第四十二話 王都へ

「バンお兄ちゃ~ん、サティも一緒に行っていいって」

「あっ、待った、サティ」


 ゴチンッ


「あいたっ、もうっ、バンお兄ちゃん硬い!」

「ご、ごめん」


 澄んだ早朝の空気に満ちた、リトラ侯爵邸の玄関前。

 俺に抱きついたサティが、自分のおでこを押さえて文句を言う。

 大魔王城から馬車を抱えて飛んで来た直後で、俺は戦闘形態のままだった。


「ああうっす、サティ様、大丈夫っすか?」

「うんっ、へーきだよココ」


 サティのおでこを撫でながら、ココが俺に軽く会釈する。


「おはようございますっす、大魔王様」


 お? 俺の呼び方が変わってるな。

 まあ、リトラ家で働くなら、その方が良いのかもしれない。


「くすっ、大魔王様、これを着てください」


 馬車から降りたフェンミィが服を手渡してくれたので、俺は物陰で人型に戻る。


「わーい」


 やり直しとばかりに、服を着た俺に抱きつくサティ。


「サティは、遠くにお出かけするの初めてだよ。

 すっごく楽しみ。 

 バンお兄ちゃんと一緒で嬉しいな」


 今回はたいした危険も無いだろうとの判断で、サティも同行する。

 正直かなり心強い。


「うむ、時間通りだな、バン」

「おはようございます、大魔王陛下」


 玄関からワルナとリトラ侯爵が現れた。


 このメンバーで俺達はシャムティア王都へと向かう。

 ウルバウは同行したがったが、大魔王国の留守を頼んだら素直に従ってくれた。


 他国の動きが不透明な状態で、大魔王城を空けるのは少し心配だったが、魔道具ですぐに連絡がつくようになってはいた。

 なにか有っても、俺一人だけならほんの数分で帰れる。


 商人に注文した大物も昨日運び終えた。

 分身を活用して、大魔王領の正確な地図も作ってある。

 そしてそれを、俺の脳内コンピューターにインプット済みだ。


 いざという時も、ある程度は防衛できるだろう。


「ねえねえバンお兄ちゃん、こっちの馬車に乗ろうよ、サティのぬいぐるみと一緒だよ?」


 サティが俺の袖を引く。


 今回用意された馬車の数は七台。

 全て車馬が引く大型の物で、まず護衛用が四台、物資の運搬に一台、俺達が乗る為に一台、そして残り一台がサティのぬいぐるみ運搬車となっていた。


 サティは本来乗る予定の馬車ではなく、俺とぬいぐるみ運搬車に乗りたいらしい。


「ねえサティ、そんな事言わないで、みんなでこの馬車に乗らないかい?」


 リトラ侯爵が、皆で乗る為に用意した馬車を指差す。

 

「いや、お父さんは嫌い」


 サティは、プイっとそっぽを向いた。

 あ、やっぱ嫌われてるのか、お父さん。


「いやぁ、お恥ずかしい。娘は人の心が読めるのでねぇ」


 俺の視線に気が付いたリトラ伯爵は、苦笑いで答えた。

 ああそうか、この人は腹黒いんだろうなぁ……。


「なら私もこちらですね」


 当然という顔でフェンミィも、俺と同じ馬車に乗ろうとする。


「私もそちらに乗せてもらおう」


 ワルナもぬいぐるみ馬車を希望した、当然ココも一緒だ。


「どうぞっす」


 そう言ったココが、ぬいぐるみ運搬車の扉をさっと開く。

 おお、凄いな、ココなのにそつが無い。


 本来この馬車は、鎧を着た男性が八人座っても余裕のある広さなのだが、中にはぎっしりとぬいぐるみが詰まっていて狭い。


 大量のぬいぐるみは、サティが望んだので同行する事になっていた。

 頼れる戦力で、馬車の護衛より当てになるだろう。


 ぬいぐるみ達は自ら動き、パズルのように固まって俺達の居場所を作る。

 だが、大人四人と子供一人が座るには少しだけ狭い。 

 

「これで長旅はちょっと辛いかな?」

「ならこうすればいいよ」


 ポンッ

「きゅっ?」


 広さを危惧きぐした俺を、サティが小さなぬいぐるみに変えた。

 どうやら問題は解決したみたいだ。


「愛しい娘よ、お父さんは寂しいよ」

「ふん、嘘ばっか」


 リトラ侯の大げさな嘆きを、サティはにべも無く切り捨てる。

 ほう、この人は別に寂しいとか思ってないんだ、成る程なぁ……。


「ははは、サティには敵わないなぁ。

 いいだろう、その編成で出発しよう。

 ああ、その馬車のぬいぐるみを、少しこっちの馬車へ移しなさい」


 リトラ候の提案で、俺達の乗る馬車にはゆったりとした空間が確保された。

 されたのだが、俺はぬいぐるみから戻してもらえなかった。



 ◇



「えへへ、いっしょに眠れるよ。嬉しいな、バンお兄ちゃん」


 王都までは馬車で二日かかるそうだ。

 俺達は、道中の街を治めている領主の館で、一泊させてもらう事になった。


 入浴と食事の間は人の姿に戻された俺だが、就寝前にはまたぬいぐるみにされていた。


「サティ様、明かりを消すっす」

「うん」


 ココが魔法の明かりを消し、客用の寝室が薄暗くなる。

 完全に真っ暗にならないのは、そういう仕様なんだろう。


「おやすみ、バンお兄ちゃん」


 寝巻きを着てベッドに寝ているサティが、俺を抱いて幸せそうに目を閉じた。



 ◇



「すう、すう」


 初めての長旅で疲れていたのだろう、サティはすぐに安らかな寝息を立て始めた。

 それからしばらくして、


「大魔王様……バンさん、起きてるっすか?」


 ココが小声で俺を呼んだ。


「きゅっ?」

「起きてるっすね」


 俺の反応確かめてから、


「バンさん、ああしはとても幸せっす」


 しみじみと、噛み締めるようにココがそう言った。


「なんか、バンさんに伝えたくなったっす。

 サティ様はすごく優しいっす、ああしを守ってくれるっす。

 でも、時々さびしそうっす。


 そんな時、ああしが側に居るのが嬉しいって言ってくれるっす。

 ああしなんかに抱きついて、大好きだって言ってくれるっす。


 ああしにこんなに幸せな日が来るなんて、夢にも思ってなかったっす。

 きっとどこかの路地裏で、ああしもゴミみたいになるんだと思ってたっす。


 あの日、バンさんがああしを助けて、誘ってくれたおかげっす。

 

 バンさん……


 ありがとうっす」


「きゅきゅ (そっか)」


 俺も嬉しいよ、なんかとても良い気分だ。

 よく眠れそうな気がした。



 ……ごそごそと衣擦れの音がする。


「それでっすね、やっぱりお礼がしたいっす。

 たぶん、ああし、初めて自分からしたいと思ったっす。

 バンさんは、ぬいぐるみプレイじゃないと興奮出来ないんすよね?」

「きゅきゅきゅきゅ (いやいやいやいや)」


 変な誤解が生まれているようだ。


 ぎしりっとベッドを軋ませて、ココが近づいてくる。

 たぶん全裸だ。

 俺はぬいぐるみにされているので、暗視など出来ない。


「きゅっ」


 俺は慌てて逃げようとしたが、ぬいぐるみの身体は鈍く非力で、簡単に捕まってしまった。

 そのままココの巨体に抱かれる。


 なにこれ? すごくエロい匂いで柔らかいんだけど?

 どこなの? ねえ、俺どこに押し付けられているの?


「きゅきゅー、きゅきゅきゅぐっ (サティー 助けむぐっ)」


 助けを呼ぶ俺の口は、大きな手にふさがれてしまった。


「しーっす」


 そう言ったココは手を離すと、今度はその形の良い唇で俺の口をふさごうとする。



「大魔王様は嫌がってますよね?」



「うおっす」 

「きゅっ」


 俺達のすぐ横にフェンミィが居た。いつの間に?


「たまたま通りがかりまして、変な音が聞こえたのでお邪魔しました」


 そ……そうなんだ。


「大魔王様、ここは危険です、私の部屋へ行きましょう。

 ココさん、大魔王様を返してください」

「あうっす……」


 ココは悪事がバレた犯人のような態度で、俺をフェンミィに手渡した。



 ◇



「もしかして、残念だったとか思ってます?」

「きゅきゅう (いやいや)」


 フェンミィに割り当てられた寝室で、俺は首を横に振った。


「そうですか」


 嬉しそうにフェンミィが笑う。


「じゃあ一緒に寝ましょうか。明かりを消しますね」


 フェンミィが俺を、その大きな身体で包むように抱きしめてベッドへ入る。

 

 う……柔らかくて良い匂い過ぎてエロい。変な気になりそうだ。

 とはいえ、この身体じゃなにも出来ないけどな……。


 これはこれで眠れない。



 ◇



「そろそろ王都が見えてくるぞ」


 翌日の午後、ワルナが窓の外を見てそう言った。

 馬車は王都へ向かう街道を爆走していて、周囲は見渡す限りの穀物畑だった。


「きゅきゅきゅきゅきゅう (しかし凄い規模の畑だな)」

「百万人分の食料を支えているからな」


 ワルナが俺に答えてくれる。

 俺を抱いたサティが、俺の言葉を翻訳してくれているので話は通じる。


 王都は百万都市なのか、さすがの大国だな。


「きゅきゅうきゅう……きゅ? (それは凄いな……ん?)」 


 畑を見ていた俺の視界に、なにかロボットの様な物がみえた。


「きゅうきゅきゅ? (あれなんだ?)」

「ん? ああ、農作業用のゴーレムだ」


 ゴーレムも存在するのか。

 よく見れば、畑のあちこちに同じ物が見える。


「きゅうきゅきゅきゅぅい、きゅうきゅきゅきゅきゅうきゅ?

 (人を見かけないけど、完全に無人化されているのか?)」

「ほぼそうだな。

 ゴーレムはダンジョンからの魔力を受けて、昼夜休まず働き続ける。

 人が行うのは、基本的にゴーレムのメンテナンスだけだ」


 完全に機械化された大規模農業か、場合によっては俺の元居た世界を凌ぐな。


「きゅきゅきゅうきゅ。きゅうきゅうきゅきゅきゅうきゅきゅ。

 (凄いなこの世界。単純労働から人が解放されるんじゃないか?)」

「シャムティア王国はこの手の魔法に長けているからな。

 だが、他国では未だに、奴隷による農業も盛んだ」


 奴隷ね。

 あんな便利な首輪があるなら当然か。

 だが、その割には、ナーヴァでは奴隷をほとんど見かけなかった。


「きゅうきゅきゅきゅうきゅきゅうきゅきゅきゅきゅうゅ?

 (ゴーレムの方が奴隷より効率は良いのか?)」


「そうだ。

 奴隷は、食事に排泄と睡眠、そして健康管理が必須で、その能力も均一ではないからな。

 ゴーレムだけでなく、ほとんどの仕事は魔法で片付けたほうが早い。

 故にシャムティア王国では、奴隷の需要は低いと言える」


 ダンジョンの魔力で、エネルギーは無尽蔵な世界だしなぁ。


「ただ、兵士だけは別だ。

 ゴーレムは簡単に魔法で無力化出来る上に、優秀な兵士は比較にならない程に強いからな」


 なるほど、俺はナーヴァ近辺のテント村を思う。


「基本的に奴隷兵士は捕虜で、身代金を払えない者がなる。

 ただ、武功を上げ、シャムティア王国に忠誠を誓うならば、恩赦により解放される事も多いぞ」


「きゅきゅきゅうきゅきゅ、きゅうきゅうきゅ

 (よく分かったよ、ありがとう)」


 そして俺達は、シャムティア王都へと辿り着く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます