[4]

 午前4時42分、池袋駅西口の方から、2人の男が交差点を渡ってこちらへ走ってくる。まずは捜査一課の二枚目を自称する桜井章巡査部長。今日もけばけばしい色合いのイタリア製のスーツに、きついオーデコロンという取り合わせだ。

「なんだ、お若いのが一番乗りか」

 35歳の桜井は歳が大して離れてない真壁のことを、なぜか「お若いの」と呼ぶ。

 寝起きの欠伸まじりの声で「ああ、畜生」と言い、シートの下へ勢いよく頭を突っ込んだのは、33歳の清宮祐希巡査部長。頭の中はいま付き合っている彼女とのデートのことで一杯のはずで、殺された中年男など微塵にも思っていないはずだ。

「一緒だったんですか?」真壁が言った。

「駅で。タクシーから降りたら、横を肩で風切って歩いてる奴がいて・・・面見たら、コイツだった」

 そう言って清宮を指すなり、桜井は痘痕の目立つ強面をニッとさせた。掛値のない話、二枚目に相応しい顔立ちをしているのは清宮の方だった。そんな真壁の思いをよそに、桜井も膝を曲げて遺体に触れる。

 いったん仕事となれば、刑事なら誰だって無駄口は消えるが、清宮が声を上げる。

「鼻が・・・何だこれ、喰われたのか?」

「見当もつかんな」桜井がひっそりと笑った。

 新たに、ビニールシートの方へ首を伸ばしてきた顔が一つ。

「寒いな。コロシか?」

 池袋南署の刑事課長だった。場所を譲りもしない桜井と清宮の肩越しに遺体を覗き、「何か盗られてるのか?」と真壁に尋ねた。真壁は首だけ横に振ってすませた。

「じゃあ、ただ殺されたってのか?」課長は一人ごちたが、誰も応えない。「鑑識はどこだ?まだ来てないのか。始発の電車が動き出す前にコレ、署の方へ移したいが」

「鑑識が来ないことには」

「本庁もたるんどるな、近頃は。この遺体、通勤ラッシュが始まるときにこんなところへ置いておけってのか。で、本庁から上は出てくるのか、来ないのか」

 真壁は肩をすくめた。

「それにしても、お宅も人数が少ないな」

「はあ」

「ああ、ひどい雪だ。この冬一番の寒気団が来てるってな・・・」

 ぶつぶつとぼやき始めた刑事課長のスラックスの足をつついて、清宮が顔を上げずに「邪魔だ、どけろ」と吐き捨てる。清宮の背中を見下ろして、刑事課長は不快な顔つきになり、後ろへ一歩下がった。

 そこに、いろいろな挨拶の声が続き、新たに十係の顔が三つ加わった。

「来る途中で考えたんだがよ」と43歳の主任、馬場徹警部補。その名の通りの恐ろしい馬面が開口一番、ダミ声を張り上げた。「なんで、また俺たちなんだ。順番が合わねえだろうが。今度は絶対、9か11だったはずだ。当直が当番表を見間違いやがったに決まってる」

「間違いだと思ったんなら、なんで出てきたのさ」桜井が言った。

「出てきてから気付いたのよ。だいたい、まだ中野の強殺も片づいてないってときに、どうするんだ。こんなホトケ・・・」

 中年の厚顔で馬場は先客を押し退け、遺体の上に屈み込む。両手にはしっかり白手袋もはめている。

 その傍らから首を突き出して被害者を覗き、眉をしかめたかと思うと、大きな欠伸を洩らしたのは十係で唯一の巡査、田淵良徳。桜井と同じ35歳。小太りのふくよかな顔が、脂か汗で光っている。

「ひどいなぁ」と呟いたのは、吉岡幸造。十係長に次いで刑事人生の長い54歳の巡査部長は、日陰の石のように黙々としている。吉岡も両手に白手袋をはめながら、型通り遺体の上に屈み込む。

 十係はあと2人足りない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます