、こんな時間までお疲れ様でした。

 今回の任務はこれで終了、解散となります。

 魔法治療師の方々は、明日、有給休暇となるよう手配しますので、ゆっくり心と体を休めてください」

「お疲れ様でした」


 大魔王城の前庭で、俺が仕事の終了を告げると、みんなホッとした顔で応じてくれた。

 無理もない。

 長時間の過酷な仕事で、ここへ全員で戻った時には、午前零時に近い深夜となっていた。

 城塞都市に残された女性達の外傷は治療を終えたのだが、精神的なケアも必要となるだろう。

 明日、大魔王国から専門家を派遣して、領王と協力して治療にあたる手筈となっていた。


 城内へと戻っていく皆を見ていると……はっ! 視線を感じる!

 また来たな。

 城の玄関から顔をだしたオルガノンが、俺をジッと睨んでいた。

 こんな遅い時間でもお構いなしだ。

 

「オルガ……」


 話しかけて近づこうとすると、いつも通り走り去ってしまう。

 困ったな、どうしようもない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます