[20]

「なぁに、じろじろ見てるのよ」

 真壁の隣に座る女がそう言いながら、真壁のシャツを強く引っ張った。

 そのせいで、ジーンズの腰からシャツの裾がはみ出した。わざわざベルトを外してシャツをたくし込むのも面倒になり、ついでに全部をベルトの上に引っ張り出した。

 その仕草を見ていた女が、快活な声を上げて賑やかに笑った。

 L字型のカウンターがあるだけの屋台は、客が五人も入れば一杯になるほど手狭だった。防寒用の透明ビニールの内側はおでんの鍋から湯気が立ち込め、客がばか笑いをあげている。騒然とした店の中で、真壁は声を張った。

「飲みすぎじゃないのか」

「何言ってるの?明日は非番なの。それより、こんな再会、乾杯しないでどうするの?ほら岡島先生、乾杯しましょ!カンパーイ!」

 岡島や一緒にいる学生も、女の音頭で「カンパーイ!」と声を上げる。もう何度目かの乾杯か数えるのも野暮のように思えた。木製のカウンターの上には、空になった日本酒の熱燗が数本。岡島が酒臭い息を吐きながら、ニヤニヤ笑う。

「いやあ、まさか奈緒子ちゃんの幼馴染が真壁さんだったとはねえ」

 2人の関係は一般的に言えば幼馴染になるだろうが、真壁自身は腐れ縁だと思っていた。石崎奈緒子とは2人の地元、新潟で実家が隣同士だった。小学校から高校まで同じ学校に通い、周囲から許婚だと散々からかわれたのは苦い思い出だった。

 再会は偶然だった。真壁が大学の食堂に顔を出したとき、歓迎会はお開きになっていた。すでに酔いが回って赤い顔をした岡島が「本日のスペシャルゲスト」と言って、食堂にいた法医学教室の学生や大学の事務員、数名の看護師らに真壁を紹介した。看護師の1人が声を上げる。

「マーちゃんじゃない!」

 思わぬ声の主に、真壁は茫然とその場に立ち尽くした。岡島は真壁の驚いた表情を見て、「これはもう二次会は決定だね」と満面の笑みを浮かべて言っていた。

 二次会の参加者たちは肩を並べて『旗の台東口通』と看板のかかる商店街に入った。パブや小料理屋がひしめく駅前のアーケードは、明かりが輝きを増して見える。いま真壁たちが入っているのは、雑居ビルから張り出している屋台だった。

「何食べる?」奈緒子が言った。

 カウンターの隅に貼られた紙のメニューを見やり、真壁は「大根」とだけ答えた。奈緒子がカウンターの中にいる老店主に大根を注文する。お猪口を渡して日本酒を注ごうとする奈緒子を、真壁は「仕事中だから」と言って止める。

「ねえ、今どんな仕事してるの?こんな時間まで残業?」

「そんなとこだ」

「そんなこと言って。嘘が下手ですね」岡島が笑い出しながら言った。「こんな時間まで、事件の捜査だったんですか、真壁刑事」

「事件?捜査?」

「真壁さんは、警視庁の刑事なんですよ」

 ひとしきり奈緒子が驚いた声を上げる。高い金属的な耳に障る声だった。また全員で乾杯を上げる。真壁は「静かに」と言う風に、口に指を1本当てた。

奈緒子が興味津々に、訊いてくる。

「この近くで起こったの?どんな事件?」

 真壁は苦笑を浮かべ、店主から大根の関東煮を受け取る。

「新聞読めば分かる」

 岡島が「池袋のあの事件は・・・」と助け舟を出す。

「池袋?あの、サラリーマンの人が殺されたって事件?マーちゃんが捜査してるの?」

「岡島先生・・・」真壁は低い声を出した。こんな屋台でも事件の話はご法度だが、酩酊した岡島にはどこ吹く風のようで、いつになく饒舌だった。

「犯人の目星はまだついてないでしょう?」

「ええ」

 充分に煮えて柔らかくなった大根を箸で切り分け、口に運ぶ。

「犯人が誰かわからなくとも、その行動はある程度まで予測することはできます。犯人は被害者にあれだけの傷を与えてるのだから、当然、返り血を浴びてるはずです」

 真壁は黙ったままうなづいた。頬がせわしなく動いている。口に入れた大根が熱くて答えられなかったようだ。

「犯人は血の付いた衣類をどうしたと思います?」

「着替えるしかないと思うけど」奈緒子が口をはさむ。

「そうです。じゃあ、どこで着替えますか?」

「駅やコンビニのトイレ、ホテル、ネカフェ・・・」

「知り合いの家か、アパートか」岡島が言った。

 岡島が言外に指しているのは、犯人に協力した者がいたのではないかという点だった。犯人が血の付いた衣類を着たまま、人目につきやすい駅やコンビニなどのトイレに入って、他の衣類に着替えたとは考えにくい。何者かが、犯人に衣類を着替える場所を提供した。その何者かは、血の付いた衣類を処分したかもしれない。

 これまでの捜査で考慮されていなかった点かもしれない。それを認めるのはやぶさかではなく、冷えたウーロン茶で大根を喉に流し込むと、真壁は素直に岡島に頭を下げる。

「調べてみる価値はあると思います」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます