第四十八話 奇襲攻撃

「あのメッセージは信じていいのか?」


 ワルナが馬車の中で人型の俺に尋ねる。


「ああ、何故シャムティアが滅ぶのか? 

 そして、俺達に何をさせたいのかは分からないが、信憑性しんぴょうせいは高いと思う」


 奴が意味も無くあんな嘘をつく筈がない。

 罠の可能性は低いと思うが、警戒だけはしておこう。


 俺達が乗った馬車は、一台だけでシャムティア王都へと引き返していた。

 リトラ侯爵は護衛の半分を随伴ずいはんさせようとしたのだが、むしろいざという時の小回りが利かなくなるので断った。


「バンお兄ちゃんのお友達なんだよね?」


 サティが俺に尋ねる。

 彼女の同行についてはかなり悩んだのが、本人の強い希望と、その強力な戦闘力を考慮して馬車へ残って貰った。

 これでサティは、遠隔操作したぬいぐるみだけの場合より、遥かに強い力が発揮できる。

 彼女の手を血で汚す可能性もあるが、背に腹は変えられない。


 ちなみにココも迷わずに参加を希望した。

 サティのモチベに関わるので、一緒に来てもらっている。


「友達とは違うんだよ、だが、悪い奴じゃない」


 復讐が最大の目的だったとはいえ、奴は正義のヒーローだったのだ。

 弱者が虐げられると、強い怒りを表す男だった。


「大魔王様と同じ世界から来た、改造人間なんですよね?」


 フェンミィは興味津々といった感じだ。


「ああ、そうだ。そして俺より確実に強い」


 あの再加速がある限り、俺に勝ち目は無いだろう。



 ◇



「いったいどこから、これ程の軍勢が現れたのだ?」


 暗視も可能らしい遠視の魔法を使って、ワルナがうめくように言った。


 王都の周囲に広がる穀物畑には、見える範囲だけで一万人以上の兵士が居た。

 全てが敵兵で、シャムティア王都に進軍している途中だ。

 都市のあちこちから火の手が上がっている。


「メイコ共和国の兵士だな。

 ここから見えるのは、ほとんどが後衛の魔術師部隊だ。

 この規模に見合う前衛、おそらく三万近い兵士が、既に王都へ侵攻しているだろう」


 ワルナは観察を続けながらそう言った。


 俺達は敵軍から三キロ程離れた場所で、街道の脇に馬車を隠して様子を探っている。

 約四時間かけてここまで戻った時、前方に大軍の気配を感じて停車したのだ。


 辺りは薄暗くなった午後六時過ぎで、ここまで物が焼ける匂いが漂ってくる。


「あの数の軍を動かすのは簡単な事じゃない。

 移動時間もかかるし、兵站も確保しなければならない。

 いきなりこんな場所に現れる筈がないのだ」


 納得がいかないといった感じで、ワルナは悔しそうだ。

 俺は彼女に質問をする。


「魔法で転移させる技術とか無いのか?」


 サティは瞬間移動の魔法が使える。


「私が知る限り、そんな非常識な事が出来るのはサティくらいだ。

 しかもあの数は無理だろう?」


 サティがこくこくとうなずく。


「シャムティアの軍隊は応戦しているのか?」

「ここから見る限りでは、その形跡はない。

 王都は広いからまだ接敵していないのかもしれない」


 俺は質問を続け、それにワルナが答えてくれる。


「シャムティアは負けると思うか?」

「今、王都に居る兵は、治安維持の衛兵を含めても三~四万というところだ。

 城の防御魔法は強力で、ここから見える規模が敵の全軍なら撃退できるだろう。


 だが、おそらくは、他の場所からも攻め込んでいる。

 敵兵がこの三倍も居れば勝つのは難しいな」


「なるほど、これはまず正確な情報が必要だな」


 だが今回の旅に、情報収集能力が高い俺の分身は連れて来ていない。

 大魔王国で歩哨として、あちこちに配備してあるからだ。

 戻って回収する手も無くはないが、その間にもし大魔王国が攻められたら取り返しがつかない。


「飛ぶか。上空から偵察してみよう」


 空も暗くなった、高度一万メートル以上なら、敵に見つかる事もないだろう。


「はいはい、サティもてーさつ出来るよ。せいれーつ」


 彼女の号令で、馬車から小さなぬいぐるみ達が飛び出してくる。

 全てが十センチ程のねずみで、約三十匹がサティの足元に並んだ。


「見てて、これを、こうっ」


 ねずみのぬいぐるみ達が一瞬で視界から消えた。

 俺のセンサーでもまったく探知できない。


「あれ? 瞬間移動させたのか?」

「違うよ、ほら」


 サティがそう言うと、俺の全身に張り付いた三十匹の小さなぬいぐるみが現れる。

 俺を登っていたのか、全然気がつかなかったぞ。


「これって……」

「うん、朝、あのやな人がやってたのだよ」


 一度見ただけで、騎士ナルストの幻覚も使えるようになったのか、サーカスの技と同じ様に。

 凄い才能だとは思っていたが、ここへ来ての成長速度が尋常じゃない。

 某ネコ型ロボットよりも頼りがいがあるんじゃないか?


「これで街の周りを見てくればいいんでしょ?」

「そうだな、頼むよ、二人で偵察してから作戦を立てよう」

「まかせて」


 小さなねずみのぬいぐるみが、俺の体から弾丸の様に散開したかと思ったら、その反応がセンサーから消える。

 よし、俺も行くか。


「臨戦」



 ◇



「総勢、約二十一万の大軍だと」


 ワルナがうんざりとした声でそう言った。


「ああ、王都を囲むように配置され、進軍を開始している。

 メイコ共和国以外の国も多数参加しているようで、見た事もない旗や鎧があった」


 俺達は約三十分をかけて偵察を行ない、その結果を報告する。


「王都内で、シャムティア軍の抵抗は全く発生していない。

 篭城する作戦なのだろうが、あと三時間もすれば二十万近い大軍に包囲されるな」


「たぶんお城から出られないんだよ」


 サティが、都市に兵士が居ない理由を説明する。


「たくさんの魔術師が、お城に向けて魔法を使ってるよ。

 王様達は、お城にかかってる魔法でなんとか頑張ってるけど、外へ出たらすぐやられちゃうと思う」


 なるほど、すでに魔力の攻防で敗北寸前なのか。


「あと、街の外は、魔術師ばっかだよ。剣で戦う兵隊さんは全部街の中かも?

 あ、でも偉そうな人が居る場所がいくつかあるよ」


 お、敵の指揮所を見つけたのか、いいぞ、素晴らしい偵察能力だな。

 俺も上空から、それらしい場所に当たりをつけておいた。

 答え合わせをしたが、サティの情報は俺より正確だった。


「ありがとうサティ。

 バン、インフルエンザは使えないのか?」


 ワルナがそれに期待するのは当然だろう、だが、


「残念だが即効性が無い。ジンドーラムでのあれがほぼ最短だ」


 一度占領させてから取り返すなら有効だが、王族や貴族が無事で居られるだろうか?

 あの生意気な第三王女の、俺を睨む顔が浮かぶ。


「う~ん、これはまいったな」


 ワルナが頭を抱えた。

 気持ちは分かるよ、どうすれば良いんだろうな。

 俺も考える。

 なにか無いか?

 今まで学んだこの世界の戦い方からヒントが得られないか? 


「あ!」

「どうしたバン? 名案が浮かんだか?」


 俺のひらめきに、ワルナが素早く食いつく。


「なあ、ダンジョン魔力を切り替えるのって、どのくらいの時間がかかるんだ?」

「王城地下のダンジョンの魔力を、切り替えさせる気か!?

 なるほど、そうなれば貴公に敵は無いか」


 焦りもあるのだろうが、ワルナの察しは良かった。


「詳しくは分からぬ、魔道具で王城と連絡をとってみよう」



 ◇



「駄目だな、反応が無い」


 ワルナが悔しそうに言った。


「なんとかならないか? サティ」


 俺は、困った時のサティ頼みをしてみる。


「う~ん、瞬間移動は出来ないし、ぬいぐるみも動けなくなると思うよ。

 すっごい魔力がお城のまわりに集まってるから」


 二十万を超える軍隊が相手なのだ、さすがに無理を言い過ぎたか。

 しかし、何をするにも敵の後衛が邪魔だな。

 俺達だけでなんとか出来ないか?


「サティ、さっきの姿が消える幻覚を俺にかけられるか?」

「うん」


「よし、撹乱しよう。

 幸いな事に、俺達は存在を知られておらず、敵の一番弱い場所を奇襲できる位置に居る」


 サティが敵の指揮所を見つけてくれた。

 それを全て潰すことが出来れば、大混乱するだろう。


 ただ王都は余りに広く、目標は広範囲に広がっていた。

 いくら超加速で移動しても六秒以上はかかる距離だ。

 時間をかけ過ぎれば、敵も超加速状態で対応してくるだろう。

 あの数とまともにぶつかれば俺達に勝ち目は無い。


「二手に分かれよう」


 俺の不安を察するように、ワルナがそう言った。


「速さが勝負だろう?

 近場は私が担当する。

 なに、魔術師だけの後衛など容易く蹴散らしてくれる」


「待ってくれ、指揮所には護衛として精鋭部隊が配備されているかもしれない」


 俺はワルナの安全を危惧した。

 彼女がかなり強くなったのは事実だが、一人では厳しいのではないか?


「サティのぬいぐるみ達がお姉ちゃんと一緒に行くよ。

 だから大丈夫。

 それに、たぶん見つからないよ」


 サティの幻覚は強力で、ぬいぐるみの援護も精鋭兵士に匹敵する。

 相手が俺達に対応する間を与えずに、全ての指揮所を潰したい。

 速度が命なのは事実だ。

 ワルナはかなり強くなっているし、サティと一緒ならいけるか?


「分かった、けれど無理だけはしないでくれ。

 俺にとっては、シャムティア王国より君達の方が大切だ」


「心得た」

「うん」


「大魔王様、私も行かせてください」


 フェンミィが真剣な表情でそう言った。

 けれど、彼女の戦闘力では厳しいだろう。


「すまないフェンミィ、君はここを守って欲しい。

 皆を頼むな」

「……はい」


「バンお兄ちゃん、これつけてって」


 サティが差し出したのはクマのぬいぐるみだ。

 ジンドーラムで俺を守って弾けとんだ物に似ている。

 受けとると、俺の手をよじ登り二の腕に抱きつくようにして落ち着いた


「よし、みんな行くぞ」


 俺達は、大軍の柔らかな喉笛に噛み付かんと出撃する。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます