第97話 訓練開始! 蝸牛たちの行進


 走り込みだけで日が暮れた明くる日、ちょうど太陽が昇ったくらいでメイナードたち訓練教官ドリルインストラクターは宿舎のドアを思い切りぶったたき、それから勢いよく開け放った。


 眠っていようがいまいが、訓練兵となった者たちにプライバシーの自由などあるはずもない。疲れ切って意識を失うように眠った彼らのベッドが並ぶ中に、教官たちは大声を張り上げて突入していく。


 これがある程度訓練を積んだ兵士であれば「敵襲!」からのスモークくらいをぶち込んでやるところだが、今の訓練兵たちにやったとしても何ら意味もないためとにかく怒鳴る。


「おはよう、お嬢様がた! 鶏のファックはとっくの昔に終わったぞ! 興奮しておったなかったのか!?」


 寝起きであろうが何であろうが容赦はしない。


 ひとたび兵士になると決めたからにはそれなりの心構えが必要なのだ。戦場いくさばでは寝惚けている暇に呆気なく死ぬ。


 未だ目が覚めていない訓練兵たちに補助教官を務めるサイラス一等軍曹ガナリー・サージェント、ジェフリー二等軍曹スタッフ・サージェントが近付き耳元で罵倒しまくる。彼らも自分の持ち場はあるが、海兵隊員としての教育は受けており訓練の補助くらいはできるのだ。


「さぁ、 訓練だ! 何も要らん! 着替えて集合集合集合! 早くしろ!」


 叫んで時計のストップウォッチ機能を作動させたメイナードは、訓練兵たちの慌てる声を聞きながら広場に出て行く。


 200秒を超えた頃からバラバラと兵士たちが出てくる。

 暫定的ながら中隊副指揮官カンパニーサブリーダーに任命されたマックスが必死で指示を出し、ちゃっかりギルベルトが補佐しながら整列させているが、そもそも起きたてで支度に時間がかかり、集団行動自体にも慣れていないため動きは遅い。


「今300を数えたぞ、ナメクジども!まだ20人も出てきていないがいったい何をしていやがるんだ! ベッドの上でクソでも垂れているのか!?」


 全員揃った頃には先任訓練教官シニア・ドリルインストラクターの顔は怒りに歪んでいた。


「貴様ら全員罰則だ! 腕立て伏せをやる! なに? やり方がわからない? いつから貴族を僭称せんしょうするようになった貴様!」


「サー、ノー、サー!!」


「続けてよろしゅうございますか? ……見ていろ、こうやるんだ!」


 実際に腕立て伏せを実演し、自分と同じようにやれと怒鳴り散らす。


「……全員用意!30回だ! 初め! 1……8、9、そこのクソボケ! 数は誤魔化すな! きっちり見ているぞ! それとも数すら数えられないのか! よーし、特別に最初に戻ってやるぞ!」


 数を誤魔化した訓練兵にはたっぷりと、そして念入りに罵声を浴びせておく。カウントが1に戻ったため周囲の訓練兵たちから殺気のこもった視線が向けられる。


「どうした、ついてこい!」


 メイナード自身もそいつの目の前に行って腕立て伏せをやる。

 たとえ理不尽であっても、“不可能なことは言っていない”と見せつけるためだ。


「遅れてきたノロマの分際で、たかが30回腕立てをやったくらいでヘバるな! 貴様らは戦場いくさばに間に合わなかったクズだ! 揃うまで敵が丁寧に待ってくれるとでも思っているのか? よもやクソを垂れたいから待ってくれとでもいう気か!? ああ!? 冗談はその間抜けヅラだけにしろ!!」


「最上級曹長殿、こんなやり方は領軍でだってやっていません」


 さすがにやりすぎだと思ったのかマックスが申告してきた。

 近くにいたギルベルトが止める間もなかったようで、元貴族の青年は「あちゃー」といいたげな表情を浮かべていた。


「黙れ、訓練兵リクルート! 他の軍隊もクソもあるか! ここは俺たちの中隊カンパニーだ! つまり貴様らは俺たちの訓練兵だ! 貴様は俺の中隊をどうするつもりだ!? ……まさかとは思うが上官に逆らう気か? トビアス伍長、この国での上官への抗命罪はどうなる?」


「はっ! 死刑であります、最上級曹長殿!」


 即答である。はっきり言って最高の“間”だった。

 これで教官たち全員がひとつの意志の下に調練を行っていると理解させることができるし、領軍出身の下士官が問題ないとしたならそれ以上の反論などできようはずもない。


「そう、聞いての通り死刑だ。まさかとは思うが、貴様は死刑になりたい特殊マニアックな嗜好でも持っているのか? もしそうなら明確に言ってくれ。すぐに準備をしよう」


「いいいい、いえ、何でもありません! 何も申しておりません! 気のせいであります、訓練教官殿!」


 顔色を真っ青にして歯をカチカチ言わせながらマックスは直立不動となって悲鳴交じりに訂正した。メイナードたちの表情を見て嘘や冗談の類ではない――――いや、


「……そうか、私の聞き間違いであったのならよろしい。それでは訓練を開始する!」


 朝っぱらから適度にビビらせたところでランニングを開始する。何をするにもまずは体力をつけなければ話にならない。


 ちなみに、二日目の訓練には打ち合わせのために泊まっていたアリシアをはじめとする士官組も参加することにした。


 訓練教官たちがいかに強靭な存在であり畏れ敬われても、有事の際に命令を下すのはアリシアやアベル、はたまた尉官以上の者からとなる。

 軍隊の階級について細かく教えていないため実際には異なるが、要は貴族――――血統だけが取り柄の連中から指示を受けることが気に入らない奴もいるのだ。

 徹底的にシゴいて命令への疑問すら感じさせないようにすることもできる。


 しかし、




 何キロも延々と走らされた訓練兵たちはすでに青息吐息だった。

 ところが教官たちは平気な顔をして走っている。何人かが反吐を戻してぶっ倒れて吐瀉物ゲロ塗れになっても、バケツに入った水をぶっかけられてまた走らされる。


「どうした貴様ら! まるでなっとらん! 本当に人類か!? クソが天の奇跡でゴーレムになって動いているんじゃなかろうな? 走れんクソは肥溜めに帰れ! バラして畑に撒くぞ!」


 並走する教官たちの容赦ない罵声が飛び、疲弊した精神に突き刺さる。


「貴様ら、悔しいと思わんのか!? 代行殿たちにまったくついて行けていないぞ! もっとペースを上げろ!」


 走りながら起用に怒鳴るメイナード。

 訓練兵たちの視線の遥か先には士官たち――――海兵隊メンバーの走る姿があった。おっとりしていそうなキャロラインもだ。


「う、嘘だろ……」

「そんな……バケモノかよ……」


 喘鳴ぜんめいを上げる訓練兵たちがなによりも驚いたのは、その集団の中に領主代行であるアリシアがいたことだった。


「あら、皆さまずいぶんとごゆっくりであられましたことね。遠慮なさらなくても結構ですのに」


 最高クラスの美貌と笑顔で最高クラスの皮肉を言われたら何も言い返せない。

 もちろん、言い返した日には教官たちにどのような目に遭わされるかわからないのも95%くらいの理由になっていたが。


 集まった訓練兵の中には、この兵団が“貴族のお嬢様の道楽”だと思っている人間もすくなからず存在していた。どうせ偉そうに命令を出して満足するだけであろうと。


 誰しも事実を自分にとって都合の良いように解釈することがある。

 しかし、それが誤りであることを真っ先に、しかも目の前で思い知らされることとなり、訓練兵たちの態度は二日目を境にすこしずつ変わっていった。




 訓練兵たちが扱う武器だが、まさかM-14を与えるわけにもいかないので槍と弓がメインとなる。他に考えているプランもあるが、それが日の目を見るのはまだ先だ。


「得意な武器があるのは結構なことだ! だが、それだけで兵士は務まらん!」


 各員の――――多くは種族で分けられるが――――適性を見て仕分けをし、それぞれを徹底的に練習させるが、仮に自身の得意とする武器がない時の対策も必要となる。

 そのため、実際に武器を交換しても扱えるよう、この分野は領軍出身の伍長たちに任せ両方の訓練を仕込んでおく。弓と槍の運用は分隊ごとに分ける事とした。



「ビッチはベッドでゴーロゴロ!」


「「「ビッチはベッドでゴーロゴロ!!」」」


「ビッチが突然 こう言った!」


「「「ビッチが突然 こう言った!!」」」


「お願い」


「「お願い!!」」


「ほしいの!」


「「「ほしいの!」」」


シゴいてP.T!」


「「「シゴいてP.T!!」」」


 徹底的に走らせ、徹底的に弓を引かせ、徹底的に規律を叩きこむ。


 メイナードをはじめとした訓練教官たちは鬼役、そこに栄養と味に定評のあるジェフリーの食事で肉体を癒し、キャロラインが中隊の癒し役となり、マックスは中隊のまとめ役、それぞれに役目を与える。


 さすがにレジーナはキツ目の美貌がおっかなく近寄る者はいないようだが、医官でもあるキャロラインの所へは心の折れかけた兵士たちが時折訪れては何やら相談していくようだ。


 不思議なことにキャロラインの所から帰ってきた訓練兵は元気が満ち溢れたような表情を浮かべており、それがまた他の者にも伝わって密かな人気を博しているらしい。

 訓練さえまともにこなせば、教官たちもそこは口うるさく言わなかった。


 言うまでもないが海兵隊式のブートキャンプはこの世界で集団に施すのは初めてのもので、中心メンバーで話し合った当初もあまりに追い詰め過ぎて潰れられては困るとの懸念があった。

 そのため、思わぬ副次効果にむしろ安心していたくらいだ。


「貴様らはいずれ兵士となる。しかし、だからといって脳みそが空っぽのままでいいわけではない。バカでいいのならゴブリンを調教した方がずっと早いからな」


 訓練開始から3週間が過ぎたあたりから、午前中に座学を行い始めた。

 内容は肉体の鍛え方、栄養の取り方、衛生、医療、簡単な装備の作り方、罠の作り方、追跡のやり方、隠密行動のし方などを海兵隊メンバーと伍長たちが持ち回りで教えた。


 内容は各自の得意分野などを話していくものだが、当然ながら教官としての経験があるわけでもないため完全なものとは呼べないだろう。

 だが、この世界ではそういった知識が理論としてほぼ根付いておらず、吸収できるだけでも兵士としての質を高められる。

 彼らが授けられるそれらは海兵隊メンバーや伍長たちが実際に使用して戦場を生き抜いてきた知識だ。実地訓練、ひいては実戦で使うものであれば確実に役に立つだろう。 


 とはいえ、これらの専門知識を訓練兵たちが完全に理解する必要はない。それは教官たちも考えが一致している。

 ただ、教育を受けた者はそれだけでも自信になる。傲慢さに結びつかない保証はないが、それでも意識が変わる。変化がまた新たな能力を引き出すのだ。


「中隊副指揮官、近々小隊プラトーン分隊スクワッドを編成する。まず貴様が小隊長を3名推薦しろ。小隊長を決めた上で分隊長を決める。各長には報告書を提出させろ。形式は貴様に教えておく」


 週に一度はアリシア、そして王都のクラウスに向けた報告書を作成しなければならない。

 メイナードたち教官で中隊――――100人全部を細かく見ることはできない。

 また目は多い方がいい。そのため下から情報を吸い上げ、その上で様々な問題点の洗い出しなどを行うことにした。これは地球と同じやり方だが、伍長たちからはすこぶる評判が良かった。


 肉体訓練、座学、報告……これらをやっているうちに、6週間が過ぎていった。 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます