第一章 暗黒オーブと共に

第8話 帰還

「ニャ……?」

俺は眠りから覚めた。

 自分が発した鳴き声に、言い知れぬ安堵感を覚える。


 この布の感触は、薬屋のカウンターの上だ。

 カウンターの隅は、エイミアが手ぬぐいを敷いてくれていて、俺の寝場所となっている。


 目を開け、自身の身体を見回す……。

 尻尾が動くことまで嬉しい。

 あまり綺麗ではない虎毛の毛並みだが、とにかく、猫の身体に帰ってきたことが無性に嬉しい。


 辺りは薄暗い。

 まだ夜明けには少し時間があるのだろう。

 しかし、俺の胸元には黒く輝く丸い玉があり、店内で俺の周りだけが闇に浮かび上がっている。


 丸い玉は、俺の首輪に繋がれていた。

 エイミアが繋いだのだろうか?

 発光を伴う輝きが顔のすぐ下にあり、光と重みに、少し、違和感がある。


 丸い玉は、暗黒オーブであった。

 暗黒オーブは、鼓動を刻むように、わずかに明滅している。

 




「あなた、一体何者?」

突然、背後から声がかかった。

 驚いて声の方を振り向くと、ヘレンがソファーに座り、怪訝な表情でこちらを睨んでいる。


「ほらっ、私の言っていることが分かったから振り向いたのよね?」

「……、……」

「私は占い師よ……。あなたがコロではないことくらい、分かるのよ」

「……、……」

俺は何とも答えようがない。

 コロではないと言われても、この身体はコロそのものだし、コロの中に俺の意識があるにしても、それはコロではないと言えるのだろうか?

 それに、答えようにも猫の鳴き声だしなあ……。


「少し前から暗黒オーブが光りだしたので、もしやと思って見ていたの」

「……、……」

「先ほど、バロールがアイラにぶっ飛ばされたとき……。コロが触れて暗黒オーブは光りだしたわ」

「……、……」

「でも、その光はすぐに消えてしまった。私は緊縛呪に捕らわれていたから、コロの雰囲気が変わったのは気のせいだと思っていたけれど……」

「……、……」

「今、ハッキリ分かったわ。あれは気のせいではなかった。暗黒オーブの光が消えたのも、コロの雰囲気が変わったのも、原因はあなたね」

「……、……」

「私は魂の色が見えるの。コロはおっとりとした肌色をしている。あなたは……、漆黒の闇よ。深く悲しい嘆きの闇……」

「……、……」

「今、あなたはコロの中に入った。だから暗黒オーブも光り出した」

「……、……」

「あなたは誰? 一体、何者なの?」

「……、……」

ヘレンの口調は落ち着いていた。

 しかし、口調とは裏腹に、激しい懐疑の気持ちが見て取れる。


 正直なところ、俺にも何が何だか分からない。

 ただ、ヘレンの言う通り、猫のコロと魂が入れ替わっているのだろう。

 それは間違いない。

 だが、ヘレンはそれを暗黒オーブとだけ結びつけて考えているようだが、俺にはそうとは思えないのだ。


 マンションの屋上で空間の歪みから漏れ出していたのは、明らかに暗黒オーブとは異質な何かであった。

 そして、暗黒オーブに触れた時も、空間の歪みから漏れ出していたのは、マンションの屋上のときと同じ、銀色の光だった。


 違ったのは今回だけだ。

 病院の一室と思しきところからこの世界に戻って来られたときは、確かに暗黒オーブだと俺も思った。

 今、眼下で光るオーブと同質の闇が、空間の歪みから漏れ出していたから……。


 ヘレンは、答えようのない俺をじっと見つめている。

 いや、もしかすると、俺の魂の色を見ているのかも知れない。





「な……、何? へ……、ヘレン、ひ……、独りで何をぶつぶつ言っているの? あ……、アイラが帰ってきたの?」

エイミアが目をこすりながら起きてきた。

 エイミアの長い栗色の毛には、わずかに寝癖がついている。


「アイラならまだよ。違うの……。コロの様子が変なのよ」

「あ……、暗黒オーブが……」

「そう、光ってるのよ」

「ど……、どうして?」

「どうも、コロの魂が入れ替わっているみたいなの」

「た……、魂?」

「コロの魂の色が、さっきとはまるで違うのよ。先ほども同じ事を言ったわよね? でも、あのときは緊縛呪のせいか、バロールの魔術のせいかと思ったの。だけど、間違いないわ、さっきのコロとは違う。私、入れ替わる瞬間も見たのよ。そして、入れ替わる直前から暗黒オーブが光った……」

「……、……」

エイミアまで、俺のことを疑うような顔で見ている。


 そうさ……。

 確かに、今、コロの中にいる魂は俺だ。

 異世界から来た元人間の魂だ。

 だけど、エイミアまでそんな顔をするなんて……。

 いつも優しく抱いてくれたのに、俺の魂じゃダメなのか?


「へ……、ヘレン。じゃ……、じゃあ、コロの魂は何処に行っちゃったの?」

「それは分からないわ。今のコロには、おっとりとした肌色の魂はかけらも見えないから」

「……、……」

「普通、何か他の魂に取り憑かれることがあっても、元の魂がすぐになくなってしまうなんてことはないわ。私はそんなケースを沢山見てきたけど、徐々に同化するか、いつまでも魂が共存するものなのよ」

「……、……」

「でも、コロは違うわ。さっきまで、確かに肌色の魂は見えていた。それが、突然、漆黒の闇に変わったのよ」

「し……、漆黒?」

「そう……。深く悲しい嘆きの闇にね」

ヘレンは語り終わると、目を瞑った。

 背筋を伸ばし、厳しい顔つきで、何かを考えているように見える。


「い……、入れ替わったのなら、こ……、コロの魂は何処かにいるのかも」

「……、……」

「き……、きっと、無事にいるわ」

「……、……」

エイミアはそう呟くと、俺に向かって手を伸ばした。

 そして、いつものように抱き上げた。


「緊縛呪の漆黒の球が私を襲ったとき、私を助けてくれたのはコロよね?」

「……、……」

「漆黒の球は、全部コロに吸い込まれて行ったわ。だから、私は何ともなかった」

「……、……」

「バロールに襲われそうになったときも、ちゃんとひっかいて助けてくれたものね」

「……、……」

「あなたが今、何者かは分からないわ」

「……、……」

「でも、私はあなたを信じる」

「……、……」

「私には、コロの魂も、あなたの魂も大事だから」

「ニャア……」

エイミアはそう言うと、俺の顔に頬ずりをした。


 俺は、心底、エイミアに痺れた。

 人間の世界では、誰も俺を信じてはくれなかった。

 姿も形も、間違いなく俺は人間だったのに……。


 しかし、エイミアは、俺が誰か分からなくても信じてくれると言うのだ。

 猫の中に得体の知れない魂が入っていると言うのに……。


「そっか……。確かに、エイミアは何ともなかったものね」

「え……、ええ」

「アイラは、最初からシュールの薬を飲んでいたんでしょう?」

「そ……、そうなの。お……、お腹を壊すから、そんなにいっぱい飲んではダメと言ったのだけど」

「ふふっ……、アイラらしいわ」

「で……、でも、い……、いくらシュールの薬が効いても、早く治り過ぎだと思うの」

「もしかすると、アイラがすぐに動けるようになったのも、コロの御蔭かもね」

「……、……」

「夕方に緊縛呪を受けたときもアイラは少し動けたし、それも、コロが近くにいたからかもしれないわ」

「……、……」

「私には分からないけど、コロと暗黒オーブには、何か深い関係があるのかもね」

「う……、うん」

朝日が昇りだしたのか、急に周囲が明るくなった。

 エイミアはもう一度俺に頬ずりをして、カウンターの上に俺を戻す。


「ドンドン……」

突然、店の扉を叩く音がした。


「アイラよ……、きっと。こんな乱暴な叩き方は……」

「そ……、そうね」

「無事、バロールを警備隊に引き渡せたのかな?」

「……、……」

二人は顔を見合わせて、クスクスと笑い合う。


「ドンドン……」

「は……、はーい、い……、今、開けます」

そう言って、エイミアは扉を開けに向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!