スノーホワイトはもう一度と言った

作者 通行人C「左目が疼く…!」

34

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

実在する童話を用いて書く小説っていうのは憧れます。

しかもそれに頼るのではなく、ベースに置きながらも自分の解釈をいれていくならなお良い!

本作で言うならば、毒林檎がそれですね。
実際に白雪姫を見て(もう何年も見ていませんが……)、普通は考えもしない観点を、全く別のワンシーンの素材として使えているところは評価したい。

いつか自分も試してみたいですね。

★★★ Excellent!!!

あまりに甘々で、それでいていたずら心に満ちた青春に、思わず胸がときめいてしまいました。何というか、青春の1ページを切り取ってハチミツに浸したかのような物語です。
そして何より、ヒロインである雪菜のメルヘンチックな語りが非常に魅力的でした。「白雪姫は何度読んでも何度読んでも、懲りずに毒林檎を食べるんだよ。もう懲りたでしょってぐらい繰り返し読むのに。相変わらず、飽きもしないで」この台詞の発想には、完全にやられました。まさかそんな物の見方があるとは……。

それにしても、ヒロインである雪菜のキャラいいですね。雪菜、白雪姫なんかじゃなくて魔女なんじゃ? 主人公、甘々の毒を盛られちゃってません?