英雄達のいるパーティで、魔法の使えない俺は、前衛として、頑張って生き抜いていく(仮)

作者 小鉢

0

0人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?