第六十三話 背負うべき代価

「こっちにも生存者だ、ゼロノ、頼む」

「はいは~い」


 戦闘形態の俺が瓦礫がれきをどけ、その下から重傷の人獣族を掘り出してそう言うと、ゼロノがやって来て応急処置を施してくれる。


 俺達は爆撃で出来たクレーターの周囲で、生存者を探し回っていた。

 敵の魔法治療師は後衛部隊に居た為、本格的な治療魔法が使える者はゼロノしか残って居らず、彼女は大忙しだ。


 今回、奇襲してきた敵は、情報通りリザードマンの大国ガガギドラだ。

 そして、その方法は転移用のゲートを魔法で作り出すという、この世界の常識を覆すものだった。


 ゲートを提供したのはなんと奴隷商人ギルドらしい。

 そんなギルドが存在する事すら初耳だったが、奴隷の首輪もそこが製作し、安価で販売していると聞けば納得だ。

 魔法の技術に優れたギルドなのだろう。


 しかし、シャムティア王国にも同じ事をしていたが、たかが商人のギルドが、大国を敵に回すような事をしても平気なのだろうか?


「大魔王様、ここにも生存者が」


 獣化したままのフェンミィが、瓦礫がれきを退けてそう言った。

 耳と鼻が良い獣人達数名にも手伝ってもらっている。


「ゼロノ、頼む」

「はいはいっと」


 救出されたのは今度も小さな人型の獣、人獣族の奴隷魔術師だ。


 今回の敵兵力は総数約一万三千人で、なんとそのうち七千人以上が奴隷兵士だった。


 特に後衛が顕著けんちょで、三分の二以上が奴隷の首輪を付けていたのだ。


「……畜生」


 気分が悪い。

 これが普通の兵士なら、彼らも覚悟の上なのだと割り切れた。

 だが奴隷は違う。


 命令には逆らえず、無理やり戦場に連れてこられた者達だ。

 そして、俺はそれをまとめて殺した訳だ。


 気分が悪い。

 大魔王国の行方不明者四名も未だに消息が分からない。


 俺のセンサーが大きな石の下に微弱な生命反応をキャッチする。

 慎重にその巨石を持ち上げると、かろうじて生きている人獣族が居た。


「ゼロノ、こっちも頼む」

「ちょっと待って」


 俺はダークエルフの魔術師を呼ぶが、まだ前の応急処置が終わらないようだ。


 目の前で瀕死の人獣族は、両足を巨石にすり潰され、毛皮の腹が裂けて内臓が飛び出ている。

 もちろん奴隷の首輪を付けており、どうやら女性のようだ。 


「痛みを遮断しろ」


 俺は人獣族にそう命令する。

 奴隷の首輪は想像以上に支配力が強く、こんな無茶な命令すら通ってしまう。


 俺はその上で、潰れた足をレーザーで切断する。

 足の出血は止まったが、腹の傷は俺では対処出来ない。


「し……死ねな……い、私が死……んだら……子供達……が……」


 人獣女性が消え入りそうな、か細い声でつぶやく。


「ゼロノ、まだかっ!」


 俺の語気が荒くなる。


「ちょっと待ってってば、怒らないでよ」


 くそっ、気分が悪い。

 国民全ての命がかかった戦争だった。

 手加減など論外だ。

 同じ状況になれば、俺はもう一度同じ事をするだろう。


 だが、それでも気分が悪いものは悪いのだ。


「畜生……まだかっ! ゼロノっ!!」



 ◇



「バン! 良かった、勝ったのだな」

「バンお兄ちゃん!」


 ワルナとサティが、まだ止まり切らない馬車から飛び降りて、出迎えた戦闘形態の俺に駆け寄ってくる。


 時刻は午後二時過ぎ、場所はあちこち破壊された城下町の城へ続く街道の上。

 国境に待機していた空白地帯で戦える兵士より、地方都市ナーヴァから出発した部隊の方が早く着いていた。

 大魔王国にダンジョンコアからの魔力が満ち、車馬の機動力が存分に発揮できた結果だ。


 リトラ侯爵家の保有する兵士と、ナーヴァに居た精鋭の混成部隊でその数約八百名。

 街道を埋め尽くすような数の馬車を、すぐに運用出来る機動力は、さすがとしか言い様がない。


「見事だ、まさかその人数で退けてしまうとはな」

「あ、ああ、ありがとう」


 ワルナはよほど心配してくれたのだろう、満面の笑顔だ。


「バンお兄ちゃん?」


 それに対してサティは不思議そうな顔をした後、俺にそのまま接近する。


「あ、待った……」


 またおでこをぶつけて文句を言うのかと思ったが、今回のサティは慎重で、戦闘形態の俺にそっと抱きついた。

 そして俺を見上げて言う。


「ね、だいじょぶ?」

「え?」


「サティがぬいぐるみにして、抱きしめてあげようか?」


 ああ、そうか、俺の心境なんか筒抜けだったな。

 この子に心配をかけるとは情けない。


「ありがとう大丈夫だ。今楽になったよ。サティのおかげだな」


 俺はサティの頭に、固くごつい大きな手をそっと乗せる。


「えへへ~」


 サティは嬉しそうに笑った。


 そうだな、俺が歩くと決めた道はこういうものだ。

 今更迷う事など許されまい。

 ならば不機嫌を態度に出すなどみっともないだけだ。

 この程度、無理やり押さえ込め。


「ワルナ、従軍している魔法治療師を集めてくれ。

 重傷者が沢山出ている。

 それと、探知の魔法が得意な兵士が居たら貸してくれ。

 それ以外は捕虜の監視を頼みたい」


「心得た」


 ワルナは力強くうなずいてくれた。



 ◇



「じゃあ人手も増えたようだし、私は帰るから。も~疲労困憊ひろうこんぱい、限界だわ」


 ダークエルフの魔術師ゼロノが、疲れた顔でそう言った。

 

「ああ、本当に助かったよ、ありがとう」


 もし彼女が居なければ、負けていたかもしれない戦争だった。


「貸しよ、貸しだからね。忘れたら嫌よ」

「もちろんだ、ちゃんと覚えておくよ」


 相変わらず執拗しつように念を押される。

 全く信用されてないな。


「じゃあね、大魔王様」


 そう言って軽く手を振った後、ゼロノは軽く浮いて、城下町の街道を滑るように飛んで消えていった。


「さて、捜索に戻るか」


 俺がそうつぶやいた時、一緒に捜索をしてくれていたガールルが言う。


「ね、大魔王様。結局、あの人は誰だったの?」

「え?」


 何言ってるんだ?


「ゼロノだよ、元大魔術師の元一番弟子。

 昨日の宴会で執拗しつように名前を売り込んでいただろ?」

「昨日の宴会で? あんな人居なかったと思うんだけど……」


 いやいや、けっこう会話してたじゃないか。


「大丈夫かガールル姉さん? 頭とか打ってないか?」

「姉さん?

 まあ、それは大丈夫だけど……ウルバウは覚えてる?」


 ガールルが、同じく捜索を手伝ってくれているウルバウに尋ねる。


「いえ、自分も記憶にありません。

 大魔王陛下、本日、開かずの扉前で出会ったのが初対面だと思いますが?」


 なんだと?

 俺は気になって他の獣人達にも聞いて回ったが、答えはガールルやウルバウと同じだった。


 待ってくれ、どういう事だ?


 俺の記憶が間違っているのか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます