第七十九話 絶望に屈しない希望

*今回もワルナ視点となります


「ワルちゃん、お城の中まで押されてるけど大丈夫なの?」


 司令部から廊下へ出ると、フェンミィを始めとした獣人村人達がやってきた。

 全員獣化している。


「良かった、皆は無事だったか」

「うん、丁度ご飯を食べにお城へ戻ってたから」


 それはなによりだ。

 さすが満月期の獣人達は魔力攻撃に強く、全員が平気な顔をしていた。


「城内の魔術師を確認する、ついて来てくれ」

「分かった」



 ◇



「うわあぁぁああ、もう駄目だぁぁ」

「ごめんなさい、スリープ」


 一番近い大ホールへ入ると、その一部がざわついていた。


「状況を教えてくれ」


 私は大ホールの指揮を任せていた機動部隊の士官に尋ねた。


「敵魔法の影響により、恐怖に耐えられぬ者が出ております。

 幸い満月が近く、人獣族の魔法に対する耐久力が高いので、彼らによる監視部隊を作り、取り乱した者に対して睡眠の魔法をかける対応をしております」


「適切な判断だ、この通信途絶下でよくやってくれた」


 私は士官をねぎらう。

 だが、この厳しい状況で魔術師の数を減らす事になる。


 見渡せば、特に元シャムティア奴隷兵士達の動揺が酷い。既にかなりの数が眠らせられていた。

 機動部隊の兵士にも恐怖は広がっているようで、きっかけ次第では総崩れもありうる。


「ケツの青い小僧どもめ、だらしのない事だ」

「まったくですな」


 予備役のベテラン兵士達がそう言って、怯えが見て取れる魔術師達の元へ向かった。

 そして、おもむろにその肩を抱いて話し出す。


「よく聞け、こんなものは恐怖とは言わんのだ。

 温い温い。

 今からワシが本当の恐怖について話してやる。

 それはガガギドラの捕虜となった時の話だ……」


 予備役の老兵士は、なにやら恐ろしい話を語りだした。

 鎧を脱ぎ、年に似合わぬがっしりとした、傷だらけの身体を見せつけた。

 そしてその傷を指さしながら、なんとも陰惨な体験を話す。


 それは逆効果ではないのか?

 だが、怯えていた魔術師たちの目には意思の光が戻っていく。


「なんだい、そんなので良いのかい。

 よし、あたしらの身の上話も聞かしてやろうじゃないか」

「子供の前で、親がゆっくり食べられた話とかで良いのよね?」

「よっしゃ」


 ウミャウ殿やガールル殿、そして他の獣人達もベテランの老兵士に続いた。

 獣化した獣人に肩を抱かれて委縮した兵達も、話をするうちに落ち着いていくようだ

 不思議な現象だがありがたい。


「ねえ、総司令さん、旗色が悪そうね」


 大ホールにゼロノ殿がやって来た。

 私の耳に口を寄せ、声を落として話かける。


「地下のあれは? 使う気なら私も誘ってね」


 大魔王城の地下施設には、脱出用の『リニア』という通路が存在するそうだ。

 使用すれば、数分で国境付近の脱出口へと移動できるらしい。

 地下への『エレベーター』という移動装置と一緒に、オルガノン殿によって、私やフェンミィ、サティ、アムリータ王女にも使えるように設定が変更されている。


「いや、私は脱出するつもりはない。

 だが、地下にはアムリータ王女殿下が避難している。

 いよいよとなったら、ゼロノ殿は共に逃げてくれ」

「分かったわ、ついでに王女様が安全になるまで面倒を見てあげるわよ」


 それはありがたい。


「礼を言う、ありがとう」

「いいのよ王女様達にも感謝されて、名前を憶えてもらうから。

 でも、この子達が死ぬのは惜しいのよね」


 ゼロノ殿が人獣族を見てそう言った。

 私も同じ気持ちだ。

 彼らは過酷な環境から解放され、バンの優しさを知り、心の底から感謝しているようだった。

 勤勉で誠実、大魔王国の良き国民となるだろう。


「このまま負けるわけにはいかぬな」

「負けそうなの? ワルちゃん」


 私の言葉にフェンミィが反応した。

 ごまかしても意味などないだろう。

 私は周囲に聞こえぬように、小声で正確な状況を伝える。


「残念ながらかなり厳しい状況だ」

「私になんとか出来るかもしれない。

 あの馬車を全部壊せばいいんだよね?」


 フェンミィがいきなり無茶な事を言い出した。


「その通りだが、あれはどうにもならぬだろう?」

「ううん、今の私なら壊せると思うよ」


 いや、いくら成長したフェンミィでもそれは不可能だろう。

 おそらく大魔王たるバンにすら無理な仕事だ。

 彼女は決して虚勢を張ったりしないのだが、いきなりどうして?


「ちょっと、なに言ってるのよ。

 こっちへ来なさい」


 ゼロノ殿がフェンミィの腕を掴んで、ホールの隅まで連れていく。

 そして、なにやら小声でボソボソと話している。


 ずいぶんと仲良くなったものだな。

 昨日から共に行動する機会が多かったようだが、やはり戦友となれば特別という事であろう。


 いつの間にか大ホールには、魔族国家ならどこでも聞くことが出来る、有名な歌が響いていた。

 遠征の兵士が故郷をしのぶという歌詞で、それをこの場に居る多くの兵が口ずさんでいる。


 驚いたことに人獣族の中にまで歌いだした者が居る。

 本当に有名な歌なのだな。

 しかし、歌いながら魔法に集中出来るものだろうか?


 もうこの場で恐怖に負ける者は居なくなっていた。


「姫様、あたしらは他のホールへも行くよ。

 魔術師達を元気づければいいんだろ?」


 村長ウミャウ殿がそう言った。


「助かる」


 私は地図で魔術師の居る場所を示した。



 ◇



「私が馬車を壊しに行くよ、ワルちゃん」


 フェンミィが決意を込めてそう言った。

 私はその隣で、呆れたような顔をしているゼロノ殿に尋ねる。


「貴公も、フェンミィにそれが可能だと言うのか?」

「敵しだいだけど、決して不可能じゃないわ」


 とても信じられぬ事だが、二人とも真剣な表情だ。

 特にフェンミィは覚悟を決めている。


「分かった、信じよう。

 それが出来れば、まだ戦いようもある」

「うん、行ってくる」


 心配だ、彼女の身にもしもの事が有ったら、そう思うととても恐ろしい。

 だが、それは決して口に出してはいけない。

 全軍の命を預かる司令官として、そして対等の友人としてもだ。


「武運を祈る。生きて帰れフェンミィ」

「ありがとうワルちゃん」


「ちょっと待ちなさいよ!」


 背を向けて大ホールから出ようとしたフェンミィを、ゼロノ殿が呼び止める。


「行く前に悪あがきをしなさい、全然違うんだから」


 そう言ったゼロノ殿が、恐怖を克服した大ホールの兵士達に告げる。


「今からこの子、獣人族のフェンミィが敵陣に一人で切り込むわ!

 皆の命運がかかった特別な任務で、一か八かの大作戦よ!

 命がけなのよ、応援してあげて!

 そして名前を憶えてあげて!」


 名前を覚える? 

 ゼロノ殿が同じ事をよくやるのは知っていたが、今度はフェンミィの名前をだと?


「皆の希望よ、英雄よ、名前はフェンミィ!

 フェンミィ、フェンミィよ、フェンミィをよろしく!」


 大ホールの兵士達が、ざわめきながらもフェンミィの名を口にする。

 それを見てフェンミィはにっこりと笑い、


「ありがとうゼロノさん、行ってくるね」


 大ホールを飛び出した。



 ◇



「あ、お姉ちゃんだ」


 別の大ホールを訪れた私を、目ざとく気が付いたサティが迎える。

 私は妹に微笑んで手を振った後、ここの指揮を任せていた機動部隊の士官に質問する。


「状況はどうか?」

「はっ、敵の魔法攻撃を受けておりますが、特に問題ありませんな。

 これも総司令の妹君のおかげでありましょう」


 そう言われて気が付いたが、この大ホールは他の場所より敵魔法の圧力が弱い。


「部屋の天井と壁に、防御と増幅を兼ねる術式を構築しおったのじゃ。

 攻撃を受けた直後に一瞬でじゃぞ?

 もうワシの手に負えないのじゃ、末恐ろしいのじゃ」


 サティの腕に抱かれたスクナ族のアルタイがそう言った。


「それと、侍女であるココさんの力も大きいでしょうなぁ」


 指揮を任せた士官がそう言って、魔術師部隊を見る。

 彼の視線を追うと、そこには飲み物を配るココが居た。

 時に一声をかけ、あるいは手を握って励ましたりもしている。


「あの美貌びぼうに、あれほど親しげにされて、張り切らぬ男など居りませんでしょう」

「なるほどな」


 改めて思う、ココは我が家が手に入れた至宝しほうだな。

 二人が居ればここは大丈夫だろう。


「よし、後を頼む、サティもな」

「はっ」

「うん、お姉ちゃんもがんばて」


 次の目的地へ向かおう。

 サティに手を振り、私がきびすを返すと、大ホールの扉を開けて二人の人獣族が飛び込んできた。

 そして、私に向けて叫ぶ。


「ワルナ様! 娘が大魔王様の居場所を知ってます!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます