第九十九話 婚約

「これが昨日の会議でまとめられた政策だ。

 採用するかどうか決めてくれ」


 朝食が済んだ後の大魔王執務室で、ワルナがそう言って俺に書類の束を差し出す。

 厚い。


「君に一任する訳にはいかないだろうか?」

「駄目だ。

 分かりやすく説明するから、全てに目を通して自分で判断しろ」


 丸投げは失敗した。


「すまん、ありがとう」


 全ては俺の為なので、素直に感謝して従う。


「いやぁ、まさかダイバダ様を引っ張り出すとはねぇ。

 アムリータ王女殿下をあなどっていたよ。

 予定が狂ってシャムティア王国は大慌てだ」


 なぜか早朝から大魔王城へやって来たワルナの父リトラ侯爵が、執務室のソファーでくつろぎながらそう言った。


「どういう方なんですか?

 信頼して良いものでしょうか?」

「父上に相談するのは愚行だぞバン、この国にかかわらせるな」


 俺の質問をワルナがさえぎった。

 リトラ侯爵は悲しそうな顔をつくって言う。


「立場を度外視どがいししてちゃんと真面目に答えるよ、ワルナ。


 我がシャムティア王国にとっては、やっかいな人物ですな陛下。

 抜きんでた才を持ち、遠慮の無い正直な働き者で、一切の懐柔を受け付けない、組織にとっては扱いにくい方です。

 

 けれど、だからこそ大魔王国は、得難い人材を手にしたという事となります。

 厚遇こうぐうすべきですよ大魔王陛下、決して彼を手放さぬよう進言いたしましょう」

「ありがとうございます」


 俺は侯爵に礼を言って書類の束へと戻る。

 ダイバダの事はとりあえず信頼して良いみたいだ。



 ◇



「それはそうと、実は困った事になりましてね、大魔王陛下」


 書類と格闘していた俺に、リトラ侯爵が話しかけてきた。


「困った事ですか?」

「ええ、サティに縁談が持ち上がりました」


 え?


 縁談?

 いくらなんでも早すぎないか?

 サティはまだ幼い子供だぞ。


「相手はシャムティア王家へ連なるお方で、こちらからは断りにくいのですよ」


 王家だと? なんでそんな事に?


「その上、サティに士爵位が授与されるそうです。

 年齢を考えれば異例中の異例で、それでも騎士になれば戦争に参加する義務が生まれます」


 あ、そうか、ついにサティの常識を凌駕する凄まじい能力がバレたのだ。

 結婚も、王家が彼女を手に入れる為のものだろう。


 まずいな。

 恐れていた事態だ。


 サティには幸せになって欲しい。

 だが、その能力目当ての結婚が彼女の幸福につながるとは思えない。

 彼女の持つ力はあまりに強力すぎる。


「う~ん」 


 考え込んだ俺を見て、リトラ侯爵が言葉を続ける。


「それでですね、既に大魔王陛下から婚姻を求められていると、シャムティア王国には返事をしました。

 いかがいたしましょう、陛下?」

「え?」


 どういうことだ?

 俺がサティに婚姻を?


「大魔王陛下のお気持ち次第ですよ。

 陛下がサティを望まれるなら、シャムティア王国も手出しは出来ないでしょう。

 あの子を手元に置いておきたいとは思いませんか?」


 リトラ侯爵は、俺に悪だくみを持ちかける様にそう言った。


 なるほど、俺がサティと結婚すれば今まで通りというわけだ……。


 いやいやいや、無いから。

 可愛いし、大好きで、感謝している。

 だが結婚相手になどと、考えた事も無い。

 そして、俺には心に決めた女性がいる。


「バン、父上は貴公にサティをめとらせるつもりだ。

 この事態も計算どおりなのだろう、謀略ぼうりゃくだ」 


 ワルナがそう言った。

 え? そうなの?


「心外だなぁワルナ。

 お父さんはただ、君達愛娘の幸せを願っているだけなんだけどねぇ?」

「心がこもっていないな、サティでなくとも分かる」


 大げさなジェスチャーで親子愛を訴えたリトラ侯爵を、実の娘がばっさりと両断する。


「だがバン、貴公はこのたくらみに乗っておくべきだ。

 サティと結婚しろ」

「え?」


 意外にも、ワルナも俺とサティを結婚させたいらしい。


「サティは良くも悪くも特別すぎるのだ。

 貴公以外に、あの子を幸せに出来る者などおらぬぞ」

「待ってくれ。

 サティの事は好きだが、恋愛や結婚の対象として考えるのは無理だ」


 俺は自分の気持ちを伝えたが、ワルナはそんな事など承知の上だと言わんばかりだった。


「当たり前だ。

 男女の愛情など結婚した後から育てるものだ。

 心配は要らぬ我が妹なのだ、十年もすれば見事に花開くだろう」


 ワルナはきっぱりと言い切った。

 俺の知っている結婚観とはだいぶ違ったが、一理あるのかもしれない。

 だが……

 俺は思い切って打ち明ける。


「俺にはフェンミィが居る。彼女の事が好きなんだ」


「知っている。

 そうだな、良い機会だから全てハッキリしておくべきだろう。

 バン、貴公はそこでしばし待て」

「あれ?」


 衝撃の告白をしたつもりだったが、ワルナには軽く流されてしまった。



 ◇



「バンお兄ちゃ~ん」


 執務室に入って来たサティが、椅子に座っている俺の膝上に飛び乗った。

 そしてそのまま抱きついてくる。


「えへへ~、嬉しいな」


「待たせたな、バン」


 そしてワルナが、フェンミィとアムリータ王女を引き連れて執務室へ戻ってきた。

 フェンミィと王女の頬が赤く、うつむいて俺と目を合わせようとしない。

 なんだこれ?



「貴公はこの三人と婚約しろ、今ここでだ」



 とまどう俺を尻目に、いきなりワルナがそんな無茶を言った。

 重婚だよ。


「……いや、待ってくれ」

「安心しろ、全員の了承りょうしょうを得ている」

 

 え?


 全員の了承?


「三人と婚約する事を認めてるのか? 三人とも?」

「そうだ」


 ワルナがそう言った後、それぞれに声をかけていく。


「間違いないな、フェンミィ」

「はい、大魔王様、私を貰ってやってください」


 真っ赤な顔のフェンミィが、恥ずかしそうにペコリとお辞儀をする。

 ちょっと待てフェンミィ、それでいいのか?

 君と結婚するのは良い、だが、他の二人も一緒だと?


「サティもいいな?」

「うん、したい。結婚して? バンお兄ちゃん」


 俺の膝の上でサティが小首をかしげてそう言った。

 どこか不思議そうなあどけない顔だ。

 可愛いな!

 だが、たぶん意味をちゃんと理解していない。


「最後にアムリータ王女殿下、あなたもよろしいな?」

「はいっ! はいっ! ワルナ子爵、あなたはなんて素晴らしいお方なのでしょうか……。

 ああ、ああ、大魔王陛下、わたくしこの日を夢に見ておりましたわ……」


 王女様はそう言って、ぼろぼろと泣き出した。

 凄く嬉しそうだ。

 こうまで思われて悪い気分はしない、だが俺には心に決めた人がだなぁ……。


「三人とも、貴公が責任をとるべき女性だと判断した。

 お膳立ては整った、外堀は埋めてある。

 後は貴公の覚悟だけだ、さあ観念しろバン!」


 えええぇ?


「ちょ、ちょっと待って、ごめんサティ退いてくれ」


 俺は膝の上からサティを下ろし、フェンミィに近づいた。

 そしてそのまま手を取って部屋の外へ連れ出す。


 大魔王城の廊下で俺はフェンミィにたずねる。


「待ってくれ、君はこれでいいのか?

 俺が結婚したいのは君なんだぞ?」

「はい、私は三人一緒の方がいいですよ。

 あの二人にも幸せになって欲しいので、大魔王様を独り占めする気はありません」


 信じられない。

 そんな理由で恋人をシェアできるものか?


 ワルナの結婚観なら、国王が複数の妃を迎えるのは当たり前の事なのかもしれない。

 だが獣人は、一夫一妻のつがいが標準だったのだ。

 なぜフェンミィは重婚に積極的なんだ?


 彼女の愛情に疑う余地なんかない。

 ならば、聖人のごとき博愛主義だとでもいうのか?

 正直彼女らしくない、似合わないと思った。


 だがフェンミィの決心は固く、俺がいくら説得してもその考えを変えなかった。

 女心がまったく分からない……なぜだ?



 ◇



「分かりました、三人と婚約させていただきます。

 ええと……よろしくお願いします」


 執務室に戻った俺は、みんなにそう告げる。


 ワルナが満足げにうなずいて、サティが俺に抱きつき、アムリータ王女が再び泣き出した。


 結局、俺がフェンミィに説得されてしまったのだ。

 いいのか? これで?

 フェンミィは幸せそうに笑っている。


 正式な結婚は全てが落ち着いてからする予定となり、大魔王国を誇示するために大々的な式典を行う事となった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます