第6話どうする? 諦める? 謀反にする? そ・れ・と・も……?


「まずひとつ目のプランですが、これは事態の鎮静化を図るプランになります」


「ふむ?」


「具体的にはお嬢様とウィリアム殿下との関係の修復を試みることですね。いくら成人はしていても、まだ殿下が年若いことに変わりはないわけです。王家と示し合わせれば、一時の気の迷いと断じることもできましょう」


 発言の内容に反して、アベルの口ぶりは本人がまるでそうは思っていないとわかるものであった。

 そして、それを聞いているクラウスの眉も、あからさまに不満そうな形に歪んでいく。

 次第に空気が剣呑さを増していくのを承知の上で、アベルは控えめに苦い笑みを浮かべて続けていく。


「このまま感情のままに対立を深めてしまえば、いずれは国を割る内乱へと発展するでしょう。それはこの国にさらなる災いを招くことになります。具体的には帝国など周辺国からの干渉・侵攻ですね。これらを回避できるメリットがあります」


「では、反対にデメリットは?」


 不機嫌そうなまま、続きを促すようにクラウスが問う。


「まず間違いなく、今回の件で貴族派の強硬論者は黙っていないでしょう。婚約にしても、過去に彼らからの反発があったはずです。それを閣下の面子を考えて貴族派が折れてくれたにもかかわらず、王族からの婚約破棄という宣戦布告にも等しい仕打ちを受けたのです。今度こそ不満の爆発は避けられますまい。貴族派の内ゲバとなるばかりか、閣下にも危険が及ぶ可能性があります。それになにより――――」


 そこでアベルは一度言葉を切って、軽く息を吸い込む。


「これはではありません。第一、我が主であるアリシア様をここまでコケにしてくれた“ボンクラ王子”どもに、公爵家が頭を下げなければいけないような事態など、


 そこからできる限りの不敵な笑みを浮かべて、アベルは強い語気で言い切った。

 そのコバルトに輝く双眸に永久凍土の怒りが渦巻いているのを、クラウスは見逃さなかった。


「……よろしい。私の感情的に考えても大変よろしい。いや、むしろ素晴らしい答えだ!」


 公爵という立場にあっては、なかなか自身の感情を口には出すこともできない。

 しかし、自身の欲していたセリフがアベルの口から出たことで、クラウスは不機嫌な表情から一転してひどく満足気な表情を浮かべる。


「……というわけで、第一のプランは却下だな。では、アベル。残るふたつについてもお聞かせ願えるかな?」


 むしろ嬉々として意見を却下したのを見て、アベルは戦争狂ウォーモンガーの気があったかなと、少しだけクラウスのことが不安になる。


 そういえば、ゲームのシナリオだと娘のために貴族派を糾合して反乱を起こしたんだよな、この人……。


 アベルはゲームの設定だいじなことを思い出すも、今になってこのプレゼンテーションを止めるわけにはいかなくなっていた。

 仕方がないと腹をくくり、アベルは続きを口にしていく。


「……はい、閣下。ふたつ目のプランは、籠城案に近いものとなります。まず、アリシア様を“療養”を名目にしてあの学園から遠ざけます。そもそも、あのようなことがあった後では学園への復帰はなかなかに厳しいでしょう……」


「……妥当な線だな」


 クラウスは、アリシアの制服姿が見られなくなることに一抹の寂しさを感じながらも努めて冷静に答える。


 しかし、続けてアベルが話す内容がクラウスの思考に大きな一石を投じる。


「そして、王都とのやり取りでのらりくらりと時間を稼ぎつつ、公爵家を中心に今回の事件を切っ掛けとして王族派に不満を持つ貴族を取り込みにかかります。狙うのは、主にアリシア様があのような仕打ちを受けたことを憤る、もしくはウィリアム殿下の行為に危機感を抱いた貴族が中心となります」


 アベルの言葉には成功を確信する響きがあった。

 そう、アリシアが断罪されたあの場。そこにいた貴族子弟たちから親――――各貴族家の当主に伝わる情報があるからだ。


 アリシアがレティシアに対して行ったことは、付け込まれるだけの隙こそ与えたものの、はっきり言っていやがらせとすら呼べるものではない。

 

 むしろ、目鼻の利く貴族なら、王子がしでかした婚約破棄発言の方がよっぽどマズい行為だと気が付くであろう。

 それによって、王族派に見切りをつけた貴族を貴族派に引っ張り込もうというのだ。


「ふむ、悪くはない。しかし、それでは王家に対する叛意を疑われるのではないか? 籠城案というにはかなりリスクが高いと思われるが」


 いささか強硬とも言えるプランを耳にしてもクラウスは動じない。

 今頃彼の脳内では公爵軍が王都に攻め入っている頃だろうから、それに比べれば大したことはないのだろうとアベルは内心で苦笑する。


「一概にはなんとも言えないところです。しかし、国内を二分する派閥の筆頭がそのような行動に出たとなれば、王族派も虎の尾を踏んだとしてこちらを宥めにかかってくるでしょう。そこで何らかの譲歩を引き出せばいいわけです。こちらの感情的には納得しにくい部分もありますが、我々が利益を得るための合理的な判断と割り切るしかありません」


 アベル自身も自分で言っていて気に入らないのか、少しだけ不満げな表情となっていた。


「では、この場合のデメリットはどうなるのかね?」


「内乱の危機が早期に訪れる可能性があります。こちらに物騒な人間がいるように、王族派あちらの強硬派がどう出てくるか次第ですね。匙加減を間違ってしまえば、謀反扱いは免れませんでしょう。火種は即四方に延焼し内乱に突入すると思われます」


 第二王子を推す派閥などは、これ好機とばかりに騒ぎ立てかねないだろうな、とアベルは思う。


 世の中には、物事の機微に疎い者が一定数存在している。

 貴族派の示す不快感などに対して「謀反の疑いあり」とパフォーマンスで言う者がいれば、まさしく額面通りの意味にしか受け取れない人間が。


「しかし、アベル。君にそれを厭う様子はあまり見受けられないが」


「ええ、現時点なら王族派の勝率が低いからです。こちらの勢力および戦力が十分に確保されていれば、例年の騎馬民族の襲来で鍛えられた閣下率いる西部方面軍が負けることはまずありませんでしょう。ですが、確実にこの国は大きく荒廃します。そして、それを周辺国が見過ごしてくれるとは思えません。そこが最大の問題です」


 冷静に彼我の戦力分析とその後の予想を並べるアベル。

 必要とあればそこまで考えてのける果断さに、ますますクラウスはこの若者を自分の手元に置いておきたくなっていた。


「フン。ロクでもない後継ぎしかいない国であれば、いっそ滅んでしまえばいい――――とでも言えればどんなに楽かわからないな。だが、我々貴族は国家に忠誠を誓っているのと同時に民に対しても責任を負っている。同じ国の中で相争うような真似を私から始めるわけにはいかんな」


 為政者としてはともかく、やはり感情面では納得しきれていないのだろう。

 クラウスは深々と溜め息を吐いた。


 もちろん、これらを並べたところで芳しい反応が返ってこないことはアベルにも最初からわかっていた。

 だからこそ、これらに続く最後のプランがあるのだ。


 ただひとつ、初めから――――。


「そこで最後――――第三のプランがあります。先ほどまでのプランとは大きく異なる路線ですが、アリシア様には夏期休暇の終わりとともに、通常通り学園に戻っていただきます」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます