僕は異世界で使い魔を召喚する ~とある高校生の異世界見聞録~

作者 久我島謙治

87

38人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

物語自体はとても面白く楽しく読めます。
内容は既出の設定がいくつか見たことありますが流れが良く、見ていて飽きさせません。

ただ、主人公の使い魔に対する考えや対応が鈍感系主人公以上に酷すぎる。
あれだけの人数の使い魔がいて、何度も何度もあった性的シチュエーションを延ばし延ばしにしているのが見ていてイライラする。
主人公の年齢であれば一般的に旺盛な年齢なのに、あそこまでして何も進まないってのはおかしい。
もう少し早くに思い人と繋がって、使い魔共絡んでいれば話としてもおかしくなかった。
見ていて使い魔が可愛そう。

それと主人公の殺しに対する考えが甘々すぎて、主人公が殺さず使い魔に殺させているのがおかしい。
責任等々、主人公の考えは出てますがそれを使い魔にやらせてるのは矛盾。
使い魔の事を考えてる描写を出しているのならば、なおさら主人公が率先してほしい。


主人公がふわっとしすぎて、せっかく面白い作品なのにそれだけに本当に残念。

Good!

TCGや設定集見てニヤニヤする人向け。
兎に角地の文よりも余り興味を引かないフレーバーテキストだらけに、自分は前半で読むのを諦めました。

前半での心の機微等は逆に描写が薄く、キャラへの共感は自分には殆どありませんでした。

この作品自体が設定集みたいな感じに見え、ストーリーを期待して読むとなかなかヘビーです。