第95話 訓練開始! 最上級曹長殿のオリエンテーション~前編~



「“先任訓練教官シニア・ドリルインストラクター”のメイナード・ヘインズ最上級曹長サージェント・メジャーだ! 訓練中隊の指揮官を務める!」


 訓練兵たちの前を歩き出しながら、メイナードは声を張り上げる。


「 ……しかし、なんだ貴様ら? どいつもこいつも訓練前から死にかけの鶏みたいなツラを晒しやがって反吐が出そうだ。兵士になるなんぞと息巻いてはいるが、博打バクチとマスカキ以外にその手を使ったことがあるのか?」


 いきなりの不意打ち罵倒にアリシアは噴き出しそうになった。


 本場海兵隊のブートキャンプでもここまではそうそうやらない。

 だが、世界そのものが違うことは先ほどの整列時の“体たらく”でわかっていたため、訓練兵たちに発破をかけるには数倍の罵倒が必要だとメイナードは判断していた。


 わかってはいたけれど、開幕早々煽ること煽ること……。


 アリシアは内心で苦い笑いを浮かべる。

 線の細いアベルと異なり、185㎝の屈強な身体を持つメイナードからはいかにも古参の兵士といった印象を受ける。

 髪型はG.I.カットとも呼ばれる兵士御用達のクルーカットだが、サイドに二本ほど線を走らせるように刈り込んでいるため凄みと同時になかなかにオシャレな印象を与えている。

 そんな人間が腹からの大声で罵声を放つものだからもはや迫力しか存在しない。


 余談ではあるが、この世界の平民は栄養事情があまり良くないため、180㎝に達するような背の高い人間はきわめて少ないし、いても痩せぎすばかりだ。

 そもそも訓練兵たちが満足に食事をとれているならこのような形で兵士になる必要などないわけだが、そんな彼らからすれば目の前に立つメイナード最上級曹長はオークかオーガあたりに見えているかもしれない。


「俺は元々異国人だが、今はヴィクラント王国の市民だ。基本的にはこの国のやり方に従う。しかし! 俺が生まれ育った国の軍隊であれば集合をかけてから、貴様らより数倍早くこの形に集合できる! この遅さはなんなんだ!?」


 「市民?」聞きなれない言葉に何人かが首をかしげ、また「そんな兵士なんているのか?」などとザワつく。

 この期に及んでも一向に緊張感が増してこない空気がメイナードのかんに障った。


黙れボケナスShut Up, Motherfucker! 誰がクソを垂れていいと言った! 話しかけられた時以外は口を開くな! なんだ、この腑抜けた空気は! これが兵士になろうとしている連中の動きか!? ナメクジだってもうすこしマシだぞ? 貴様らはこの国に泥を塗るつもりか?!あ゛ぁ!? 貴様、答えろ!」


「そんなことはありません!」


 水を向けられ答えるのは中隊副指揮官に選ばれた男――――書類ではたしかマックス・アルフォード、王都北部の街ザイストリッツにある商家の次男坊と書いてあった。

 平民にしては育ちが良さそうに見えるが、早速メイナードから目をつけられたようだ。


 アリシアとアベル、それにエイドリアンとレジーナは知らないフリをしているが、マックスの隣には見知った顔――—―ギルベルト・ジルバ・ゼーレンブルグの姿があった。


 調べた範囲では冒険者として登録し、ザイストリッツを拠点に活動。隊商の護衛などを通してアルフォード商会の食客扱いになっていたようだが、そんな情報を頭から信じるほど海兵隊員は純粋ウブではない。

 とはいえ、ひとまずここでは気にしない方向で進める。


「それでも中隊副指揮官か!! 口からクソを垂れる時は「サー!」とつけろと少佐殿が言われただろう! それすらも空き部屋だらけの脳みそに突っ込めないド低能か、貴様は!!」


 もちろん、これもギルベルトあるいはマックス本人への嫌がらせが目的ではない。

 メイナードはそういった諸々の背景は知らないので、選定基準も本当に偶然の産物である。


 育ちが良さそうであるからこそ今のうちに教官が吊るし上げておかねば、後で訓練兵たちから舐められると思ったためだ。

 万が一特別扱いされたボンボンと認識されてしまうと、ヘイトを集めやすく隊内でのいじめにつながりかねない。


 団結するために共通の敵を作り出すことは有効だが、それを同じ訓練兵――――仲間に向けられては困るのだ。敵役を引き受けるのは厳しくシゴきまくる教官だけでいい。


「サー、イエッサー……!」


「声が小さい!! 腹から声を出せカマ野郎! ……貴様ら、誰が見ているだけでいいと言った! タマついてるのか!! 全員で答えろ!!」


「「「サー、イエッサー!」」」


 他人事だと思っていた訓練兵たちも慌てて答えるが、そもそもただ突っ立っているだけの人間に腹から声が出せるわけもない。


まるで聞こえねぇぞI Can’t Hear You!! 100人分のクソ溜めか、ここは!!」


「「「サー、イエッサー!!」」」


 まだ全然ダメだ。こんなことでは先が思いやられる。もう少しばかり精神をぶん殴ってへし折っておくべきだ。


 かぶりを振るように見せてアベルの方をチラリと見るとメイナードの意図を察したか軽く頷いた。「徹底的にやれ」ということらしい。


「よし、ひょろ長い色白。名前は?」


 ひとりばかりに集中砲火を浴びせても仕方がない。メイナードは近くにいた細身なエルフの前に立つ。

 尚、来られた本人は一瞬で悲報を受けたような表情になる。


「サ、サー! ヴェイニです、サー!」


 最上級曹長からの猛獣にも似た眼光を浴びたエルフはかすかに狼狽えながら答える。


「今日から貴様は“もやし”だ。そう呼ぶ。言っておくが、ここでは菜食主義者ベジタリアン定食は出さん。泣こうが喚こうが身体を作るためなら肉でも食わせる。食えないって言うなら首を切り落としてでも流し込む! 帰るなら今のうちだぞ!」


「サー! 問題ありません、サー!」


 もはやヤケクソだった。まともに感じて考えて答えていてはなにされるかわからない。


 ヴェイニはヒトなど数が多いだけのいけ好かない種族と思っていたが、それでも現実を直視できないほどアホではない。自分は雇われる側なのだ。私兵扱いとはいえ公爵領に雇われれば待遇は今までとまるで違う。


 なにもない故郷の森を出て、軽くない差別を受けながらも文明圏の生活に辛うじてあやかれている。そこに訪れた転機が今回の募集だ。人生をかけていると言ってもいい。早々に脱落するのはごめんだった。


 そして、同じことを考えている人間はヴェイニだけではない。

 一発逆転のチャンスだからこそ、うだつが上がらない冒険者たちもこうして応募してきているし、アリシアの言う通り書類審査で何人も落とされている。


「ちっ、教会の司祭気取りかよ、それじゃあ俺はなにになれるってんだ?」


 どこかで鼻で笑うような声が上がった。

 つぶやきほどの小さなものだったが、メイナードの罵声以外に音も立てられない状況下でそれは異常なまでによく響き渡った。


「……誰だ! どこのクズだ! 教会の手先のおフェラ豚め! この場でぶっ殺されたいか!?」


 かつてない怒号に場が痛いほどに静まり返る。


「答えなしときたか? じゃあなんだ、こいつは魔法使いのババアの仕業か! 上出来だ、クズども! 頭がご立派様になるまでキツくシゴいてやる! ケツの穴からポーションを一気飲みして黄金のクソと合わせてふわとろのスムージーができるまでシゴき倒すぞ!」


 無駄口をたたいたバカが誰か、近くにいた訓練兵は当然わかっている。


 しかし、ここで下手に告げ口などしようものならどうなるかわからない。

 最上級曹長殿より「許可があるまで口を開くな」と言われているのだ。何か言われるまで勝手な行動は許されない。


 徐々にではあるが訓練兵たちはブートキャンプの空気に飲まれつつあった。


「いったいなんだ、このクズどもの集まりは。こんな情けないサマを見せてすこしは世間に申し訳ないと思わんのか? ……貴様、その酒樽みたいな身体はなんだ。さっきクソを垂れたのは貴様か!?」


「サー、ノーサー!」


 身体的特徴を正面から貶されたに等しいドワーフが顔を真っ赤にして答えるが、メイナードには気にした様子はまるで見られない。


「どいつもこいつも緩み切っているかひ弱かのどちらかしかいない! 楽をすることばかりを考えて、酒瓶か女のケツばかりを追ってきた穀潰しか貴様らは! 今までどうやって生きてきたんだ? ママの愛情が足りなかったのか? それぞれが信仰を捧げる神に申し訳ないと思わんのか!? こんなクソどもを任されるとは神はなにか俺に恨みでもあるのか? どうなんだ、貴様!?」


「サー、イエッサー!!」


 慣れていないせいで思い切り間違えた。

 罵倒されたドワーフは早くも教官を名乗るオーガを人類史上稀に見る最高級のクソだと思い始めているが、それでも口に出したのはわざとではない。


「俺をクソだと言いたいか、貴様!!」


「サー、ノーサー!!」


「本当に救いようのないパープリンどもめ。空っぽの頭の中にはカネか女とヤることしか入っていないどうしようもないゴブリンどもが貴様らだ。どいつもこいつもプライドだけは一人前だが、まるで中身のないドンガラ揃いだ」


 罵倒を繰り返しながら、メイナードは犠牲者2号となったドワーフから離れていく。


「親と先祖の名誉を汚すだけの生きる価値も無い人間以下の病気の害虫か貴様らは。俺は長い間兵士をやってきたが、それでもどうやったら貴様らのようなウジ虫が人間様の股から生まれてきたのか到底理解ができん。いったいなんのせいだ? 先祖の血のせいか? それとも親の教育のせいか?」


 あまりの出来の悪さにメイナードの額に青筋が浮かび上がってくる。


 そりゃ二十一世紀の地球じゃないんだから……。


 様子を見守っている海兵隊メンバーはそもそものベースが違うと思わなくもないのだが、場に合わせたやり方が必要となれば容赦はできない。

 訓練中隊を発足させた目的は公爵領軍の歩兵レベルは容易に凌駕する兵団を創設することであり、兵士として鍛え上げるために徹底的に個人の人格を否定しひとつの部品に変えるしかない。


「おい、貴様に言っているんだ、スキン野郎Scumbag!! 死にかけの獣がファックして奇跡的に生まれたのが貴様か?」


 ところどころの体毛が濃い獣人相手に侮蔑どころではないような罵倒を繰り出すが、まだまだメイナードは止まらない。


「サー! ノー、サー!」


「なんだその目は? 悔しいか? だったら、もっと凄んで見せろ!」


 ほぼほぼ殺意となって睨みつけるが、その程度でビビっていては最上級曹長など務まるはずもなく逆に睨み返して獣人は先に目線を逸らす。


「 ……迫力なし!死んだ魚だってもう少しマシな目ができるぞ! せいぜい練習しておけ!」


 ふたたびメイナードは中央へと戻っていく。


「貴様らに比べたら倉庫で食い物を狙っているネズミの方がよっぽどマシだ! 貴様ら! ゴミクズの中で腕に自信のある奴はいないのか? どうなんだ、これだけ言われて悔しくないのか? 挑みにくる勇気を持った男はいないのか? やれるもんならやってみろ! どうした、睨んでいるだけか? 俺と殴り合う勇気もない腰抜けのスライム野郎しかいないのか?」


 いったいどこからそんな罵声のために語彙をひねり出せるのか、さすがの海兵隊メンバーも不思議になるほどだった。

 これに比べればアベルのブートキャンプはまだ優しかったかもしれないとアリシアでさえ思う。もっとも、その後の訓練に容赦は見られなかったことから、公爵家令嬢としてほんの少しだけ手加減されていたのだろう。


 しかし、その一方でメイナードが罵倒するたびに兵士たちの目がギラついてくる。

 間違いなく怒りのものだ。ろくにやる気の感じられなかった訓練兵たちの感情はもはや沸騰寸前にまで高められていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます