第六十七話 彼女が考えていた事

*今回はフェンミィ視点となります。



 私はなんて愚かで浅はかだったのだろうか。



 ◇



「大魔王様、これなんでしょうか?」


 開かずの扉からたどり着いた、とても広い不思議な場所で私は銀色の小物を見つけて手に取った。

 なぜだろう?

 誰かにそうしろと言われたような気がしたのだ。


「なんだ? それは……ベルトか? どこにそんな物が?」

「ベルト……ですか?」


 それを着けろと、また言われたような気がする。

 なぜだろう、その声に導かれてしまう。


 スチャ

「こうですかね?」


 気が付くと、私はベルトらしき物を腰に巻いていた。


 シャキンッ

「あれ?」


 ベルトが勝手に巻き付いて、お腹が熱くなった。


「臨戦 加速!」


 大魔王様が突然、戦闘形態になった。

 あれ? 巻いたはずのベルトが無い。


「いくぞ」


 私は慌てた大魔王様に抱っこされてしまった。



 ◇



「本当なのか? 頼むからもっとよく調べてくれ!」


 ワルちゃんの家で、大魔王様が魔法治療師に詰め寄る。

 あのベルトは私の身体に吸収されたのだそうだ。

 う……そう聞かされると怖い、凄く不安だ。

 

「冷静になれ、バン」

「俺は冷静だ!」


 でも、大魔王様がこんなに心配してくれている。

 それだけで不思議と不安は消えて、むしろ嬉しいような気持ちになる。

 それに、私の不注意が原因で、これ以上心配はかけたくない。


「私なら大丈夫ですよ。いつも通りです、ほらほらっ」


 私がそう言うと、大魔王様は疲れたような、呆れたような顔をした。

 あれ? 明るく振舞ったのは逆効果だっただろうか?



 ◇



 大魔王様の結婚話が、シャムティア国王様の口から飛び出した。

 結婚?

 大魔王様が王女様と?

 そんな……。


 でも、よく考えれば当たり前の話かもしれない。

 大魔王様は魔族の王になる人だから、そのお后には身分の高い人が相応しい。


 こんな田舎者の獣人娘などでは無く。


 私は当然のごとく、ずっと一緒に居られるのだと思っていたけれど、それは叶わぬ夢なのかもしれない。

 いつか大魔王様は、私の手なんか届かない、遠い場所に行ってしまうのかもしれない。

 う……そう考えると、胸が潰れてしまいそうに苦しい。


「フェンミィはどう思う?」


 気が付くと、大魔王様に話しかけられていた。


「え? あ? なんですか?」


 いけない、聞いてなかった。

 今の気持ちを知られたくない。

 大魔王様は優しいから、私に同情して、交渉に悪い影響が出るかもしれない。


「どうした? 体調が悪いのか?」

「その、ええと、コルセットがきつくて」


 この嘘で、ごまかす事が出来ただろうか?



 ◇



「大魔王国国王大魔王陛下~、大魔王国筆頭書記官フェンミィ閣下~、ご到着~」


 私は大魔王様と並んで、お城の豪華なホールを歩く。

 煌びやかな会場、豪華に着飾った身分の高い人達、ああ、私だけひどく場違いな気がする。


「あれが噂の大魔王? なんていうか、地味ね」

「おい、連れている女の耳」

「なにあれ? まさか獣人? まあ恐ろしい」

「ここをどこだと思っているの? 誰か、つまみ出しなさいよ」


 みんなが私を見ている。

 獣人が魔族に良く思われていない事は知っていた。

 けれど、まさかこんなに嫌われていたなんて……。

 間抜けな出しっぱなしの耳が恨めしい、これさえ無ければごまかす事も出来たのに。


「汚らわしい、なぜ大魔王が獣人なんかを?」

「獣臭い、人の真似事をしてドレスなど着おって」

「あんな獣を連れているとは、大魔王とやらも偽物ではないのか?」


 駄目だ、こんな私の所為で大魔王様の評判が悪くなる。

 大国の偉い人達の言葉なのだ、ここでの印象は大魔王様の今後に大きく影響するのだろう。


「だ、大魔王様」


 帰ろう。

 大魔王様には王女様が居る。

 私はここに居ないほうが良い人間だ。


「わ、私なんかが側に居ると、大魔王様が恥をかきます。

 私は戻りますから、王女様をエスコートしてあげてください。 

 大魔王様の、お后になる方なのですから」


 ちゃんと笑顔が作れているだろうか?

 足を引っ張ってばかりだ、せめて心配をかけないように笑って去ろう。


 けれど大魔王様はそんな私を見て、辛そうな顔で一歩距離をとる。

 駄目だな私、上手く笑う事すら出来なかったんだ。

 情けない気持ちが私をうつむかせる。


「フェンミィ、よく見てろ」


 下を向いていた私は、その言葉で顔を上げて大魔王様を見つめた。

 

「臨戦」


 大魔王様はいきなり戦闘形態に変身する。

 どうして?

 凄く怒っているのが伝わって来る。


 いけない、そんな事をしたら争いになりますよ、止めなきゃ。


狼狽うろたえるな! 見苦しいぞ!」

 

 うっ、大きな声に思わず耳をふさぎました。少しキーンとしてます。


「余興である! 大魔王の威容、今宵はその目に焼き付けるがよい!」


 大魔王様?

 みんな凄く驚いてますよ? これ大丈夫なんですか? 


 でも、私の為に怒ってくれたんですね。

 こんなに多くの偉い人、大きな国を相手にして、それでも私なんかの為に……。


 ジンっと胸の奥が痺れるような感じがします。


「はっはっはっは、しかり。

 ワルナ士爵の言うとおりである。

 さすがは我らが友好国の王だ、頼もしいではないか」


 どうやら争いにはならなかったみたいです。


 会場は静まり返り、みんなが大魔王様に注目し怯えています。

 もう誰も私の事なんか気にしてませんでした。


 大魔王様は周りの視線などいっさい気にも留めず、頼もしい戦闘形態の姿で堂々と胸を張ってます。

 なんだか他人の目に怯えていたのが、馬鹿みたいに思えてきました。


「一曲いかがです? 筆頭書記官閣下」


 大魔王様が私を誘ってくれました。王女様ではなく私を。


「もうっ」

 

 私なんかの為に無茶をするんだから。


 すごく温かい気持ちがします。


 もういいや、もう将来を気にするのは止めよう。

 たとえ大魔王様が王女様と結婚しても、私が要らなくなる日が来ても、私の気持ちは変わらないから。


 たとえ大魔王様が私に一切の関心を示さなくなっても、私はこの人を思い続けよう。


 もう、それだけでいいや。

 それ程のものを、私はこの人から貰っているのだから。



 ◇



「大魔王様、私も行かせてください」


 シャムティア王都を襲う大軍と戦う事になりました。

 私も大魔王様のお役に立ちたい。


「すまないフェンミィ、君はここを守って欲しい。

 みんなを頼むな」

「……はい」


 けれど、私の力では無理のようでした。

 考えてみれば、私はずっと守られてばっかりだ。


 大魔王様には沢山助けて貰ったのに、私からしてあげられる事があまりに少ない。

 せいぜい雑用くらいだ。


 ワルちゃんはこうして一緒に戦えるのに。

 このままじゃいけない。でも、どうすればいいのだろう?



 ◇



 リザードマンの王国から突然の奇襲を受けた。


 恐ろしい程の大軍でしたが、大魔王様の凄い魔法が炸裂さくれつして私達は助かりました。


 けれど、その魔法で何千もの人が死にました。


「こっちにも生存者だ、ゼロノ、頼む」


 私達は、地形すら変わってしまった城下町で、生存者を求めて探索をしていました。


 何もかもが瓦礫と化し、血なまぐさいな死体があちこちに転がる中で、大魔王様はとても辛そうです。

 自分を責めているようでした。

 死んだ兵隊の多くが、自由意思を奪われた奴隷であった事も、大魔王さまの心を切り刻むのでしょう。


「……う……ううっ」


 私の耳に微かなうめき声が届く。

 獣化している力で大きな石を退けると、両手足が全て折れて変な方向に曲がった人獣族が居ました。

 もちろん奴隷の首輪を付けており、おそらくその小さな毛皮の胴体にも重傷を負っているのでしょう。


 見るも無残な光景で、これを今の大魔王様に突き付けるのは躊躇ためらわれました。

 けれど、だからと言って、この瀕死の怪我人を放置する事など出来る訳がありません。

 私は絶望的な気持ちで報告をします。


「大魔王様、ここにも生存者が」


「ゼロノ、頼む」

「はいはいっと」


 大魔王様は歯を食いしばり、淡々と作業を続けます。

 それでも、


「……畜生」


 口をついてその本音が漏れ出していました。



 私はなんて愚かで浅はかだったのだろうか。



 考えてもみなかった。

 大魔王様の進む道が、これ程までに血にまみれていたなんて。


「ゼロノ、まだかっ!」


 大魔王様の声は悲鳴のようでした。

 王として世界を統べる? 全ての人が苦しまず幸せに暮らせる世界?

 それを作るためには、どれ程の血が流れるというのだろうか?


「畜生……まだかっ! ゼロノっ!!」


 ああ……この優しい人に、私はなんという重荷を背負わせてしまったのだろう。

 大魔王様にとって、私はまるで疫病神のようでした。



 ◇



「お願いします! お願いします! 帰りたい! 帰りたいっ!!」


 人獣族にすがりつかれた大魔王様が、ぐらりと揺れて倒れそうになる。


「だ……大魔王様っ!」

「バンお兄ちゃんっ!」


 慌てて支えたのだけれど、その顔からは血の気が引いて真っ青だった。

 当たり前だ、私だって気分が悪くなるような話だった。

 私よりずっと優しい大魔王様なら、なおさらだろう。


 この人が背負う重荷は増えていくばかりだった。



 ◇



「私も強くなりたいです」 


 リザードマンの使者が帰った後、大魔王様の執務室で私は望みを口にした。


 今更、止まることなど許されず、いくら嘆いても仕方がないのだ。

 私に出来る事をするしかない。


 ならば一緒に手を汚そう。

 この人が背負う重荷を少しでも減らすために、私が血に塗れるのだ。


 そして、そのためには力が要る。どうしても強くなりたい。



 ◇



「気をつけてな、フェンミィ」

「はい、大魔王様もお気をつけて、行ってきます」


 私は大魔王城から旅立つ。

 ワルちゃんは馬車を用意してくれると言ったが、断わった。

 満月が過ぎたばかりなのだ、今ならシャムティア王国を一日で横断できる。


 今すぐにでも強くなりたい。

 こうして居る今も、あの人は苦しんでいるかもしれないのだから。



 ◇



 こんなに走ったのは生まれて初めてだ。

 さすがに疲れてヘトヘトだった。


 私は夕方には、目的地へとたどり着いていた。

 そこには草原が広がり、軍隊のテントが見渡す限り設営されている。

 ここはシャムティア王国の南端、人族の国家と国境を接する最前線だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます