第百六話 花嫁サティ

 アムリータを式典の控室へと送った後、俺はサティの居る部屋へと向かった。



 ◇



「バンお兄ちゃ~ん」


 俺が花嫁の部屋へ入ったとたん、白いウエディングドレスの幼女が勢いよく走って来た。

 俺はその場にしゃがんで小さな彼女を抱きとめる。


「ね、サティ、バンお兄ちゃんのお嫁さんになったんだよね?

 おさなづま? あいさい?」


 俺の腕の中でサティが小首をかしげる。

 おさなづま? あいさい? ……あ、幼な妻と愛妻か、たぶん相当する単語がこの世界にもあるんだな。


「ああそうだ、サティは俺の大事な愛妻だ」


 彼女はこの部屋で行われる儀式の後、正式に大魔王の第二王妃となる……予定だったんだが。

 俺は小さなホールに並んだ両家の兵隊と、その中央の床に置かれたむき出しの剣を見る。

 たしか儀式が済むまで、花嫁はこちら側に来てはいけない筈だったんだが……。


「もうよかろう、両家の絆はとっくに結ばれている」


 部屋の奥で、リトラ侯爵と共に苦笑いをしていたワルナがそう言って、自分の剣を少しだけ抜き、鞘に戻す。


 キン


 ワルナの剣が小気味よい音をたてた。

 それに合わせて並んでいた両家の兵隊が、掲げていた剣を鞘に納めた。

 どうやら結婚式は簡易バージョンとなったようだ。


「サティはすっごく嬉しいよ、しあわせ、バンお兄ちゃんは?」

「もちろん、俺も凄く嬉しいよ。

 可愛くて優しくて頼もしい、サティは最高のお嫁さんだからな」


 俺はそう言って、白いドレスの小さなレディを抱き上げる。


「えへへ~」


 サティが俺にしっかりと抱きついて笑う。

 正直に言えば、嫁というより養女でも迎えた気分だが、それは黙っておこう。


「サティはもうずっと、このお城で一緒に暮らしていいんだよね?」

「ああそうだ、けど寂しくなったりはしないかい?」


 彼女はもう随分とながい期間を、この城で暮らしている。

 リトラ侯爵家の部屋が懐かしくなったりはしないのだろうか?

 ホームシックとかは大丈夫だろうか?

 

「うん。前のお家はお母さんが居た場所だけど、でも、ここの方が良いな。

 ここには、サティなんかいなくなればいいのにって思う人がいないから」


 う……そうか、相変わらず侯爵家の使用人にはそんな感じなのか。


「みんなサティの事をよく知らないから怖がられないよ。

 だから、あんまり仲良くならないようにする」


 サティがなんとも悲しい事を言い出した。

 そういえば、大魔王城には獣人と人獣の子供達がいるのに、サティは誰にも近づかない。

 忙しいからだと思っていたのだが、そんな理由があったのか。


 サティだって同年代の友達が欲しいだろう。

 仲良くして欲しいとは思うが、それでかえって嫌われる可能性もある。


「う~ん、アルタイ師匠ですらあんな感じだしなぁ……」


 俺はワルナやリトラ侯爵の後ろで、ココに抱かれているアルタイ師匠を見る。

 相変わらず、どこか怯えている感じだ。


「ううん、アルちゃんはマシなほうだよ、みんなもっと怖がるもん」


 あれでもマシな反応なのか……。

 この子の人生はハードモードすぎじゃないのか?

 くそ、こんなに思いやりがあって優しい良い子なのに。

 俺なんか、その優しさで何度もすくわれたってのに……。


 悲しいなぁ……。


「サティ、俺は大好きだからな、無条件で超愛してるからな、めちゃくちゃ好きだぞ」


 俺は小さな新婦を抱きしめて頬を寄せる。


「うん、知ってる。

 バンお兄ちゃんとココが一番あったかいよ。

 だから全然寂しくないから。

 大丈夫、泣かないでバンお兄ちゃん」


 う、逆に慰《

なぐさ》められてしまった。


 俺に気を使ったサティは、そこで何かを思い出したように振り返る。


「あ、お姉ちゃんもちゃんとあったかいからね。好きだよ」


 サティはワルナにもちゃんと配慮してそう言った。

 俺の小さなお嫁さんはしっかり者だなぁ。


「サティ、お父さんはどうだい?」


 リトラ侯爵がなにかを期待する目でそう言った。


「嫌い」


 サティは短い一言で切り捨てて、そっぽを向いた。

 いや、その答えは予想できただろう? なぜ聞いたんだ?

 渋い顔になったリトラ侯爵だが、それでもどこか楽しそうだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます