第62話あなたの想いは?


 アリシアの乗った馬車の中でにわかに非常事態宣言マーシャル・ロウが出されかかっている一方、アベルはなぜかその後ろを進む馬車の中にいた。


「悪いわね、アベル。わざわざ別の馬車に乗ってもらって」


 なぜ自分がここに居るのだろうか?

 

 そんなアベルの内心に渦巻く疑問に答えるかのように、オーフェリアは形の良い口を開く。


「いえ。私はアリシア様の従者ではありますが、公爵家にお仕えしていることに違いはございません。閣下と夫人を護衛するのも私の仕事のうちです」


 アベルは丁寧に返した。


 いきなり動き出した今回の諸々をクラウスに伝えるため、急遽オーフェリアも領都へ戻ることが決定した。

 砦の守備はオーフェリアの副官に任せてある。


 ある意味において、オーフェリアはスベエルク――――アンゴールの申し出をこの時点で信じたことになる。

 もちろん、万が一の際には砦は捨てても構わないと伝えてあるが。


「そんな意味で言ったのではないのだけれど……。まぁ、そういうことにしておいてあげるわ」


 それは彼女の望んでいた回答ではなかったのだろう。小さくオーフェリアは溜め息を吐き出す。


「さて、あらためて礼を言わねばならないわね。――――、だったかしら?」


 オーフェリアには語らなかったはずの“前世の名前”を呼ばれ、アベルの中にいるもうひとつの自分が小さく感情を揺らめかせた。


「……驚かないのね」


 なんだか妙に残念そうな表情を浮かべるオーフェリア。

 アベルを驚かせようとタイミングまで計っていたらしい。


「ご期待に沿えず申し訳ありません。ですが、閣下には申し上げていたことですので。それに、送られた書状の内容がとは限りませんでしょう?」


 感情の揺らめきが見られないきわめて冷静な表情でアベルは返す。

 なんとなく、このメンツになったからにはそういった会話になるだろうなと予想していたため、気持ちの備えもあったのだ。


 そもそも、砦でオーフェリと話した時からアベルは違和感を感じていた。


 あのクラウスがオーフェリア相手に「あとは娘に訊け」などと手抜きをするだろうか。

 いや、間違いなくそのようなことはしない。


 嫁を相手に適当なことをすると後が怖いというのもあるだろうが、同時にクラウスは公爵家当主としての役目もきっちりと果たしていたわけだ。


「ふふふ、あの人がアリシアの従者にするはずだわ」


 感嘆したようなオーフェリアは笑みを深める。


「このようになるのではないかと予想もしておりました。しかし、本当に人が悪いことをされますね。スベエルク殿下の気持ちが今ならよくわかります」


 返すアベルの言葉は淡々としていた。


 要するに、アベルはオーフェリアに試されているのだ。


 たとえクラウスが認めているとしても、オーフェリアが同様にアベルたち“チーム”について認めてくれるとは限らない。


 仮にも国の中枢にいるはずの第二王子派が、たったひとりの少女レティシアによってぐちゃぐちゃに掻き回されつつある現状を考えれば当然の反応だった。

 アベルがレティシアと同じように王国を混沌へと叩き込む要因とならない保証もなく、すでにクラウスやアリシアが籠絡されていないとも限らないからだ。


 ましてや、アンゴールとの砦をめぐる攻防戦でを見せつけたのだ。

 ただ単に戦に勝ったと手放しで喜べるほど単純な話ではあるまい。


「本当に優秀で助かるわ。いっそ、あなたみたいな人間が王族に転生してくれていたらどれだけ良かったか」


 オーフェリアはそう言うが、アベルからすれば冗談ではなかった。


 もしそうなったとしたら、最終的に迎える結末は下手をすれば今以上に厄介なものになるのではないか。


 早い段階から自分の意識があれば良いだろうが、もしアベルの時と同じタイミングで王族に転生でもしていたら、アリシアの起こす反乱を鎮静化させた後が本格的に危険なことになるとアベルは思う。

 ウィリアムルートのエンディングは、聖剣を手に入れ反乱軍を倒したウィリアムが新たな王に即位し、晴れて主人公ヒロインであるレティシアと結ばれる。

 だが、シナリオ自体は結婚式で終わっておりその後王国がどうなったかまでは語られていない。


 この世界に来て周辺国の動向を見るに、どう考えても長くない命ではないだろうか。


 まぁ、そもそも――――アベルは不快感を覚える。


 悪いが願い下げだ。自分はあのようなことをしでかしてくれる節操のないクソビッチレティシアはまるで好みではないし、なによりもアリシアをこの手にかけたくはない。


御冗God's談をNavel。一国の運命を背負うような身分にはなりたくはないですね」


 思ったままのことを言うわけにもいかずアベルは冗談めかして返したが、予想外に気持ちがこもってしまったのか小さく鼻が鳴った。



 わざとらしく肩を竦めてみせたアベルに、オーフェリアが間髪入れず言葉を挟む。

 アベルの目がふたたびオーフェリアを向く。


「自覚があるかどうかは知らないけれど、あなたの介入によってアリシアの運命は大きく変わったらしいじゃない」


 前を行く馬車に乗った愛娘アリシアの方向へ一瞬視線を向けたあとで、実に興味深げな表情を浮かべてアベルのほうを見るオーフェリア。


「まぁ、あのままでは私も含めて皆が滅びる運命しかありませんでしたから」


 ブートキャンプに関してはと思わなくもないが、そこにはあえて触れずにアベルは淡々と答えた。


「それはどうでもいいわ。少なくともアベルがあの人に語った運命とやらは回避できたみたいだし。それよりも、よ」


 そこでオーフェリアは居住まいを正す。


「わたしが言いたいのはね? 現時点で判断できる材料だけを見ても、出来事の中心にアリシアとあなたたちがいるってことなのよ。これをどう思う?」


 それが問題なのだばかりにオーフェリアは問いかけてくる。


「どうとは?」


 鸚鵡返しになる。

 問われている言葉の意味が漠然としすぎていてアベルには理解しがたかったためだ。


「あなたは、この先アリシアとどう歩んでいきたいと考えているかが聞きたいの」


 アベルは言葉に詰まった。


 意味がわからなかったからではない。

 ついに自分の中に潜む気持ちをはっきりとさせる時がやってきたからだ。


「実を言えば、スベエルク王子からアリシアを嫁に欲しいと言われているわ。惚れただなんだと言ってはいるけどね」


 そこでアベルの表情が固まった。


 もちろん一目惚れというわけではあるまい。

 政治的な背景があるはずだとそれらを考えようとするも、「なぜ?」という取りとめもない感情ばかりが先行し思考が妨げられる。


「あらあら、この話題にはちゃんと反応びっくりしてくれるのね」


 アベルの反応を見るオーフェリアはどこか嬉しそうだ。


「殿下に答えは返していないわ。これはわたしに決定権がないのもあるけれど。まぁ、本人に直接言ってみてはいかがかとは返したけどね」


 ふふふと笑うオーフェリアら、まるでいたずらを仕掛けようとする子どものような目を浮かべていた。


「わ、私は、あくまでもアリシア様の従者です。そこに個人の意見を挟む余地など――――」


「ねぇ、アベル」


 努めて冷静に返したアベルの言葉をオーフェリアは途中で遮った。


「あなたはどうしてそこまでしてアリシアのために動いてくれるの? その運命とやらのとおりに公爵家が没落するのなら、あなた自身もっと目立たないように生きる方法もあったと思うわ。お世辞を抜きにしても、あなたならそれだって可能だとわたしは思う」


 真意を問うようなオーフェリアの瞳がアベルを見据える。

 それは詰問するようなものではなく、アベルの本音を求めようとしていた。


「私は――――」


 たしかにオーフェリアの言うとおりだった。


 別にゲームに近い世界にいるというだけで、行動範囲はゲームと違って無限大だ。


 たとえ貴族として生きることが難しくなっても、前世の知識を生かして商人になるなり、能力を使って傭兵になって立身出世を目指すなり“ゲームになかった選択肢”はそれこそいくらでもあっただろう。


 だが、その選択肢は今まで考えたこともなかった。

 いや、念頭にもなかったと言える。


「私は、アリシア様に負けて欲しくなかった」


 単純にイヤだったのだ。

 自分がその強がる姿を美しいと思った少女――――アリシアが負けたままでいるのが。


 皆の前でアリシアが断罪された夏の日。

 あの時、アリシアが浮かべた表情――――泣き出したいのを懸命に堪えている姿を見ていたくなかった。

 彼女にそんな表情は似合わないとアベルは心の底から思った。


「たとえ、去り際の態度が単なる強がりに過ぎなかったのだとしても、そのままで終わらせたくはなかった。それほどまでに美しく感じたのですから。それに――――彼女にそんな姿は似合わいません」


 自分でも不思議なくらい、アベルの口から思いを告げる言葉はすんなりと出てきた。

 胸のつかえが取れたような気分だった。


「……なんというか、ホント不器用よねぇ~。でも、あなたがそう思ってくれたからこそ、あの子は救われた」


 右のこめかみに指を運んでいたオーフェリアはふわりと微笑んだ。


「わたしやあの人みたいに、武に関わらせなかったのはあの子自身が選ばなかったのもあったけど、それはそれでべつに構わないと思っていたわ。もうそういう時代ではないと思っていたから。でも、この国を取り巻く世情がそれを許してはくれなかったみたいね……」


 あの学園で、アリシアは剣技など武に秀でてはいなかった。

 もしかすると、それもまた第二王子を裏で操っている人間に、あれを決断させた要因のひとつなのかもしれない。


 だから、アベルはまず戦えるだけの力と意思をアリシアに与えた。かなり強引な方法で。


 しかし、彼女はそれを負けたくないという意志の下に身に付け、自分が正しいと思うもののために行使しようと歩き始めている。


「ねぇ、アベル。もう一度訊くわ。?」


 オーフェリアは重ねて問う。


 すでにアリシアは歩み始めている。

 ならば、自分も想いを表さねばならない。

 あの秋の夜、アリシアが語った想いの一端を現実のものにするために。


「私は、彼女と共に歩んでいきたい。運命があの少女アリシアを巻き込むというのなら、私はを使ってもそれに抗い、守り抜くでしょう。この世界に骨を埋めると決めた時、そう誓ったのです」


「お伽噺とぎばなしの悪鬼羅刹のように、あなたは世界を敵にでも回すつもりなのかしら?」


 問いかけるオーフェリアの視線に厳しい感情の色はない。

 ただ真意を問おうとするものだけが存在していた。



 コバルトブルーの瞳の中に潜む強靭な意思の宿ったアベルの瞳。

 そこから発せられる視線を真正面から受けたオーフェリアは、その鬼気とでも呼ぶべきものにあてられないよう小さく溜め息を吐き出す。


「……合格ね。あぁもう! わたしも若くないんだから、そんなに剣呑な目で見ないでほしいわ、心臓に悪い!」


 この話はもうここまでよとオーフェリアが片手を掲げた。


「……まぁ、アリシアが何と答えるかはわからないけれどね。でも、今のあの子はアンゴールにくれてやるほど安い人間じゃないわ。交渉次第だけれど、あくまでもアンゴールとは協力関係を構築するだけで、そこに血縁関係なんて結ばせてはあげないわよ。第一、“ファーン”は世襲制じゃないじゃない」


 この期におよんでギャンブルなんか打たないわよとオーフェリアは一気に表情と口調を崩した。


「唯一気になるのは第一王子ね。第二王子があんだけポンコツでも、第一王子が復帰できるとなればこの国もどういう方向に転がっていくかわからないわよ。第一王子が旗頭になる器なら、あの人もアリシアを札として切らねばならなくなるかもしれない」


 オーフェリアの言葉にはどこか予感めいたものがあった。


「わたしはね、個人的にはアベル――――あなたを応援したいと思っているの。わたしとあの人も恋愛結婚できたから。もちろん、政治的な部分で折り合いがついたのもあるけどね。……だから、ね」


 すべてお見通しなのだろう。

 アベルはにこやかに笑うオーフェリアに小さく肩を叩かれるのだった。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます