第9話「二人のラルス」

 美貌の麗人れいじんエーリルは、どうやら本当にあのリンナの母親らしい。全く印象の違う人物像に驚きつつ、ラルスは屋敷に連れ込まれる。

 彼が足を踏み入れた場所は不思議な部屋だった。


「じゃ、ちょっとお茶の準備してくるわね? ふふ、あの子もすぐ来るから!」

「あ、あのっ! ちょっと!」


 ラルスを強引にソファに座らせて、エーリルは行ってしまった。

 ぽつねんと残され、居心地が悪いラルス。

 改めて周囲を見渡すと……酷い有様の大惨事が広がっていた。そこかしこに乱雑に書物が散らばり、衣服も散乱していた。そして、ベッドを中心にこれでもかとぬいぐるみが積み上げられている。


「酷い部屋だ……まさか、泥棒どろぼうでも? いや、違うな……なんていうか、汚い訳じゃないけど、許せない。許し難い散らかり具合だ。もっと整理整頓しないと! ……ん?」


 ふとラルスは、足元に脱ぎ捨てられた着衣へ目を落とす。

 漆黒のマントに騎士団の制服、常闇の騎士ムーンレスナイトたるリンナの服だ。

 するとこの部屋が、あのリンナの居室なのだろうか?

 だが、凛々りりしく毅然としたリンナの姿と、あまりにだらしない部屋の惨状とが結びつかない。しかし、拾い上げればまだ服は温かく、ほのかにリンナの匂いがした。もぎたての桃のような、うっすらと甘い香りが鼻をくすぐる。


「なにか急ぎで着替えたのかな? しわになってしまう、たたんでおかないと」


 生来ラルスは几帳面きちょうめんで、家でも家事全般をやっていたからか見逃せない。

 そして、黒いマントを拾い上げて広げ、刻まれた紋章をまじまじと見る。真紅の日輪が色鮮やかで、皆が常闇の騎士と恐れうやまう者の証だ。

 ラルスは周囲を見渡し、人の気配がないことを確認する。

 つい出来心から、マントを羽織ってラルスは鏡の前に立つ。

 鏡面にかかる薄布を手でどけたが、それがリンナの下着だとさえ意識できなかった。


「おっ、やばいなこれ……アガるね、テンション! 格好いい……」


 鏡の中には、常闇の騎士の姿を借りた自分が映っていた。平服でマントだけが浮いて見えたが、背を向け肩越しに振り返れば、なかなかに様になっている。


「あ……なにやってるんだ、俺は。駄目だろ、リンナ隊長のマントを……ん?」


 その時だった。

 突然、ドアの向こうに人の声がした。


「母様、今からお茶の準備ですか? ……また、殿方を連れ込むんですね。わかってます、もういいです! 私は先に休ませてもらいます。おやすみなさい!」


 同時にドアがやや乱暴に開かれる。

 それは、ラルスが咄嗟にソファの影へ隠れるのと同時だった。


(なっ、なにを俺は隠れてしまったんだ……そ、そうだ、これを脱がなきゃ)


 リンナの気配は、静かに歩いてベッドの上に倒れ込む。

 どうやらお疲れの様子で、リンナの溜息が室内に溶け消えた。


(まずい……出るタイミングが。ま、まずこれを脱がなきゃ……あれ? くっ、固く結び過ぎたか? ええと……はっ! そういえば、頼まれた書類!)


 首の下で紐の結び目へ指を走らせながらも、れるような気持ちでラルスは妙な汗をかく。

 そして、カルカから頼まれた書類はテーブルに置きっぱなしだ。


(そ、そうだ……正直に名乗り出よう。母君に部屋へ通されたと言って、説明すれば大丈夫だ。非礼は詫びるし、リンナ隊長は話を聞いてくれる筈)


 リンナへの信頼を感じるし、それを疑う余地はない。

 彼女は、彼女こそがラルスが尊敬する騎士そのものだ。

 この際、何故なぜこのような散らかった部屋に住んでいるかは忘れることにする。だらしなく脱ぎ捨てられた制服とマントも、見なかったことにする。

 そうしてラルスは、すっとソファの影から身を起こし――そのまま、再度屈み込んで床に突っ伏す。


(なっ、なんで……なんでですか、リンナ隊長っ! どうして)


 自分でも赤らめた顔が熱いのが、わかる。

 今見た光景が理解できず、理解しようにも理性が上手く働かない。


(なんで……どうして、!)


 正確には、姿

 リンナはしどけなく、ほっそりとしながらも美しい起伏の曲線美の下着姿だ。そのままの半裸で、ベッドの上に横になっている。

 見間違いではと、そっとソファの影から顔を出してみる。

 間違いない、半裸だ。

 うつ伏せに顔を枕に突っ伏して、細くしなやかな両脚を交互に立てている。そのふくらはぎから太もも、そして尻への優美なラインが、ラルスの網膜に焼き付いた。

 そして、顔を上げたリンナはぬいぐるみの山へと手を伸ばす。


「ふう、疲れた……やっぱりお酒は苦手です。今日も、よく働きました……だから、疲れたんですよ? ね、


 その一言に、ラルスは心臓を鷲掴わしづかみにされたかのような錯覚を覚える。

 寿命が確実に縮んだし、今すぐゼロになりそうな気さえした。

 リンナは今、ラルスの名を呼んだのだ。

 恐る恐るソファの影から、頭を半分だけ覗かせるラルス。

 驚きに視線が泳いでしまう。揺れる視界に飛び込んでくるのは、やはりリンナの白い肌だ。白妙の柔肌と長髪とを広げて、リンナはベッドで寝返りを打った。

 その両手に、ひときわ大きなぬいぐるみが握られている。

 ねこのような、くまのような、頭には角があるし尻尾は丸い、不思議な動物のぬいぐるみだ。それを天井高く掲げてみてから、リンナは豊かな胸の上に招いて抱き締めた。


「ラルス、そういえば今日……私のオフューカス分遣隊ぶんけんたいに新しい仲間が増えました。驚かないでください……あなたと同じ名前の少年です。あの人の、息子さんだそうです」


 恐る恐る見守るラルスにも気付かず、リンナはぬいぐるみに話しかけている。

 そんな偶然があるのかと驚いたが、これで合点がいった。

 リンナはずっと、ラルスのことを少年と呼ぶ。名で呼んではくれない。その理由が恐らく、これなのだ。


「ラルス、あの人の息子さんということは……私にとって、もしかしたら……もしかしたら、ですよ? ひょっとしたら、やっぱり……そう、なんでしょうか」


 徐々にリンナの、声のトーンが落ちてゆく。

 紡がれる言葉は意味深で、ラルスはリンナのもう一つの顔を知ってしまった。

 否、これが彼女の素顔なのかもしれない。

 常闇の騎士にしてオフューカス分遣隊を取り仕切る才媛、リンナ・ベルトール……彼女はラルスと二つしか違わない、18歳の少女なのだ。


「もし、そうだとしたら……少年はやはり、あの人に似てるのでしょうか。ラルス、教えてください……私は明日から、どんな顔で彼に接したらいいのでしょう」


 あの人とは恐らく、ラルスの父アルス・マーケンのことだ。

 確か、バルクが言っていた。バルクと、リンナの母エーリル、そしてラルスの父アルス……ついでに、今日の面接官だったハインツ。彼等は皆、かつてのゾディアック黒騎士団を支えた騎士だったという。

 そのことと、関係があるのだろうか?


(リンナ隊長……ええい! ここはもう、正直に出ていくしかないぞ)


 時間が経てば経つほど、状況が悪化する気がした。

 意を決して、ラルスはソファの背後から立ち上がる。


「リンナ隊長、すみませんっ! 実は先程母君が……あ、あれ? リンナ隊長?」


 身を起こすと同時に、深々と頭を下げた。 

 だが、返事は返ってこない。

 気まずい沈黙の中で、ラルスは恐る恐る顔をあげる。

 リンナはベッドの上に丸くなって、ぬいぐるみを抱きしめたまま眠っていた。

 まるで宝石細工の妖精のように美しく、目のやり場に困る程に愛らしい。


「……リンナ隊長? 寝て、るん、ですか? ふーっ、そっか……と、とりあえず、風邪引きますよ? ちょーっとすみません、失礼して」


 そっとラルスは、安らかな寝息をたてるリンナへ毛布をかけてやる。

 ホッとしたのものの、ようやく緊張感から解放されて、ラルスは手の甲で額を拭った。それからゆっくりマントを抜いで、先程畳んだ制服と一緒に枕元に置く。

 そうこうしていると、不意に背後で声がした。


「あら、もう用事は済んだのかしら? ふふ、不肖ふしょうの一人娘だけど、どう? どうにかしちゃった? やんちゃ、してくれたかしらん?」


 振り向くとそこには、お茶の準備を整えたエーリルが立っていた。

 まるで気配を感じなかった。

 仮にも騎士を目指して鍛錬してきたラルスが、他者の接近を全く察知できなかったというのは驚きだ。


「そのうさぎのぬいぐるみ、ラルスって言うのよ? この子、それだけは名前をつけて大事にしてるの」

「う、兎なんですか、これ!? ……じゃない、それはどうでもいいですけど。ラルスって」

「あなたの父親よって、私が小さい頃から言い聞かせてた人がいてね……その人の最初で最後の贈り物なの。兎……じゃないなら、なにかしら。そうね、犬?」

きつねとかでもないですしね、って、それより! もしかして、リンナ隊長があの人って呼んでるのは」

「アルス・マーケン……かつてゾディアック黒騎士団にその人ありと言われた、剣の達人。仁と徳に満ちて清廉潔白、立派な人だったわ。……似てるわよ、キミに」

「……父さんを、父を、御存知なんですね」

「ええ。とてもよくネ」


 エーリルは子供のような笑みを見せた。

 それは、今までの印象を払拭する、本当の素顔に思えた。

 しかし、ラルスの心中は複雑である。


「と、とりあえず、要件はすみました。あそこのテーブルの書類を、リンナさんに明日の朝にでも渡してください」

「あら、帰るの?」

「はい。その……なんだか混乱してしまって。と、とにかく! 失礼します!」

「だーめ、もう少しゆっくりしてってぇ? ね、聞かせてあげる……キミのお父さんのこと、色々と。気になってるんでしょう? アタシとどういう関係だったか」

「そ、それは。でも!」


 エーリルはそっと、人差し指でラルスの唇に鍵をかける。まるで魔性に魅入られたかのように、ラルスは抵抗することができない。


「もう夜も遅いわ、ねえキミ。泊まってきなさいよ? この子の、リンナの知り合いなんでしょう? 察するに……新しい部下、仲間ってとこかな?」

「は、はい。リンナ隊長のお力添えもあって、ゾディアック黒騎士団に入れてもらえました。明日から同じオフューカス分遣隊でお世話になるんです、けど」

「あら! 騎士なの、そう……アタシの後輩ってことね。ふふ、じゃあ行きましょ? アタシの部屋でゆっくりと、そう、じっくりと……お話、しましょう」


 不意にエーリルは、ラルスの腕を抱いてきた。そのまま身を預けるように密着してくる。母を知らず育ったラルスにとって、女性に間近に接する機会は今までなかった。そもそも母の不在について、父は多くを語らなかった。

 ただ、村の娘で、病気で早くに亡くなったと、それだけ伝えられていた。

 そのことを思い出すラルスは、抵抗らしい抵抗もできず、エーリルに連れられリンナの部屋をあとにしたのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます