[26]

 翌朝、捜査会議が終わった後で、幹部席の電話が鳴っていた。真壁が受話器を取ると、相手は京都からかけてきた桜井だった。その声は得意げに弾んでいた。

「香里を見つけた。当人に会ったぞ」

 ちょっと間を置いて「しかし、うっとうしい話だ」と沈み、「ファックス、送っといたからな」と付け足した。

 諸井邦雄は、新山香里と5年前まで関係があった。諸井が一方的に入れ揚げてときどき金を貢いでいたという。諸井は男前でもなく気風がいいというわけでもなく、偏執的なところがあって、香里は好いていなかったが、面倒を避けて適当に付き合っていた。5年前、香里に別の男が出来て一緒に東京に出た時に、諸井との関係は自然消滅した。そこでまた男と別れ、そのあと数人の男と付き合った後、クラブなどで稼いだ金がたまったので、旅行を計画した。

 そして、いいかげんに飽きていた仕事先には内緒で、1月18日から2週間のハワイ旅行に行った。ハワイから日本に戻ってくると、京都の実家から老母の具合が悪いという連絡があったので、京都に帰ったついでに、そのまま実家に居ついているということだ。

 香里は1月17日の夜に、諸井から電話があったことを認めた。諸井がどうしても会いたいというので、午前1時半ごろに手が空くから東京芸術劇場の横で会おうと言ったが、そこへは行かなかった。事件のことは知らなかったと供述した。

 開渡係長が京都から送られてきたファックスを淡々と読み上げる間、真剣に耳を傾けていたのは、清宮だけだった。やがて溜め息をつき、「女もいろいろだな」と呟いた。

「そうよ、お前も結婚を決める前にとっくり考えろよな」

 馬場がニヤニヤしながらそう言うと、杉村が「でなきゃ、田淵の二の舞だ」と鼻先で付け足した。

 この日の十係は組対の様子見という感じだった。昨夜、《ニューワールド企画》で逮捕された連中は警視庁で組対が取調中で、沢村の聴取は所轄に任せていた。池袋の捜査本部は総出で地取りに当たったが、真壁は津田を連れて向かったのは国会図書館だった。

 諸井と三谷が読んでいた週刊誌は「週刊新陽」。真壁はそれと他社を合わせて4種類の週刊誌をそれぞれ三か月分申し込み、津田と一緒に閲覧室に運んで読み始めた。諸井が普段なら読まないはずの週刊誌を持っていた理由が、出会い系サイトの広告の以外にもあったのではないか。真壁は漠然とそんなことを考え、雑多な週刊誌をめくっていると、2か月前の「週刊新陽」にこんな記事があった。

 見出しに『欠陥マンション・手抜き工事か?』とあり、『今回、発覚したのは大手ゼネコン会社である城之内建設(株)が、横浜区青葉台で施工した15階建てマンション。合計90本の杭が硬い岩盤まで到達しておらず、建物の強度が不足している疑いが浮上した』という内容だった。

 津田に他の週刊誌も確認させたが、似たような内容の記事は載っていなかった。「週刊新陽」の単独スクープということか。事件との繋がりを考えれば、諸井が東京で向かった出張先の一つが城之内建設だったということだけだった。真壁は一応、記事の署名にある記者の名前をメモに記した。

 調べものを終え、津田を署に帰すと、真壁は旗の台の東都大学に向かった。昨夜に逮捕した沢村が着けていた指輪の鑑定結果を、岡島から聞き出すためだった。

「凶器だとは、特定できないねえ」

 岡島は、飄々と首を横に振った。

「傷口のサイズは合ってますが、この指輪でなければ出来ない傷だとは言えませんねえ」

「そうですか・・・」

「はい、先生。コーヒー」

 カップを2人に手渡してきたのは、奈緒子だった。真壁はひとまず幼馴染の存在に驚いたが、気を取り直して「おまえ今、仕事中じゃないのか?」と言った。

「いいの、この時間は非番だから」

 奈緒子は空いている椅子に座り、テーブルの上にあるクッキーを齧り出す。

「マーちゃんも食べる?」

「いや、いい」

 岡島は話を続けた。

「その指輪の持ち主が犯人だという証拠がもう一つぐらい挙がったら、指輪はたしかに凶器であったと言えるかもしれません」

 岡島の弁は当を得てはいたが、その『もう一つの証拠』が容易でなかった。指輪の持ち主である沢村は薬物の使用、器物損壊などで取調を受けていたが、まともな供述は取れていなかった。所轄の刑事課長によると、1日の半分はクスリをやっていて、その間は全く何も覚えていないと供述するばかりで、釈放するしかないという。

「先生、どうして指輪が凶器だと特定できないの?血痕とかないの?」

「血痕はあるんだけどね・・・」

「ヒトの血だと断定できるほど、サンプルがない。証拠にならない」

 そう言ってコーヒーをひと口ふくむと、真壁は「うまいな」と呟いた。

「奈緒子ちゃんはインスタントでも、淹れるのがうまいんですよ」岡島が言った。

 奈緒子がしたり顔で、口許を緩めている。幼馴染にこんな特技があったのかと思い返そうとして、真壁はジャケットに入れていた携帯電話が震えていることに気づいた。

「真壁、悪く思うなよ」

 組対の猪俣からの電話だった。昨夜、《ニューワールド企画》で大穴を当てた代わりに、捜査一課の穴を潰した男の声は上機嫌だった。

「代わりに、証拠写真全部見せてやる。そうそう、スプーンも回収したぞ。写真もバッチシある。取りにこいよ」

「容疑者全員に会わせてください。そうじゃないと、釣り合いません。今から行きます」

 真壁が携帯電話を閉じると、奈緒子が「もう行っちゃうの?」と言った。真壁は黙ってうなづいて席を立つ。奈緒子も腰を上げ、ふいに真壁の首元に手を伸ばしてきた。

「何だ?」

「ネクタイが曲がってるの」

 首元がきゅっと締まる。奈緒子に「ありがとう」と礼を言い、真壁は大学を出た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます