第11話「始動!オフューカス分遣隊」

 王都の朝は誰もが忙しくて、田舎者いなかもののラルスは目を白黒させるばかりだった。どこへ向かうのか、大勢の者たちが足早に行き来している。先を歩くリンナの話では、労働者階級にも昨今は安定した仕事があるという。

 ゾディアック黒騎士団の本営ほんえいも、朝から多くの騎士達が集っていた。

 そんな本営の建物を奥に進み、小さな部屋へとラルスは通された。

 ドアを開けたリンナは、薄暗い中でカーテンを開けながら振り返る。


「ようこそ、少年。ここがオフューカス分遣隊ぶんけんたいしょになります。普段はこちらでの業務もありますので、慣れてください」


 そこは簡素な部屋で、机が五つ並んでいるから少し手狭だ。隅にはソファとテーブルとがあって、そこは来客用のスペースなのだろう。

 そして、ソファの上に丸まった毛布があって、もぞもぞと動いていた。

 目を向ければ、むくりと起き上がった毛布の中から半裸の女性が現れる。


「ふあ? ほあようございまひゅ……朝れふか?」

「おはようございます、カルカさん。……また本営に泊まられたんですか?」

「むにゃ……そ、そうなんです! もう、仕事がなかなか終わらなくて! やってもやっても片付かないんですよ。つい、張り切っちゃって」


 現れたのは、同じオフューカス分遣隊の仲間、カルカだ。彼女はテーブルの眼鏡めがねを手探りで探して、それを身につけるや瞳を輝かせた。一方でリンナは、おおむね誰もが思うようなイメージでフル武装して、プライベートのあのだらしなさが微塵みじんも感じられない。

 家を出てからずっと、リンナは完璧な美少女騎士として振る舞っていた。

 もぞもぞと騎士団の制服を着るカルカは、ラルスを見つけて「ああ!」と口を開く。彼女はスカートをはくのもそこそこに、自分の机へとよたよた走った。


「ラルス君、丁度よかったです。今日からゾディアック騎士団の一員、それも正騎士ですから……じゃーん! わたくしからのプレゼントですっ!」


 なにやら書類一式を持って、満面の笑みでカルカはそれを見せつけてくる。

 なんだろうと顔を近付けたラルスは、並んだ絵に笑顔をほころばせた。


「こっ、ここ、これは!」

「はいっ! ゾディアック黒騎士団の正騎士が使う武具です。どれも必需品になりますので」

「い、いいんですか?」

「勿論です。さあ、選んでください!」


 カルカの手から受け取った、それはどうやら武具の一覧表のようだ。どれも簡単な説明と共に絵が添えられており、上質なあつらえを感じさせる。実際、騎士にとって武具は命を預ける大事なもの、武器も防具も慎重に選ばなければいけない。

 だが、一番奥の自分の机でリンナは小さく溜息を零す。


「カルカさん、もうその辺で。……その制度は、まだあるのですか?」

「はい、リンナ隊長。一応ほら、団規だんきのっとった決まりでもありますし。ささ、ラルス君……どれでも好きなものを! 好きなだけ! !」


 一瞬でラルスは、笑顔を凍らせた。

 耳を疑ったが、ニコニコとカルカは頬を寄せてくる。

 彼女がバルクから団畜だんちくと呼ばれていたのを思い出した。


「あ、あの、カルカさん」

「はい? ああ、まずは武器ですね、武器。攻撃は最大の防御! ラルス君は剣が得意なんですよね……でしたら、こちらが騎士団公認の刀剣になります。やはり騎士団の正騎士として看板を背負うので、公式の武器で統一感を出してもらわなければ。これ、団規です」

「……買うん、ですか?」

「団員は二割引きですよ?」


 カルカが眼鏡を指で上下させながら、説明してくれる。

 つまり、ゾディアック黒騎士団は王国最大にして最強の騎士団故に、徹底した団規で統率とうそつをとっているらしい。皆が揃いの制服を着ることで、巡察じゅんさつ警邏けいらの効率もグンと上がるという。そして、一度戦いに出れば、騎士団の紋章……真紅の日輪が刻まれた武具を持つことと定められているのだった。

 ラルスは、驚きに言葉を失ったが、同時に思い出す。

 小さい頃から父が聞かせてくれた、ゾディアック黒騎士団の大活躍。書物で呼んだ、快進撃。揃いの黒衣に身を固め、紋章が輝く盾を手に並んだ騎士たちの勇姿。幼い頃から憧れたものである。

 それは実は、騎士団が率先して進めてきたイメージ戦略だったのだ。


「あの……騎士団から支給されるというのは? 備品なんかを貸し出したりは」

「全部、騎士個人の買い取りですよ? どれも名工が手掛けた逸品ですし! それにまず、制服ですね。ラルス君。ええと、サイズは」

「まっ、待ってください! 俺、そんなお金ないですよ!」

「大丈夫ですよぉ、ちゃんとローンが組めますから。金利もたったの一割ですし、!」


 ラルスは言葉を失った。自前での準備も必要だとは思っていたが、大半は支給されるものと思っていたのだ。唖然あぜんとするラルスを他所に、カルカは着替えを終えて、ポケットから小瓶を取り出す。

 手の平サイズのそれを開封し、中身の液体をグッと飲み干した。


「クーッ! きたきた、きましたわあ! 朝からユニコーン印の強力ドリンク、フルチャージです! さあ、今日もバシバシ働きますよ……ねっ、ラルス君」

「え? あ、ああ、はい。アゲて、いきたい、です、けど」


 改めてラルスは、カタログに目を落とす。

 なるほど、よく見れば値段が書かれており、ゼロの数字が多い。

 思わず、ちらりとリンナを見やる。

 机の上の書類を片付け始めたリンナは、ラルスの救いを求める視線に気付いてくれた。


「少年、無理して買う必要はありませんよ。オフューカス分遣隊である程度は武具を確保してますので。あとでお見せします」

「ほっ……なんだ、そうならそうと言ってくれれば」

「本当はカルカさんが言う通り、必要な品は購入するのが規則なのですが……私には、それを仲間に強いるとこはできません。規則は大事ですが、我々は規則を守るために騎士団に集った訳ではありません。我々が守るのは、国と民なのですから」


 冷ややかとさえ思える程に、リンナの声音は静かだった。なのに、耳に心地よくて、同時に秘めた激情まで感じ取れるような気がした。姉と弟だからと思うには、まだ少し抵抗があるが……不思議とラルスは、常闇の騎士ムーンレスナイトとしての肩肘張ったリンナの内面を感じ取れるように思う。

 カルカは「まあ、そうですねー」と笑ってラルスからカタログを取り上げた。


「余裕があったらいつか買ってくださいね。これも立派な騎士団への貢献こうけんになりますの。あ、それと保険のたぐいもありますわ、いかがですか? 戦死や負傷に備えて」

「え、えっと」

「あと、中古の武具等も扱ってる業者があるので、そちらもご紹介しておきますね。戦死者も毎年結構な数が出るので、遺品を買い上げる制度がありますのよ?」


 喋り出したら止まらぬ勢いで、カルカは微笑み続ける。

 その笑顔は、にごった瞳だけが笑っていない。

 リンナが溜息と共に「カルカさん」と釘を刺すと、ようやく彼女は喋るのを一度やめた。


「まあ、わたくしったらまた……ごめんなさいね、ラルス君。規則は規則なんですが、リンナ隊長が仰る通りでもありますの。組織というのは多くの利権やしがらみがあって……ふふ。でも、そんな組織がよりよくなることも、必要なことですし」

「はあ」

「それに、わたくしたちの任務は常に死と隣り合わせ。武具もしっかりしたものを選び、補償や制度にも敏感びんかんでなくてはなりませんわ」

「で、ですね」


 それは事実で、ラルスがこれから生きてゆく現実だ。

 同時に、改めてゾディアック黒騎士団の規模を思い知らされる。ここはもう、腕っ節の強い者達が結託するだけの騎士団とは違う。団自体が巨大なからくり細工のようで、ラルスやカルカ、そしてリンナまでもが恐らくそれを構成する部品だ。

 そうこうしていると、背後でドアが開いて室内が賑やかになる。


「うーっす、おはようさん、っと。おう、ボウズ! いたいた、部屋は見つかったかい?」

「え? あ、え、ええ! おはようございます、バルクさん。いい場所があったので、そちらにお世話になることになりました」

「そうかい! ほれ、引越し祝いだ」


 ラルスは、やってきたバルクから挨拶もそこそこに包を受け取る。 

 その頃にはカルカはもう、昨夜ラルスが運んだ書類についての話で、リンナの机の前に行ってしまった。

 テキパキと書類を処理して決済し、リンナはサインのペンを走らせていた。

 その姿に少し見惚みとれながらも、ラルスはバルクから渡された包を解き放つ。村では物珍しかった新聞も、王都ではとりあえずの包装ほうそうなどに使われているようだ。


「バルクさん! こ、これは」

「俺のお古さ、とりあえずはそれ着とけや。でないと、カルカに高い買い物を押し付けられちまうからな」


 バルクがくれたのは、ゾディアック黒騎士団の制服だ。

 憧れの黒衣が今、両手の中にある。胸には真紅の日輪が刺繍ししゅうされており、少しくたびれた古いものだが、まだまだ十分に着れる品である。なにより、こうして制服を手にすると、ラルスをゾディアック黒騎士団の一員となった実感が包み込んだ。

 無精髭のバルクは、そんなラルスを見下ろしウンウンと何度も頷く。


「ありがとうございます、バルクさん。これ、大事にしますね!」

「ま、早く自分で制服を新調できるくらい稼ぎな。それと、ほら」


 クイとバルクは、親指で背後を指す。

 巨体の後ろから、小さな小さな少女が飛び出した。


「わっ、ヨアンさん? え、えっと」


 ヨアンは挨拶もなしに、無言でラルスの胸になにかを押し付けてくる。よく見ればそれは、先日ラルスが羽織らせてやった上着だ。

 ヨアンが見上げてくる中、それを受け取りラルスは驚く。

 リンナとは別の意味で無表情はヨアンは、小さく短く言葉を切ってきた。


「これ、返す。……昨日、ありがと」

「あ、うん。あ! えっと、ヨアンさんは制服は」

「わたし、まだ、契約騎士。制服、急がなくて、いい」

「そっか」


 ヨアンはじっとラルスを見上げていたが、用は済んだとばかりに周囲を見渡し行ってしまう。肩をすくめて苦笑したバルクも、自分のものらしき机に座ってしまった。

 そして、本営の敷地内にラッパの音が響く。

 カルカと細かなやり取りをしていたリンナが、一度話を打ち切って立ち上がる。

 リンナは手狭な室内で四人の部下を見渡し、よく通る声を研ぎ澄ました。


「それでは、今日も一日よろしくお願いします。手筈てはず通り、別命あるまで待機となります。手分けして各支隊から持ち込まれた作業を続けてください。少年とヨアンさんは初めてですので、なんでも周囲に聞いてください。では」


 同時に、嬉しそうにカルカが書類の束を渡してくる。

 こうしてラルスの、ゾディアック黒騎士団での生活が始まったのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます