第七十五話 開幕、大決戦

*今回はフェンミィ視点となります。


「すまないフェンミィ。

 バンを行方不明にしてしまった。

 手紙に書いたとおりだ、なんの言い訳も出来ない」


 大魔王城の玄関で、私たちを出迎えてくれたワルちゃんが頭を下げる。

 ドラゴンを倒してからの消息が分からないらしい。


 私はほぼひと月ぶりに、大魔王城へ戻ってきていた。

 本当は手紙で行方不明を知らされた時、すぐに帰ってきたかった。

 でも、ろくな戦力にならない私が戻っても、意味なんかない。


 ワルちゃんから、そろそろ戦争になるという知らせが来るギリギリまで、頑張って鍛えていたのだ。


「ワルちゃんの所為じゃないよ、それに大魔王様の心配なんて必要ないし」


 絶対に無事だ、決まっている。

 なぜなら、それ意外の事態は考えるだけ無駄だからだ。

 大魔王様を失った時点で、なにもかもが終わる。

 ご無事を信じて行動するしかない。


 それに、不思議と根拠のない確証が胸の中にある。


「そうだな、私も同じ気持ちだ」


 ワルちゃんがうなずいた後、私の後ろに居る人たちに声をかける。


「よく来てくれた、黒しっぽ傭兵団、ガブリ団長」


 そう、最前線で共に戦った名前だけは可愛い獣人の傭兵団、総勢五十二名が一緒に来てくれていた。


「人使いが荒いぜ、お姫様よ」

「すまぬ」


 ガブリ団長へワルちゃんが頭を下げる。


「冗談だ、相変わらずクソ真面目だな。

 あの時、アンタがかばってくれなきゃ、俺たちゃ全員、軍事法廷で死刑の判決だったんだ。

 このくらいどうって事もねえよ」

「感謝する。だがあれは不正を暴いただけだ」


 少し恐縮したようなワルちゃんに、豪快に笑ったガブリ団長が答える。

 

「これは正式な依頼なんだろ? ならどこへでも行くさ。

 だが、よくねじ込めたな。王国と契約の途中だぜ?

 違約金も必要ないときやがった」

「それは王女殿下の尽力だよ」


 ワルちゃんの後ろにはアムリータ王女様が居た。

 援軍を連れて来てくれたそうだけど、戦争になりそうな大魔王城に居ていいのだろうか?


「王女? 本物かよ、なんでまた?

 まあいいや、金になれば何でもな」


 そう言ったガブリ団長に、ワルちゃんが自信満々で言う。


「それは期待してくれて良い。

 オルガノン殿によれば、大魔王国の資金は潤沢だそうだ 」

「肯定します。

 宝石、及び貴金属を大量に保有しており、必要とあらば錬金も可能です」


 王女様の横には、ホムンクルスのオルガノンさんが無表情な顔をして立っていた。


「しかしお姫様よぉ、とんでもない奴を預けてくれたもんだな」


 ガブリ団長が私の肩に手を置いてそう言った。


「フェンミィは、願い通り強くなれただろうか?」


 ワルちゃんはちょっと心配そうに尋ねる。

 ガブリ団長は大きくうなずいた。


「ああ、今じゃうちの誰も敵わないぜ、もちろん俺もな」

「なんだと!」


 ワルちゃんが驚いて私の顔を見る。ガブリ団長の強さを知っているのだ。

 なんだろう? 少しだけ照れくさい。


「ここまで全力で、急いで強くなろうとした奴は初めて見たぜ。

 それ以外の事は、見事に全て切り捨てやがった。

 自分の命すら微塵みじんかえりみねえんだよ、この馬鹿は」


「そうか、フェンミィ、良かった……」


 ワルちゃんは、心から嬉しそうにそう言ってくれた。

 目に涙がにじんでいる。


「ありがとう、ワルちゃん」


 なんか私も泣きそうな気分になった。


「なぁ~、いつまで感動の再会してんだよ?

 アタイら腹減って、疲れてんだけどさぁ」


 そう言ったのは赤熊獣人のグオゥさんだ。


「ははっ、そうだったな。

 お姫様、まずは飯と寝床をくれ。

 いくら満月期とはいえ、一晩でシャムティアを横断してきたんだ、ピンピンしてるのはフェンミィくらいなんだよ」


 ガブリ団長が笑った。



 ◇



 翌日の朝食後、大魔王様の執務室に各戦力の代表が集まっていた。


 現在の戦力は以下のとおりだ。


 獣人村人九十五名。

 ナーヴァに居た兵士、約八百名。


 元シャムティア奴隷兵士で、ほぼ全てが大魔王国に移住を希望した、前衛約七千名、後衛の魔術師約三千名。

 シャムティア王国機動部隊、前衛約二万人、後衛の魔術師部隊約一万人。


 元ガガギドラ奴隷兵士から移住した国民、前衛約四千人、後衛の魔術師約二万一千人。


 シャムティア王国ベテラン兵士、約千人。

 黒しっぽ傭兵団、五十二人。

 そして、オルガノンさん配下の戦闘用オートマタ、約三千。


 合計すると、前衛約三万三千人、後衛魔術師約三万四千人という、後衛偏重だけど小国の戦力としては立派な数がそろっていた。


 半数が他国からの借り物、国民がほぼ全て戦士で、維持をシャムティアの兵站に頼り切りといういびつな軍隊だったけれども。


 大魔王城は、この世界で一番防御力に優れているお城だそうだ。

 更に、オルガノンさんがお城と城下町の防衛力を強化しているらしい。

 もし大軍が攻めてきても、そう簡単には負けないだろう。


 会議は進み、ワルちゃんが全ての中心となり、防衛作戦が整っていく。

 凄いな。

 ああいうのは私には無理だ、うん、できる事をがんばろう。


 ピー ピー ピー


 突如、執務室に設置されている魔法の通信機から、呼び出し音が鳴った。

 担当の兵隊が通話し、ワルちゃんへと報告する。


「北七番の歩哨より連絡です、侵攻する敵軍を発見」

「おおっ」


 執務室の皆がどよめいた。


「まだ休戦協定中だというのに」

「あれはガガギドラとの物だからなぁ」


「へえ、こっちに人獣族が多いってのに、満月直後の月齢十六で仕掛けてきたのか。

 こんな小国は眼中にねえってか?

 ありがてえな、今なら俺達は最高に働けるぜ?」


 各代表に混じって、ガブリ団長がそう言った。


「通信機を私に」


 ワルちゃんが魔道具を担当の兵士から受け取り、通話をする。


「規模と速度は?」

『ザッ、確認できる範囲では馬車が三百以上、ですが後方に延々と続いております。

 速度は車馬の半分程度だと思われます。ザザッ』


 歩哨から情報が届く。


「よし、発見されないように観測を続けろ」

『ザッ、はっ……うわっ、なんだっ、ズバシュ、ぎゃあああ……ザザザッ…………ヒャッハー、覗いてんじゃねーぞ、コラァ……』


 歩哨の声が途切れて、別人の下品な声が聞こえた。


『ザッ、おい、なあ、聞いてる? お仲間殺しちゃったぁ、ゲハハハ、ザザッ』


 どうやら歩哨は敵に見つかって殺されたようだ。


「何者だ? いいかよく聞け、こちらは強固な防衛体制を整えた、たかが二十万の兵では落とせないぞ」

『ザザッ、ハァ? 二十万? なに言ってんの? こっちにゃ三十万以上いるんだけどよぉ、それに追加だって……馬鹿ですか? あなたは?……ああ?……わざわざ敵に情報を渡すなんて、こんな物はこうです、ブツン、ザアアアアア』


 ワルちゃんが情報を引き出そうとしたけど、新しく加わった声が魔道具を壊してしまったようだ。


「敵は三十万を超える大軍だそうだ、さらに援軍をほのめかす言葉もあった、だが我々のする事は変わらない。

 大魔王陛下が帰還するまでの時間を稼ぐ。

 堅固けんごなこの城で籠城ろうじょうだ」

「おう」


 ワルちゃんの言葉に皆がうなずいた。



 ◇



 その後、北側の国境付近に配置されていた全ての歩哨達から、続々と侵攻してくる敵軍を発見したと報告が入った。


 大魔王国には城を中心として、整えられた広く平らな街道が沢山整備されている。

 なんとなく便利だな、くらいに思っていたのだが、こういうときはとても困った事になるんだ。

 街道は、余すところなく敵に有効利用されていた。


 更に敵の大軍は、まるで意思を持たぬ操り人形がごとく一糸乱れぬ見事な統制で、驚くほど素早く大魔王城にやって来た。



 ◇



「ずいぶん遠くに布陣しやがったな、奥にテントを大量に設営しだしたぞ」

兵糧攻ひょうろうぜめでもするつもりか? こちらとしては好都合だが」


 城の塔からガブリ団長とワルちゃんが、遠視の魔法で敵軍を観察する。

 敵は城下町の壁から、かなり遠い場所に陣取っていた。


「やっほー来たわよ、ね? どうしてこんな所に居るの?

 お師匠様は一緒かしら?」


 声のした方を振り向くと、いつの間にかダークエルフの魔術師ゼロノさんが居た。


「ゼロノ殿か、ここは間もなく戦場になるぞ」

「知ってるわ、手伝ってあげる」


 ワルちゃんの言葉にゼロノさんがそう答えた。


「大歓迎だ、ありがたい、だがなぜだ?」

「私の名前を憶えてくれた子たちを、なるべく殺さない為によ」


 ゼロノさんの言う事は、私にはよく分からなかったが一緒に戦ってくれるらしい。

 うん、すっごく助かる。


「ん? ありゃなんだ?」


 遠視で偵察を続けていたガブリ団長が、なにかを見つけたらしい。

 私も、覚えてからそう日がたってない遠視の魔法を使ってみた。

 敵の布陣とは別の方向から、走って来る馬車が三台見えた。


「む、あれは人獣族の家族を乗せた馬車だな。

 最後の便が今日到着する事になっていた筈だ。

 いかんな、敵に見つかっている」


 馬車に向けて、ゆっくりと移動する敵部隊があった。

 まったく重要視されていないようだけど、それでも絶対に見逃しては貰えないだろう。


「私が行くよワルちゃん。

 城下町の外は敵の魔法が優勢だと思うけど、強い抵抗力を持つ満月期の獣人ならなんとかなるかも。

 ガブリ団長、手伝ってください」

「あれを助ける意味あんのか?」


 私のお願いに、団長が渋い顔をする。


「ありますよ、大魔王様が帰ってきた時のモチベに直結しますから」

「大事なのかよ? それ。

 おい、お姫様」


 ガブリ団長は助けを求めるようにワルちゃんを見た。


「厳密に言えば黒しっぽ傭兵団の雇い主は、この国の国民、フェンミィ達なんだ、団長」

「ちっ、オマエが雇い主なら仕方ねえ。犬のクソでも命がけで守ってやるよ」


 ガブリ団長が肩をすくめた。


「よし、全ての魔術師とオルガノン殿に援護させよう。

 ゼロノ殿も頼めるか?」

「任せといて」


 ワルちゃんの頼みをゼロノさんが快く聞いてくれた。



 ◇

 


 全員が獣化した黒しっぽ傭兵団が、城下町を駆け抜ける。


「私が敵陣を撹乱かくらんするので、みんなは馬車をお願いします」


 そう言った私を、赤熊の獣人グオゥさんが心配してくれる。


「おい、いきがんじゃねーよ馬鹿。

 アタイらも連れてけフェンミィ」


「馬鹿はお前だグオゥ、俺たちゃもう足手まといなんだよ。

 一瞬でも早く、馬車を城下町へ放り込む事だけを考えろ」

「ちっ、へいへい」


 ありがとう団長、グオゥさん。


――聞こえる? フェンミィお姉ちゃん――


 サティちゃんの声が頭に響いた。


――うん聞こえるよ――

――今から幻覚でみんなの姿を隠すからね、向こうが本気になるまでバレないと思う――


「あ? なんだ今の声?」


 サティちゃんの声は、団長たちにも聞こえているようだ。


「優秀な魔術師の声です、従ってください」

「はいはい、分かったよ」


 その会話の直後に、傭兵団全員の姿が見えなくなった。

 ベテランの傭兵たちは驚きはしたのだが、慌てる事は無く、城下町を囲む壁を飛び越えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます