面白い物を書く人達へ羨望の言葉をタダ連ねているだけの駄文

作者 四つ目

19

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★ Very Good!!

――

筆者が自分には書けないジャンルについて、赤裸々に弱音を吐いている。
でもそれって逆に言えば、それだけ自分の能力を理解しているということ。
たぶん芯のある作者にしか、こういうものは書けない。

自分の弱みをすべて出し切って、残ったものはきっと誰にも負けない自分だけの強さ。