第五十話 首輪の王女

「ああ畜生! 奴隷の首輪はマジで最低のクソだな! ふざけやがって!」


 突然現れて叫んだ俺に驚き、テントの中に居た、唯一の大人である太った中年男性が振り向く。


「ブヒッ、ばけも……ぶぎゅっ」


 俺は豚に似たその男の顔を、左手で掴む。

 あれ? これオークってやつか?

 人間とは思えないほど、豚によった顔をしている。

 いや、今はどうでも良い。


「いいか、俺の質問に答えろ。一言でも無駄な言葉を発したら殺す。嘘をついても殺す」


 首輪の性質を考えるならこの場合、『主人』に相当する人間の言動は警戒すべきだ。


「お前がこの少女達の主人なのか?」

「ふぁい」


 確定した、俺の左手が殺意を覚える。

 だが盗賊でも軍人でもなく、武器も持っていない相手を殺す訳にもいかないだろう。

 少女達に殺人を見せるのも嫌だ。


――サティ、こいつを動けなくする事は出来るか?――

――うん――


「ふごっ……ぐご~、ぐご~」


 豚中年の身体から力が抜けて、だらりと垂れ下がり、だらしないイビキをかきはじめる。


――どのくらい寝たままなんだ?――

 ドサッ


 俺は豚を地面に投げ捨てながらサティに尋ねる。


――一日は起きないよ――

――そうか、ありがとう――


 戦争に勝った後で連絡して、シャムティア王国に裁かせればいいだろう。

 俺は側の棚に置いてあった毛布を掴んで、ベッドへ向かい裸の少女達にかける。


――サティ、三人の首輪を無力化して欲しい――

――もうやってるよ、うん、三人ともだいじょぶ――

――おお、手際が良いな、助かるよ――

――えへへ~――


 どんどん要領が良くなっていくな。

 俺は感謝しながら王女殿下の首輪をつまむ。


「あっ、まっ」

 パキンッ


 指先に軽く力を込めると、首輪が壊れて外れる。


「あ、あれ? ……ですの?」


 淫らなポーズから解放され、自分の首を不思議そうに撫でるアムリータ王女。

 何度も、何度も、自分の首を触り、そこに首輪が無いことを確かめた後、全身の力が抜けたようにへたり込んだ。


「…………っ」


 王女が目を閉じ、自分の身体を愛しそうに抱いた。

 心から安堵したという感じの顔をしている。

 これは首輪の仕組みを知っていたな。


「すまん、一言断るべきだったな、奴隷の首輪は無力化してあるよ」


 俺がそう言うと、王女は驚き、非常識な物を見るような目を俺に向ける。

 もしかして、そう簡単に無力化出来ないような物なのだろうか?

 だが、サティにかかれば玩具同然のようだ。


 俺は他の子供達の首輪を外す為に手を伸ばす。


「ひっ」

「いやぁ、うっ、ぐすっ」


 後ろの子供達が後ずさり、声を詰まらせて涙ぐむ。

 あ、いかん、怯えられたか?

 子供を泣かす事にかけては定評のある、俺の戦闘形態だ。


「あ、ああ、そうだよな、怖いよな、ごめんよ、こんな恐ろしい化け物で。

 でもな、だからこそ俺はすっごく強いんだぞ。

 君達を絶対に助けて、守るから、その首輪を外させてくれ」


 俺はなるべく優しい笑顔を作って、なるべく優しい声でそう言った。

 そしてもう一度、子供達の首へと手を伸ばす。

 子供達はぎゅっと目をつぶったが、今度は逃げないでいてくれた。


 パキン、パキッ


 子供二人からも、忌まわしい首輪が外れた。

 やはり首を触って確かめている、うんうん良かった、君達は自由だ。


「だ、大魔王陛下! なにとぞお願い致したき儀がございますの」


 アムリータ王女が毛布をまとい、ベッドから降りて地に伏した。


「数々のご無礼を働いたこの身、不遜ふそんを重々承知しておりますわ。

 ですが、ナ、ナルスト士爵とわたくしの騎士が、同じく奴隷の首輪に苦しんでおりますの。

 なにとぞ寛大なる大魔王陛下のお力で、お救い頂きたいのですわ」


 プライドの高そうな王女が、騎士達の為に必死だ。

 悪くない。

 俺は彼女へ顔を上げるように促してから言う。

 

「アムリータ王女、君はそんな事をしなくても良いんだ。

 騎士四人は無事だ。

 ナルスト卿は重傷だが、たぶん命は助かると思う。

 もちろん、全員の首輪を外してあるよ」


 顔を上げた王女は大きな目を見開いていた。

 信じられないといった顔だ。無理も無いかな。

 俺は外の様子を探る。


「嘘じゃないよ。

 ちょうど良い、彼らはナルスト卿を担いでこちらに向かっている所だ」



 ◇



 アムリータ王女が無事な騎士四人と喜びあい、そして重傷の騎士ナルストを心配している。


――サティ、敵の状況はどうかな?――

――すっごく慌ててるよ、でも、どこから攻撃されたのか探してる人もいるみたい――


 そろそろ急いだ方がいいな。

 このまま全員を、その辺に置いてある馬車に詰めて運ぶか?


「大魔王陛下! 偉大なる陛下の此度の温情、このアムリータ、感謝の念に堪えませんですわ。ですが、ですが」


 俺が移動を考えていると、アムリータ王女とその騎士四名がひれ伏した。

 お礼も大げさだな。

 この状況だと、ちょっと面倒かな。


「か、重ねてお願いがございますの」


「厚かましく臆面も無きこの身を恥じるばかりでございますわ。

 それでも、シャムティアが、シャムティア王国が、このままでは滅んでしまいますの……なにとぞ大魔王陛下のお力で……お助けくださいまし……」


 最後の方は、消え入りそうな震える小さな声だった。

 今度は国の心配か、王女も大変だな。


 地に額を擦り付けたその姿は、恐縮しながらも一生懸命で、あの生意気さは影も形も残っていなかった。

 こうして見れば、大切な物を失う事に怯えるただの子供だ。

 しかたない、安心させてやるか。


「ああ、最初からそのつもりだ。

 それも任せてくれ。俺には頼れる仲間も居るしな。

 だから心配するな、もう伏せるのも止めてくれ」


 その言葉に、王女が顔を上げて俺を見る。

 だが、まだ不安そうな表情だった。

 

「そんな顔もすんな、大丈夫だよ」


 なるべく優しい声でそう言って、俺は王女の頭を撫でようと右手を出した。

 だが自分の手を見て思い出す、戦闘形態の手は大きくゴツくて硬い。

 これで撫でたら逆効果じゃないか?

 結局、ほんの少しだけ、その髪に触れる程度にそっと置いた。


「だ、大魔王陛下、かくだ……の温情、か、感謝のごとばっもございませんわっ、くっ」


 泣き出しそうなのに頑張って言葉を紡ぐアムリータ王女。


「お礼はいいから、泣きたいなら泣いとけ」

「ううっ、ぐす、そんな訳には、いきませんわ、ぐずっ、ぐずっ」


「ううっうわああ」「ううううわぁあ」


 アムリータ王女に影響されたのか、他の子供二人が泣き出した。


 あ、お供の騎士まで泣いてるよ。君達が泣くのはまだ早いだろうに……。



 ◇



「お帰りなさい大魔王様」

「お帰りなさいっす」


 俺は速度を落として、皆が居る場所に着地した。

 そして、担いでいた馬車を地面に下ろす。

 フェンミィとココが迎えてくれた。


 途中、速度を出しすぎて、屋根が吹き飛んだのだが事なきを得た。

 サティの幻覚で敵に見つかる事もなかった。

 リトラ家の軍用馬車よりもろいな、これ。


「怪我人が一人と裸の子供が三人居る、リトラ家の馬車に移して面倒をみてやってくれ」

「はい」「あいっす」


 俺はフェンミィとココに頼んだ後、一人作戦司令部状態となっているサティの所へ向かう。

 

「サティ、状況を教えてくれ」

「みんな大騒ぎで街の外を探し始めてるよ、剣で戦う兵隊さんも半分くらいは戻って来てるかな」


「城に向けられてる魔力はどうかな?」

「すっごい減ってるよ、もうお城が無くてもつり合うくらいかも? みんな街の外に魔法を向けてるから」


「ワルナはどうしてる?」

「もうすぐ帰ってくるよ」


――アラート タイガー オーバークロッキン――


 俺の脳内に機械音声が響く。

 自動防御システムが反応して思考加速装置が起動していた。

 だがこれは、ワルナの接近に反応したものだった。


『定速』


――リターン トゥザ レイテッド――


 思考加速を解いた俺の前に、暴風を伴いぬいぐるみ達を引き連れワルナが現れた。

 彼女の戦闘力は俺の予想を上回っており、サティと組んで、この大軍の約四分の一を完全な混乱状態におとしいれていた。


「戻ったか、バン。王女殿下は?」

「無事だよ、馬車の中だ」


「そうか、良かった」


 ワルナも気を揉んでいたようで、見て分かるほどに安堵していた。

 よし、潮時だろう。


「城へ向かう、二人とも馬車に乗ってくれ」

「分かった」

「うん」



 ◇



「行くぞ」


 中に居る皆に声をかけてから、俺は馬車を持ち上げる。

 人数が増えたので、特別に大切なぬいぐるみ以外はこの場に置いて行く事となった。

 あちこちに隠し、もちろん後で回収する予定だ。


 俺も馬車も、サティの幻覚がかかっているので見つかる事は無いが、念のため千メートル程の高度を取る。

 幻覚は効力を失ってしまうが、この高さならダンジョンの魔力を利用した攻撃は不可能だ。


 敵軍が溢れる王都の上空を進みながら、地上を観察する。

 指揮所を失った敵軍は、完全に迷走していた。

 軍によっては立て直す兆しも見えていたが、もう遅いだろう。


 俺達はシャムティア王城に着陸する。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます