[7]

 真壁も津田も足元は革靴だったが、靴音はない。代わりに未だ明けない夜陰の物音が、鋭敏に身体に伝わってくる。

「あの・・・」津田がおずおずと声をかける。

 真壁は指一本、自分の口に当てて『静かに』と示した。

 建物の静寂には、それなりの物音が必ずひそんでいる。建物に通っている電気のかすかな唸り。地下の下水道の音。それらを貫いて、彼方から届いてくる音もある。24時間絶えることのない都市の物音だ。車や電車の騒音は、雪のせいでいくらか遠く聞こえる。人間の立てる喧騒は未だない。

 空気と街の臭気は、今朝は雪に吸い込まれてしまったかのようだ。ガソリン、調理油、埃とゴミとコンクリート、濃厚な人間の体臭、整髪料、化粧品。早朝の一時、それらの臭気が薄れて、木と土の臭いがわずかに感じられた。

 眠気が耐え難くなって、真壁は路傍のゴミ箱に腰を下ろす。眼を上げると、遠くにサンシャインシティの灯火が見えた。ジャケットからタバコを取り出し、箱を振って1本だけ口にくわえると、津田に振って見せた。

「吸うか?」

「いえ、僕は吸わないです」

「そうか」と呟き、マッチで火を付ける。「この辺の地理、分かるか?」

 津田は首を横に振る。

「適当に歩いてみるか」

 ボタン雪に包まれたビルの谷間を、2人はゆっくりと歩を進めた。どちらの眼も休みなく四方へ走り続ける。頭の雪を手で払いながらの朝の散歩だった。

 学習院の近くまで進んで、出会った人間は1人。ベンチに坐っていたその男は、真壁たちの姿を見るやいなや、やはり走り出した。また真壁が走る。

「止まれ!」

 今度は逃げられた。夜目に顔貌までは定かではないが、足が長く腰が大きい体躯は日本人ではなかった。

 また東口の前に来ると、時刻は午前6時半。まだ暗い。電車の音が響いている。現場近くの道端で散らかったゴミを拾い、鑑識に回すべき資料かどうか確かめ、捨てる。真壁がプラスチック製の小さなスプーンを1つ拾った。津田はビニール袋を拾い、袋を開いて臭いをかぎ、ゴホゴホと咳き込んだ。

 真壁はスプーン1つ、手にちょっと辺りを見回す。アイスかプリンの空き容器が落ちていないかと思ったが、容器らしき物は何も落ちていなかった。近くにはゴミ箱もない。スプーン1つどうということはないが、真壁はそれをハンカチに包んでポケットに入れた。

 真壁と津田はさらに2時間歩き、2回往復して午前7時半には、現場に戻った。すでにどんよりと明けた空に、雪がかかって灰色だ。

 通勤ラッシュが始まっている。現場にはチョークの跡が残っているだけで、立ち番の巡査が1人立っている。

 真壁がコンビニで買ってきたパンと牛乳を、西口交番の奥の休憩室で食べた。さっさとパン1つ食ってしまうと、真壁はタバコを吸った。津田は食欲がないのか、小さな口でぼそぼそ食っている。

 真壁の頭は未だ空っぽだった。千の死体には千の事情があるといっても、今の段階で、考えることは何もなかった。あと半時間ほどで始まる初回の捜査会議でも、たぶん状況は変わらないだろう。解剖の結果が出て、聞き込みの成果が少し上がってくる今夜には、少しは進展もあるだろう。

「おい、津田」年配の巡査が顔を覗かせる。「お前、署に戻れ」

「何でですか?」

「本部に人手が足らんらしい。しっかりやれよ」

 津田が青い顔になる。真壁はタバコを灰皿に押し潰し、「巡査になったの、いつだ?」と聞いた。「今年の春です」という返事。

 壁にかけられた時計が、午前8時を示していた。真壁は暗澹とした思いで、腰を上げた。

「署に戻ったら、制服は脱げよ」

 第1回目の捜査会議は、まず本部長となる署長の訓示、もし出てくるなら本庁の捜査一課長の訓示が行われる。次に所轄の刑事課長か、代行検視をした者の概要報告、鑑識の報告と続き、本庁の係長が捜査員の頭数と経験をざっと見積もって、班分けを行って終了となる。

 構成はカン(敷鑑)に2組。地どりに7、8組。ゾウ(贓品捜査)はゼロ。肩書の順位からして、カンを担当するはずの馬場が地どりに回ったおかげで、真壁は津田と組んでカンに回された。

 真壁は仏頂面を浮かべた。現場の状況は流しの犯行を示唆している。ならば、被害者の周辺を洗ったところで何も出てこないはずだ。誰かがやらなければならない無駄働きを、馬場は押しつけてきたのだ。

 真壁は隣の席に座る津田を見た。真新しいスーツを着て、緊張で身体を固くしている。

「今夜、何か用事でもあるのか?」と真壁は声をかけた。

「はっ・・・いえ、特に何も・・・」

「なら、付き合え」

 津田は怪訝そうな表情を浮かべた。残りは地どり。池袋界隈一帯の聞き込み。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます