アップルシナモンカスタードホイップ1

 少女は自分のことを知らない。

 どんな親から産まれたのか、何歳まで暖かい家庭で育ったのかとか、そもそも本当は自分がどんな名前なのかとか。

 あんまりにもわからないことだらけで、もしかしたらコウノトリが運ぶ最中に落としてしまった赤ん坊が自分なのではないかと考えたりもした。だからいつか、本当のお父さんとお母さんが迎えにきてくれるのではないか……と。


 そんなことをいつまでもウジウジと考えているほど、らいかと言う少女は夢見がちではなかった。


 今日も鬼婆おにばばは一列に並ばせた子供達から、物乞いをして集めた1日の報酬をむしり取る。

 らいかの隣に立たされた少女、(仮にハナコちゃんと呼ぼう)彼女は足元のぼろ切れに数枚の硬貨を並べた。枚数の少なさと、口元を不自然に噤む様子から鬼婆はすぐに見抜いた。乱暴にハナコの顔を掴み、口をこじ開けると中から唾液にまみれた硬貨が数枚零れ落ち、チャリンという音を鳴らした。

 その後はご想像通り。ネコババを咎める叱咤の声としたたかに肌を打つ革ベルトの音、泣き叫ぶ少女の声があばら家に響く。


 次にらいかの番が来た時、彼女は沢山の硬貨をじゃらじゃらと音を鳴らして置き、それからそっと足元に紙幣を広げた。紙のお金が得られるのは珍しい。鬼婆の目が細まる。

 利口な彼女は稼いだお金を全部出してしまうような事はなく、いつも一部をくすねていたが、それがバレない程度の稼ぎはあった。

 くすねる時、口の中に隠すのはダメだ。すぐに見つかってしまう。秘密基地のような場所を決めておいて、そこの地中に埋めてしまうのが1番安全である。

 だが、鬼婆の目を盗んで毎日隠しに行く事は出来ないので、普段は体のどこかに隠さねばいけない。

 らいかが紙幣を得た時は、それをビニール袋に入れて細長く巻き、自分のお尻の中に隠していた。鬼婆もここまでは確認しないので、これで今のところバレた事はない。

 本当は価値の大きな500円硬貨もネコババしたかったが、幸か不幸か彼女の尻の穴はそこまで広がらなかった。

 ともかく、物乞いとしてらいかは優秀だった。……そんな才能あっても嬉しくなんてなかったが。

 それは彼女の目立つ容姿に依るところもあったかもしれない。自意識過剰でも何でもなく子供達の中で1番可愛いと自負していたし、記憶にある限り一度も切ったことのない長い赤毛も自慢だった。

 稼いでいるうちは毎日身体を洗う事も出来るので、髪の毛がべたべたになる事もなく、わりと満足出来る生活とも言えなくもないが、それももうすぐ終わってしまう。

 路上に座って小銭をせびるのは小さいうちだけで、ある程度の年頃になると、今度は別の場所で男性客を取らねばならないのだ。

 最近、バラック小屋に知らない奴が出入りしていて、鬼婆がそろばんを弾く音がかちかちと鳴っている事を知っている。これはそう遠くないうちに自分が売り払われることになるんだと察していた。

 らいかが今よりもっと小さい頃に面倒を見てくれた姉貴分のような少女たちはもう一人も残っていない。つまりはそういうことだ。

 それを受け入れたくない。彼女には、彼女の求める幸せの形があるのだ。その実現の為には与えられた環境に抗わなくてはいけない、その為にらいかはお金を貯めているのだ。


 夜、鞭で打たれたハナコは身体を丸めてすすり泣いていた。らいかはその痛みとは無縁だったが、だからと言って「うるさい」と責めるような気にはならない。自然と慰めるような形になる。

 将来を憂いて泣き止まないハナコに、らいかはついつい秘密の共有を持ちかけた。

 持ちかけてしまった。

 逃げ出して、新しい街で新しい生活をしようと思っている事も、そのために必要だと思われる額のお金がもうすぐ貯まることも。


 逃げ出す際の基本として、抱える物は少ない方が良い。物ですらそうなのだから、力の無い共犯者を抱えるのはとてもリスクが高い。だけど放って置けなかったのだから仕方がない。らいかはそう思っていた。

 結果から見ると、それは致命的な失敗だった。


 翌日、ハナコは大量のお金を得たと勇んで言った。

 訝しんでいた鬼婆だったが、実際に現金を目にすると態度をいい意味で豹変させて、ハナコを労った。

 ……そのお金に、らいかは見覚えがある。

 一枚一枚の通し番号を覚えているわけでは無い。紙幣の量に覚えがあるのだ。

 心臓の鼓動が早まる。

 目の奥で神経がちかちかと瞬く感じがした。

 今すぐ飛び掛かって紙幣を奪い、逃げ出してしまうべきかもとも考えたが、まだ確証は無い。

 なんで? なんで? なんで?

 ハナコはこちらを見ないようにしていた。

 怒りで身体がわなわなと震える。だがここで事を起こすのは悪手だ。画策が鬼婆にバレると、恐らく売り飛ばされるまで外に出してもらえない。

 それに、まだハナコが裏切ったと決まったわけでは無いじゃない。

「涙とともにパンを食べたものでなければうんちゃらかんちゃら」と言う言葉もある。よくは知らない。だが、共に苦しんだ仲間なのだからきっと。


 その日の夜中にこっそりあばら家を抜け出したらいかは、自分が完膚無きまでに裏切られた事を知った。

 希望のためにコツコツと貯めたモノを全て失い、失意の中帰宅したが、布団に包まって寝るハナコを見ると、一瞬にして怒りが噴き上がってくる。

 どうして!

 どうして全てお金を出してしまったのか? 今日だけ褒められたって明日はどうするんだ? またすぐに「使えない奴」に逆戻りじゃないか。

 一度に全て使い切ってしまうのではなく、小分けにしていく程度の知能も無かったのか!

 正直である事と善良であること、そこに低脳であることが加わると邪悪な生き物が誕生してしまうのだ!

 いや、こいつは人のものを盗んだのだからそもそも善良ではないではないか!

 らいかは壁に掛けてあったホウキを掴むと、ハナコの布団に力の限り振り下ろした。

 天日干しなんてされたことの無い羊毛ふとんは「どしん」とホウキの衝撃を受け止める。手応えは中に人がいる感触では無い。その中には、丸めた布団が入っているだけだった。


 背後からくすくすと笑う声が聞こえ、後ろを振り返ると、そこにはハナコを含め数人が隠れていた。

 らいかも今度は自分を抑えることが出来ない。怒りの声を上げ飛び掛かるが多勢に無勢。

 あっさりと羽交い締めにされてしまう。

 どうやら買収されているようだ。馬鹿正直に鬼婆に全てのお金を出したわけでも無いらしい。

 だが、執拗にらいかの顔に攻撃を加える少女たちからは、金銭以上に別の理由があるようにも思われた。

 らいかにとって、正直なところ下に見ていた少女たちにこんな事をされるのは屈辱だった。

 目先のこと、手の届くほんの狭い範囲の物事しか見えておらず、自分の未来を想像するどころか明日の身の振り方すら考えていないくせに!

 ぎゃんぎゃんと泣き叫び、らいかは抵抗する。

 融けた鉄みたいな熱いものが喉を流れ落ちるのを感じる。暗闇の中ではそれが涙なのか鼻血なのか分からない。

――馬乗りになって殴り付ける

――引き剥がされる

――その腕に噛み付いて振り解く

――髪を掴まれて引きずり回される

――皮膚が裂けるほど爪を突き立てる

――ホウキの柄で顔を殴る

――吹き出す血を拭う

 おおよそ少女たちが行うには相応しくない凄惨な現場がそこにはあった。

 折れた前歯を口の中で転がしながら、らいかはもう勘弁して欲しいとも思ったし、何もかもどうでもいいとも思った。

 それでも、一度燃え広がってしまったからには、辺りを焼き尽くすまで消えそうも無かった。


 ***


 朝の陽射しを感じて、らいかは目を覚ました。

 何か変な夢を見ていた気もするが、まるで思い出せない。

 鼻血がこびり付いて鼻の穴を塞いでいるためか呼吸がしづらい。ハアハアと口で呼吸をしながら自分の状態を確認する。

 昨日は途中で気を失っていたようだ。その後に手酷く追撃を受けたりしてはいないようで幸いだった。

 でも身体中青アザや引っ掻き傷だらけで酷い。泣きたくなる。視界がぼんやり霞んで見えるのは涙のせいだけではないだろう。

 顔面を執拗に殴られたせいで顔全体が腫れあがっている。きっと酷くブサイクになってしまっているだろうから見たくない。

 顔に傷痕が残ったりしないだろうか? それはとても困るのだ。

 口の中もズタズタで、しばらく水を飲むのも辛そうでその怨みを晴らしたいとも思うが、彼女の周囲には誰も居なかった。

 鬼婆が来る前に朝の支度をしているのだろう。向こうはダメージも分散されているので一人一人はそこまで酷い怪我ではないのかもしれない。もっとめちゃくちゃにしてやるべきだったかもしれない。もしくはハナコ一人に集中して反撃すれば痛み分け位にはなったのかも。そんな事を朦朧とする頭で考えるが、もうどうにもならない。

 またふつふつと怒りが吹き上がって来るのを感じて、らいかは頭をぶんぶん振って気持ちを落ち着けた。

 これからどうするか、考えなくてはいけないのだ。

 集めたお金は彼女にとって大金で、今更集め直すような気の遠くなる作業は不可能に近い。簡単に諦める事はできない。

 どうにかして取り返せないだろうか?

 鬼婆は、きっと肌身離さず持っているはずだ。奪って逃走を図るか。

 ……その場合はもうここには居られなくなるけど、どの道、先は長くはないのだからいい機会かもしれない。

 奪還するなら、それは早い方がいい。鬼婆はお金を長い事手元に置いたままにはしないだろう。やるなら今日中だ。

 奪って、走って、走って、走って。逃げおおせたらそこで新しい生活が待っている。

 そうだ、そうしよう。そうするしかない。

 そう思って立ち上がろうとして、らいかはがくりと膝をついた。足首に鈍い痛み。

 左足を捻挫しているようだ。そこから、死神の気配が這うようにして登ってくるのを感じてしまい、額のを脂汗が伝う。

 これでは走れない。

 それを自覚すると身体中の怪我が自分たちの存在を主張し始める。らいかは身体を丸めてその痛みが過ぎ去るのを耐えた。

 打てる策が無い。絶望感と共にポロポロと涙が溢れる。どうしてこんなに酷い目にあうのだろう。


 結局、彼女はその日失意のまま街に立った。

 道行く人は興味も抱かないか、その腫れ上がった醜い顔を見てギョッとして立ち去るか。

 どちらにしろお金を得る事は出来ず、彼女は初めて鬼婆に鞭打たれる事になった。

 なぜこのようなボロボロの状態なのかとか、何があったのかとか、聞くべき事はあるだろうに、鬼婆は何も聞かず感情的に革ベルトを振るった。

 つまりはその程度という事。

 らいかも、その他大勢の取るに足らない、ただ少し稼ぎの多いだけの物乞い。

 彼女自身が持っていたちっぽけなプライドなんて何の意味もないと気付かされた。

 砂場に作った脆いお城。立派だと思っていたのは自分だけ。

 らいかは自分の積み上げてきたものが崩れていく音を聞いた。


 ***


 桜花、という飛行機がある。

 美しいその言葉の響きに反し、かつての大戦中に開発され実戦投入された、世界でも数少ない特攻兵器である事は多くの人が知るところだろう。

 桜花は大戦末期に敗戦が濃厚となった戦況を打開する事を期待されたが、結果としてめぼしい戦果を挙げる事は出来なかった。それどころか、現在においてもその狂気じみた設計理念がこの国の汚点として残る。

 これは戦争の悲惨さを伝えるためよく引き合いに出されるお話だが、いま述べたいのはそこではない。

 負けが込んできた時などに思いつく、起死回生のアイデアと言うのは大抵ろくな結末を迎えないと言う事だ。

 …………。


 翌朝目を覚ましたらいかは、自分がすっかり怯えきっている事を自覚した。

 背中やお尻を激しく打つ革ベルトの感覚と、鬼婆の怒声がつい先ほど起きたことのように思い出される。

 身体中の毛穴がきゅっと締まるような悪寒が喉元まで駆け上がり、それでも決して口から出て行ってくれないような気持ちの悪さがある。

 人を恐怖で支配するのは、とても簡単なことなのだ。

 だいぶうなされていたと思うのに、誰も心配してくれず、昨日と同じように置いてけぼりを食らっている事も、心細さに拍車をかけた。

 おととい殴られたキズも、昨日の折檻のキズもそのままほったからしだったので、その全部が熱を持って焼けるように熱い。

 風邪の一番酷い時みたいな怠さで思考がまとまらない。ただ、今日も昨日と同じようにお金は稼げないんだと確信があった。

 そうなれば、今晩も革ベルトはらいかの身体をしたたかに打つだろう。

 それは、それだけは回避しなくてはいけない。

 恐怖は頭の中をいっぱいにしてしまうので、正常な判断が出来ない。

 彼女は、自分が目先の事しか考えられなくなっていることにも気がつかない。

 それは責められたことではない。ただ、その鈍った判断は取り返しのつかない行為をもたらしてしまう。


 見た目で金銭を得られないなら、どうすれば良いだろう?

 簡単だ。かわいくないなら、かわいそうになれば良い。

 おじさんの物乞いを見たことがあるから知っている。身体のどこかが不自由なら、かわいそうに思った人からお金がもらえるのだ。

 それは良い考えに思えた。

 おあつらえ向きに、左足は捻挫でうまく動かない。ただ、外見からはちょっとわからないのでそれをどうにかすれば良いんだ。大したことじゃない。ちょっと傷でも付けたところで、捻挫が治るくらいには一緒に治るだろう。根拠はない。

 らいかは近くにあった果物ナイフを手にする。表面はサビサビでちょっと身体に悪そうな気がしたが、他にちょうど良い道具がなかった。はやくしないと街に立つ時間もなくなってしまう。

 床の上に座り込んで脚を伸ばすと、らいかは大した葛藤もなくえいやっと細いスネにナイフを突き立てた。


 がきん、と刃先が跳ね返される。

 金属はとても固いはずなのに。とても不思議だ。もっとブスリと刺さってしまうものだと思っていた。それはそれで痛そうだけど。

 刃先を防いだものが何なのか、らいかは確認しようとした。


 案外、傷口は深かった。

 ぱっくりと割れたそこから、真っ白な何かが覗いている。


――ほねだ。


 生きている人間の骨は初めて見た。干からびた犬や猫の死骸とは違い、歯のようにツヤツヤとして綺麗な光沢がある。そこに張り付いた薄黄色い皮下組織や、ピンク色をした真皮などが層になっているのが確認できる。

 彼女にはそれぞれの名称なんてわからないが、何か、とても、まずい事をやらかした事はわかった。

 薄黄色の部分あたりから、赤黒い血が溢れ出してくる。あっという間に真っ白な骨は見えなくなり、いまさら痛みを報せる目覚まし時計が力の限り鳴り響くのだ。

「あぁぁ……」

 ナイフを放り出して両手で傷口を抑えるが、指の隙間からは血が溢れてくる。

 止まらない出血にらいかはパニックになる。

 とにかくどうにかしようと、寝床にあったぼろ切れを傷口に当てる。ぼろ切れは瞬時に真っ赤に染まった。

 水を吸うものはダメだと悟り、ゴミ箱をひっくり返した。

 そこにビニールの袋があるのを見つけ、これで傷口を縛る。

 部屋の床はもう血だらけになった。

 効果があるかわからなかったが、その上から更に両手で抑え、身体を丸めて横になった。

 鋭い痛みがらいかを襲う。切ったのは一度だけなのに、何度も同じ場所を切りつけられるかのような理不尽な痛みが続くのだ。

 らいかは信じられない神様の代わりに何処かにいる「誰か」に祈った。それでも、全然痛みは引いてくれなかったし、目の前がちかちかと瞬いて景色がぐにゃぐにゃ曲がって見える。

 その間もずっと傷口は痛いので、声をあげたり歯を食いしばってみたりしてじっと耐えた。

 …………。

 どのくらいそうしていたか、刺すような鋭い痛みは、熱をもった鈍痛へと変わってきた。恐る恐る両手を放してみると、ゲル状になった血の固まりが傷口の周りをブヨブヨと覆っていて、出血は収まった気がした。彼女は患部を見ないようにしてビニール袋の上から、再度ぼろ切れで縛る。

 今くらいの痛みなら、耐えることが出来そうだった。

 “耐えることが出来てしまうようだった”


 お金を稼がないと……。

 らいかはうなされるようにそう呟いて、ふらふらと外へと出て行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます