第四十一話 完璧な奴隷

「大魔王陛下、こちらが今回の納品伝票でございます」


 見覚えのある商人ギルドの役員らしき男がそう言って、うやうやうしく両手で持った封筒を差し出す。


 よく晴れた春の午後、大魔王城の前庭には、鳥馬が引く四頭立ての馬車が多数連なっていた。

 ナーヴァの商人ギルドから、注文した品の一部が届いたのだ。

 注文してから十三日しか経っておらず、予定より早い納品だった。


「すいませんね、こんな魔力の空白地まで」


 俺はギルド役員から封筒を受け取り、中身を確認する。


「とんでもございません。

 これ程までに大きな御取引をうけたまわれるのであれば、地の果てまでもまいりましょう。

 ですが陛下、事前にご連絡を差し上げましたかと存じますが、最大の品物だけは、強力な魔法を使わねば運搬することがかないませんので、こちらへお運びする事が出来ません」


 確かに数日前に来た使者から連絡を受けていた。まあ当然だろう。


「問題ありません。俺が後で取りに行きますよ」


「陛下にご足労をおかけ致しまして、誠に申し訳ございません」 


「いえ、元々無理な注文ですから」


 うやうやしく頭を下げたギルド役員に一言かけてから、俺は荷運びを手伝いに行く。


 あれ? なんか小さいモフモフがいっぱい居る。

 一瞬、獣人族の子供達が獣化して手伝ってくれているのかと思ったが、今の月齢は六前後なので有り得ない。


 列を作り荷物を運搬していたのは商人ギルドの人足で、彼らは二足歩行する人型の小さな獣だった。

 人間の半分ほどの身長、全身が毛に覆われており、動物と人間の中間みたいな容姿をしていた。

 重い荷物を軽々と運び、見かけによらず力持ちだ。


「あれは……」

「ああ、人獣じんじゅう族だよ大魔王様」


 既に荷運びを手伝っていたウミャウおばさんが、俺の疑問に答えてくれた。


「人獣? 獣人とは違うんですか?」

「全く別の種族だよ。

 月の影響を受けはするが、あたし達程顕著けんちょじゃなく、月齢で変身したり出来ない。

 身体は小さいけど、体内で作る魔力の量はリザードマンよりも多く、ダンジョンからの魔力は利用できない。

 だから、こうした魔力の空白地ではよく使役されてるね」


「使役……ですか」


 人獣達は全員、黒い首輪を付けていた。


「あの首輪って、もしかして?」

「ああ、奴隷用の首輪だね」


 奴隷制が有るのかぁ。

 ナーヴァの街では一度も見かけた事が無かったから、奴隷制がある事に気が付かなかった。


 良い気分はしないが、人獣達に脅されたり強制されている気配は無い。

 魔族の商人よりも遥かに人数が多い上に、人獣は腰に短い剣すら帯びていた。

 魔力の空白地における護衛も兼ねているのだろう。


 これで反乱が起きていないのだから、扱いも悪くないと思われる。


 それにしても、なんかジャッジ時代の自分と重なって、悲しい気持になるなぁ。

 まあ昔の俺よりずっとマシみたいだが。


 ともかく、今、俺が干渉すべき事ではないだろう。

 他国の制度に口を出す余裕など皆無だ。

 とっとと運んでしまおう。


「ところで大魔王様、フェンミィはどうしたんだい?」


 いつも俺の側に居る彼女が見当たらないので、ウミャウおばさんがそう尋ねた。


「午後から休みたいと言われたので許可しました」

「あの子がかい? 珍しいね」


「そうなんですよね」


 気がかりだ。

 あれから何度も大魔王城の地下へと足を運んでいるが、ベルトの手がかりは見つかっていない。


 荷物を運び終えたら、フェンミィの部屋を訪ねてみよう。



 ◇



「……うう、くっ、くうう」


 フェンミィの部屋へ向かう俺の耳に、うめき声が聞こえた。

 微かな音だが、改造人間の聴覚はそれをはっきりと判別した。フェンミィの声だ!


 まさかベルトが?


 俺は走り出し、ノックもせずにフェンミィが居る部屋のドアを開け放つ。


「大丈夫か! フェンミィ!」


「へっ?」


 フェンミィは裸だった。


「……」


 一瞬の硬直の後、

 

「へ、平気です大魔王様、耳と尻尾を引っ込めようとしてただけですから……」


 フェンミィが両手で身体を隠して俺に背を向けた。

 顔が真っ赤で、尻尾がブンブン振れている。


「ご、ごめんっ」


 俺は慌ててドアを閉めた。



 ◇



「服を着ました。入ってもいいですよ」


 フェンミィの声で、俺はドアを開けて部屋へ入りなおす。


「悪かった。ごめん。本当に」

「いいえ、心配してくれたんですよね? 嬉しいです」


 フェンミィがそう言って笑った。まだ顔が赤い。


「その、明日は王都へ出発するじゃないですか?

 だから、これをなんとか引っ込められないかと思いまして……」


 両手で自分の両耳をつまんだフェンミィは、とても恥ずかしそうに軽くうつむいて、上目遣いで俺をみる。


 そう、先週、リトラ侯爵から正式に日程の打診があり、いよいよ明日、俺達はシャムティア王都へ向けて出発する。


「結局、新月になっても引っ込まなかったので、もうどうしたらいいのやらで……」


「体調は? 違和感とかないかい?」

「見た目以外は万全です」


 俺の心配に、フェンミィは元気にそう答えた。


 

 ◇



 フェンミィの様子を確認した後、

 俺は大きすぎて運べなかった品物を受け取るために、地方都市ナーヴァを目指して飛んでいた。


「ん? あれはなんだ?」


 ナーヴァの街が目前に迫った頃だった。

 眼下に広がる牧草の生えた緩やかな丘に、大量のテントが設営されていた。 

 そこで一万人くらいの人間が生活している。


 なぜ街の外にこんな物が? 戦争で難民でもでたのか?

 だが、ここは戦場からは遠い。


 速度を落として観察すると、巨大なテントに巨人が居た。

 おお居るんだ巨人、でかいぞ、二十メートルはあるんじゃないか?

 アニメのロボット並みだな。


 あれ? 巨人が武装しているぞ。よく見れば他の人間も武装している。


 もしかして、これはシャムティア軍の増援なのか?

 いやしかし、スパイを相手にするには多すぎないか? 

 まさか、戦争の準備とか? ならば想定される敵は?


――アラート タイガー オーバークロッキン――


 もの凄く嫌な想像をした俺の、自動防御システムが反応していた。

 テント村から少し離れた場所に、超加速状態で戦っている者達が居る。


 俺はそこへ近づきながら確認する。

 ワルナだ。

 彼女が五名の兵士を相手に、超加速状態で戦っていた。


 相手が着ているのはシャムティア正規軍の鎧で、おそらく訓練かなにかなのだろう。

 だが万が一もある、俺は警戒しつつその戦場に急いだ。


 その間に確認する。

 ワルナの移動速度が上がっていた。

 俺のそれにはまだ及ばないが、それでも、そう見劣りしないレベルまでに速くなっている。


 以前に比べれば格段の進歩だ。

 凄いな、まだこんなに伸びているんだ。


 俺の接近に気が付いたワルナが、練習相手にハンドサインを送った。

 ワルナと練習相手が思考加速を解いたので、俺も普通の時間へと戻る。



 ◇



「うむ、訓練で間違いないぞ」


 ワルナが俺に説明してくれた。


 俺は服を持っていないので戦闘形態のままだ。

 心なしか他の兵士達が引いている気がする。


「中断させてしまったな、すまない」

「なんの、バンは私の危機かと思い来てくれたのだろう?

 むしろ礼を言わせてくれ」

 

 彼女は笑った、良く見ればあちこち怪我をしている。

 鎧も傷だらけだ。


「頑張っているんだな」

「ああ、力不足を痛感したからな。

 私は貴公の隣で戦えるような者になりたいのだ」


 ワルナは照れも無くそう言った。

 相変わらず真っ直ぐで眩しい。


「そうか、邪魔をしないように俺は行くよ……あ!」


 その場を去ろうとした俺は思い出す。

 テント村について尋ねる良い機会だろう。


「すまないワルナ、その前に教えてくれ。

 街の外にテントを張って生活している集団は何だ?」

「ああ、シャムティア軍の増援だ」


 予想通りの答えだが、どうしても気になる事がある。


「なんの為に? いや、何処と戦う為の増援なんだ?」


「……成る程、そうか。

 これは配慮が足りなかったな。

 あれは別に大魔王国に侵攻しようとしている軍ではない」


 俺は、ほっと胸をなでおろす。

 よく考えれば、そんな事態になる前にワルナは警告してくれるだろう。


「あれは、大魔王国に他国が攻め込んだ場合の備えだ。

 明日、貴公は王都へ向けて出発するだろう?

 国王からは軍事同盟の話が出る筈だ」


「シャムティア王国はもうそこまで考えてるのか。

 だが、ということは大魔王国に侵攻を考えてる国があるのか?」


 大魔王国には情報収集能力がほとんど無い。

 正直、リトラ侯爵家が頼りなのだ。


「私は具体的に知らされていないが、恐らくそうだ」

「魔力の空白地なのにか?」


「そうだ、例えばテントで暮らしている増援部隊は、全て魔力の空白地で戦う事ができる種族だぞ」


 なんだと?


「この一万からの兵士が、全員か?」

「そうだ」


 ワルナが頷く。

 俺は自分の認識が甘かった事を悟る。


「他の国も、同じくらいの戦力を投入できるって事か」


「場合によってはな。

 だが、シャムティアがこれ程の数を揃えられたのは、最近の事だ。

 ジンドーラム王国を覚えているか?」

「もちろん」


 忘れられる筈も無い。


 ワルナは話を続ける。


「ここに居る増援部隊は、全て元ジンドーラム王国の兵士だ。


 あの国は戦争中、ダンジョン魔力を人族用に切り替える作戦を立てていたそうだ。

 その為に、人族の兵士と、ダンジョン魔力が無くても戦える兵士を多数保有していた。


 貴公の所為で作戦は失敗、兵士は全てシャムティアの戦力になったがな」


 あの国王はそんな事を狙っていたのか。


「お、増援部隊が演習を始めるぞ」


 ワルナが指差す先で、一万の兵が二手に分かれて対峙していた。

 司令官の一声で、一糸乱れぬ模擬戦を開始する。


「ずいぶん練度が高いんだな、元はジンドーラム王国の兵士なんだろ? こんなに簡単に、他国の為に戦えるものなんだな」


 しかもあの数だ、反乱とか起きないのだろうか?

 俺の疑問にはワルナが答えてくれる。


「元々ジンドーラムでも奴隷兵だったからな。

 首輪のおかげで、主人として登録されてしまえば言う事を聞かざるを得ないのだ」


 え? どういうことだ? 奴隷兵? この兵士達は全て奴隷なのか? それに……


「首輪のおかげ?」


 言われてみれば、テント兵達は全てが黒い首輪を付けていた。

 人獣族の人足と同じ様な首輪を。


「ああ、奴隷の首輪をつけられた者は、登録された主人に逆らえなくなるのだ」

「なに?」


「具体的に言えば、


 一つ、主人に危害を加えてはいけない。


 二つ、主人の命令には絶対服従しなければならない。


 三つ、前二項に反しない限り、自分の身を守らなくてはならない。


 というものだ」


 なんだそれ!?


 何モフの何三原則だよっ! アシモフ博士に怒られろっ!!


 ……いや、語源を考えればロボットでも合ってるのか?

 悪魔のロボット三原則だな。


 頭痛がする。


 そりゃ商人だって人獣族を少数で管理するし、武器も持たせるだろうよ。

 そもそも反乱の心配が無いのだ。


 奴隷制度を磐石ばんじゃくにする最悪の発明だった。


 奴隷の首輪は、人を単なる道具に変える物だ。

 絶対に逆らえないから、いくらでも雑に扱える。

 監視の必要すら無く、自殺も出来ない。


 完成された完璧な仕組みだった。クソくらえ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます