第5話父、逃げ帰った後で



「……そうか、ウィリアム殿下はアリシアとの婚約を破棄するとおっしゃられたのか。お前の様子からしてただごとではないと思ってはいたが……」


 アベルの対面から重い溜め息が吐き出される。


 羊皮紙とインクの香りがほのかに漂う広い部屋の中、一目で高級品とわかる執務机に両肘をついて思案しているひとりの男がいた。


 四十近い年齢であるだけでなく、それまでの激動の人生を感じさせる苦労の皺がわずかに刻まれている顔と、少しだけ白に近付きつつある金色の髪。

 そして、そんな武骨さを持ちつつも整った貌の中で眉根が寄せられている。


 クラウス・テスラ・アルスメラルダ。

 このアルスメラルダ公爵家の当主にして、アリシアの実の父親である。


 そして、クラウスは現在、王都から強行軍とも言える速度で領地に戻って来たアベルから報告を受けていた。


「はい、閣下。私としても最善は尽くしたつもりですが、お嬢様を一刻も早くこの地へお連れするのが精一杯でした」


 前世の癖で、海兵隊員としてどこに出しても恥ずかしくない直立不動の姿勢でクラウスと向き合うアベル。


 それを見て、クラウスは少しだけ不審に思う。


 たしかに、アベルの立ち振る舞いは元々貴族としてもかなり洗練されていた。

 それに加えて、剣術と魔法にも優れていたがゆえにアリシアの護衛に選んだのだが、それでもこんなにきびきびとしていたか? と。


 感じた違和感を「気のせいだろう」と頭の隅へと追いやり、クラウスは椅子から立ち上がって席を応接セットへと移す。


「いや、そう謙遜するものではない。むしろ最上の判断だったと思うよ、アベル。……まぁ、座りたまえ」


 クラウスはわずかに相好を崩してアベルに席を勧める。


「失礼いたします」


 一礼してソファに腰を下ろしたアベルに向けて鷹揚に頷くクラウス。

 彼は元来この利発な少年をひどく気に入っていた。


「もしアリシアを王族の威を使って軟禁されでもして、その場の勢いのままに殿下の取り巻きたちも騒ぎ立てていれば、後から私が出ていったところで流れを変えることは不可能だったかもしれん。感謝する」


 クラウスは手放しでアベルを褒める。

 ちょっと大げさだとは感じるも、肉親が関わっているとなれば当然の反応だろうとアベルは思う。


「まぁ同時に、経由で、あっという間に修道院の手配すら整っていたかもしれんと思うと肝が冷える思いにもなるがな」


 ウィリアムの取り巻きのひとりが、この国の国教である聖光印教会の枢機卿の息子であることをクラウスは知っていた。

 そして彼の父親が、王国軍に強い影響力を持つクラウスとは、国を超えて水面下で睨み合う不倶戴天の存在であることも。

 そんな仇敵が、色恋沙汰絡みとはいえ今回の件を利用しないでいてくれるはずがなかった。


 まさにクラウスにとって、今回の流れは現時点では天恵といえた。


「しかし、とんでもない話だ。よくもまぁ揃いも揃って重鎮の息子たちが、たったひとりの小娘に籠絡されたと感心してしまうよ。あるいは、それだけの底知れぬ脅威なり能力を秘めているということか……」


 苦笑を浮かべて二度目の溜息を吐き出したクラウスだったが、喋っている途中から一転して鋭い目つきとなる。

 彼はアベルの報告を荒唐無稽と一笑に付したりはしなかった。


 いくら第二王子が色に迷ったボンクラだったとしても、国内外から多くの貴族子弟が集まる学園で婚約破棄を口にしたとなればただごとではない。

 そして、そうさせてしまうだけの魔力のようなモノが、その娘レティシアには備わっているということになる。


「どんな顔だか一度拝んでみたくなるものだよ。、な」


 軽口を叩くクラウスだが、その表情は小さく不快感に歪んでいた。


 レティシアという男爵令嬢がどうであれ、だからといって“やられたこと”が変わるわけではない。

 少なくとも、愛娘アリシアが凄まじく屈辱的な目に遭わされたことに変わりはないわけで、クラウスはその怒りの感情だけでも、すぐさま王都に向けて公爵軍を進軍させたいくらいであった。


 ――――この人も、大概親バカなところがあるからなぁ……。


 向き合うアベルは、一見して冷静そのもののクラウスが、内心ではマグマのごとく煮えたぎる怒りを抱えていると気がついていた。


「傾国の美女――――というにはいささか華やかさに欠けてはいますが、人の中にズケズケと入り込む……もとい、心の垣根を乗り越える才に長けているのはたしかでしょうね。それが本人が生来持つ才能なのか、あるいは――――というところではありますが」


 アベルらしからぬ軽口に、意外に思ったクラウスから少しだけ怒気が抜けていく。


「しばらく見ないうちに、ずいぶんと諧謔かいぎゃくを解するようになったな、アベル」


「これは差し出がましい口を……」


「いや、逆に頼もしく感じるくらいだ。まつりごとのしがらみさえなければ、いっそアリシアのこれからまで任せたくなるくらいだよ」


「お戯れを。それよりもです。これから先、いかがされるおつもりですか?」


 そりゃあの第二王子ボンクラと比べたらだろう、と脳内で結論を出しながら、自分の“変化”についても今は深く追及されたくないアベルは話題を変える。


 少なくとも、色気のある話は先送りでいい。

 なによりも今は、主家であるアルスメラルダ公爵家が生き延びる方法をアベルは考えなくてはならないのだから。

 ゲームのシナリオを覚えていることなんて、生きている人間が交錯する世界ではなんの役にも立ちはしない。


「そうだな……。どう転ぶかはわからんが、いずれにしても王家との折衝は私の仕事だな。時間稼ぎとも言うが。こうなってしまっては王家派と貴族派が対立することは避けようもないだろう。その上で、この先どうするかを考えなくてはならない」


 クラウスが語ったことは、アベルの考えていることとおおむね同じ内容であった。

 

 第二王子ウィリアムの“大失態”により、近いうちに王族派と貴族派の対立は再燃することだろう。

 問題は公爵家としてそれをどう扱い、またどう将来に備えるかだ。


「閣下としては――――」


「まぁ、待て」


 クラウスは手を掲げてアベルの発言を止める。


「まずはお前の考えを聞きたい。しばらく会わない間に、ようにも思える。私の勘はだな、アベル。“君”個人の意見を聞くべきだと言っている」


 どこか挑むような目をクラウスはアベルに向ける。


 これは、たぶん試されているな……。


 覚悟を決めなくてはいけないかとアベルも気持ちを引き締める。

 同時にかすかな昂揚感。

 ちょっとした“戦い”の気配を前に、知らずの内に気持ちが昂ぶっているのかもしれない。


「……今この場で考えられるプランですが、三つほどあるかと」


 頭の中で考えを整理しながらアベルは指を三本立て、そのうちにひとつをゆっくりと折り曲げてみせた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます