第4話ファーストミッション! お嬢様の撤退を支援せよ!


 鋭く息を吐き出しながら瞬間的に両方の腕に力を入れて捻って、アベルは左右から自分の腕を掴んでいるイケメンふたりの体勢を同時に崩しにいく。

 そして、不意を突かれて隙だらけになったところにすかさず足払いをかけ、そのまま一気に床へと転ばせる。


「ぐあっ!?」


「うっ!?」


 鈍い音とともに、ふたつの悲鳴が重なるように上がる。


 いかに彼らが剣術など騎士の必須武術が達者であっても、このような近接戦闘となれば話は別だ。

 人体の構造を理解した上で考案された格闘術が、地球にはまったく及ばないこの世界では、簡単な体術だけで相手は転がされてしまう。


 むしろ、この程度の拘束で動けなくなるとは……とアベルは数分前までの自分を情けなく思いかけたが、自分を拘束している相手たちの親玉がこの国の王子とあれば、二の足も踏んでしまうかと納得する。

 少なくとも、意識が融合する前の十七歳程度の判断力でそこまで決断することは厳しいだろう。


「き、貴様よくも――――!」


 衆目に晒された場所で地面に這わされたことで、立ち上がりながら顔を真っ赤にして怒るふたりの少年が身構える。

 反射的に彼らは腰に手をやるものの、さすがに両者ともに剣は差していない。

 剣が貴族の嗜みだとしても、学園で剣術の授業以外で剣を持ち歩くなど非常識以外の何物でもないからだ。


「それはこっちのセリフだ、クソ新兵ファッキンニューガイども」


「な、なに……?」


「私がお嬢様の従者であることを差し引いても、私は王国貴族としての矜持を持っている。その私が問う。か弱き女性を地面に這わせるのが、この国の栄えある貴族たる男子のやることか?」


 一切の物怖じすらないアベルの言葉。

 混ざったスラングの意味はわからなかったようだが、真正面からアベルが鋭く睨みつけると対峙しているふたりもたじろぐ。

 まったくの正論をぶつけられたこともそうだが、今までに見たこともない圧力を持つアベルの眼光に気圧されてしまったのだ。


「それと、いつまでも年頃の女性にベタベタと触れている貴様らもだ。今の時点までの責任までは問わないでおく。痛い目を見たいなら止めないが、そうでなければすぐにアリシア様から離れろ」


 アベルの威圧をこめた言葉に、アリシアを取り押さえていたふたりの男が慌てて離れていく。

 一瞬でふたりを地面に転がらせたアベルの動きを見て、同じ目に遭わされてはたまらないと思ったからだろう。

 よくもその程度の根性で女性を押さえつけようとしたものだ、とアベルは内心で不快感を覚えずにはいられなかった。


「貴様、アベル! 伯爵家次男の分際でこのような不敬が許されるとでも思っているのか! よもや、国内外から貴族子弟や各国要人の血縁が集う伝統ある学園の風紀を乱したアリシアを庇い立てするつもりではなかろうな!」


 さすがに自分の“威光”でなければ効果がないと判断したのか、ウィリアムが一歩前に出てくる。


 しかし、アベルは怯まない。


 ここで怯んでしまえば、一気に流れが悪くなってしまうと理解していたからだ。

 アリシアがここまでの屈辱を受けた時点でギリギリの状態なのだ。

 自分が防波堤とならなければ状況はどんどん悪化していくだけだ。


 まぁ、それ以前に――――アベルは内心で笑う。

 肩書きを利用しただけでなんの覇気も持たない人間の凄みなど、前世の新兵訓練時に受けた教練指導官殿ドリルインストラクターから受けた罵倒の0.1%も恐ろしくなかった。


「……殿下、勘違いをなさらないでいただきたい。むしろ風紀の乱れを正そうとしていたのはアリシア様です。従者である私が口を挟むような真似は差し出がましいと控えておりましたが、この際ですから申し上げさせていただきます」


 そう言って、アベルは一歩進み出る。


「学園にいる以上、誰もがみな平等に“ひとりの生徒”として扱われます。ですから、殿下たち――――国王陛下や、この国あるいは他国の重鎮として名を連ねる方々の御子息たちと、日々の中で友誼を交わされるのもまた自由ではありましょう」


 そこでアベルは表情を引き締める。


「しかし、それはあくまでも建前。また、自由とは無制限のものではありません。もし周りと遊戯を交わすにしても、それなりの家格を者から始めるなりの然るべき手順があるのではないですか?」


 お前たちがアリシアにやったことはどうなんだ? と目の前にいる人間たちを牽制するように、アベルはウィリアムたちに向ける視線を強くする。

 その視線が真に向けられているのは、ウィリアムの影に隠れたひとりの女――――レティシア・ローザ・ザミエルであった。


 しかし、レティシアはウィリアムの背後に隠れてしまう。


 ――――つまらん相手か?


「まさか説教のつもりか? 従者風情がこの私になにを――――」


 アベルの視線が自身に向けられたものと激昂しかけたウィリアムが口を開きかけるが、怒りのあまりまともな言葉にはならなかったようだ。

 最初の部分から脳内で補完すると「従者風情がなにを生意気な」といったところだろうか。

 たとえ建前でも『生徒間の平等』を謳う学園内で、従者とはいえ伯爵家の人間に向けてそんな発言をしていれば新たな問題になっただろうな、とアベルは怒りを通り越して呆れそうになる。


「それに、私が忠誠を誓っているのはこの国と王家であり、ウィリアム様――――あなた様個人に対してではありません。仮にも王家の縁戚たるアルスメラルダ公爵家の御令嬢に対して斯様な恥辱を与えた件、いかに王子殿下といえど何事もなく済ませられる問題ではないとご理解いただきたいものですな」


 アベルはそれを無視して、ショックで起き上がることのできないアリシアをゆっくりと抱き起こしていく。

 王族であるウィリアムにさえ一歩たりとも退く気配を見せず、主であるアリシアを守ろうと視線と続く言葉を正面から返す。


 さて、少しばかり実力行使を伴ってしまったが、最悪の流れだけはなんとか回避できた。

 あとはこの場で「男爵令嬢レティシアに謝罪しろ」などと言い出さないことを祈るのみだ。

 そうなれば、この国は本当に真っ二つになりかねないし、アベルが強行手段に出なければいけない可能性まで出てくる。


 一方、今まで受けたことのないアベルの言葉に、ウィリアムの顏は怒りで茹でダコのように赤くなっていくが、そうかと思った途端に今度は真っ青になる。

 さすがに自分がしでかしたことのマズさに、今さらながらに気がついたのだ。


「――――さぁ、アリシア様。行きましょう。ここはもう我らのいるべき場所ではないようです」


 アリシアの意思に働きかけるように言葉を投げかけると、アリシアの目にわずかばかりの生気が戻ってくる。


「そう……ですわね……。ありがとう、アベル……」


 優しく手を添えてゆっくりと立ち上がらせると、アリシアはウィリアムたちに強い意志の込められた目を向けて口を開く。


「……さて、ウィル……いえ、ウィリアム殿下をはじめとして、皆さまにはわたくしの意図するところがご理解いただけませんでしたようで非常に残念でなりません。それでも夏期休暇の前の日でほっといたしましたわ。お休みの間に、すこしでも考えを改めていただけることを切に願っております。それでは、ごきげんよう」


 そう言ってアリシアは、まさに高位貴族令嬢の名に恥じない優雅な一礼を見せる。

 そしてそのまま踵を返してアベルの脇を通り過ぎ、堂々とした歩みで講堂を出て行ってしまう。


「ま、待て、アリシア……!」


 ウィリアムの声が背中へと投げかけられるが、アリシアは無視して去っていく。

 その立ち振る舞いは、まさにアベルが前世のゲームで見た悪役令嬢そのものであった。

 いや、間近で見ているだけに、主人公の視点フィルターを通していてはわからなかった本物の美しさをもってアベルの目に映りこむ。


「行きますわよ、アベル……」


「はっ」


 しかし、背後を警戒しながらアリシアの後を追うアベルは気がついていた。

 アリシアの声は悔しさのあまり震え出し、目からも涙が溢れ出る寸前であったことに。

 それでも言葉を乱すことなく最後まで言い切ったのは、それこそ彼女の矜持のなせる業であろう。

 アベルはその気丈さに感心すると同時に、密かに心の中でひとつの決断をしていた。



 このお嬢様なら、俺がこの世界で仕える価値があるやもしれない――――と。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます