Act.27 キミの隣に

 階段を上って購買部へ。自販機でコーラを買う。


 夕方、まとすけにいっぱい飲ませたっけ。思い出し笑いしながら、缶を開けて口をつける。



 ふう、落ち着いた。うん、やっぱりコーラはうまい!



「風見先輩」

「おお、あさみん!」


 あさみんがゆっくり歩いてきた。



「さっきは、ホントにすみませんでした。イライラしちゃってて」

「眠いときはみんなそうだって! アタシもちょっと怒りすぎたし! ごめんね」 




「風見先輩、あの……」

「うん?」

 あさみんが少し目線を上に向けながら、口を開く。



「違ってたらごめんなさい。その、ひょっとして的野先輩のこと……」




 …………ちぇっ。これだから頭の良い子は好きじゃないぜ。




「いいのいいの。今はいいんだ」


 一口飲んで、1回深呼吸。



「まとすけが、みゆ姉のことどう思ってるか知らないけどさ。アタシは、ミスコンやってるまとすけがいいの。アタシがいっぱい振り回しても、笑ってツッコミながらちゃんとついてきてくれて、一生懸命ミスコン作ってるまとすけがいいんだ。それを隣で見るのは、みゆ姉にもできないアタシの特権だからさ」



 あさみんは、黙ったまま自販機でアイスティーを買った。



「もう5年も一緒だけど、何があるか分からないじゃん? 今日のミスコンみたいにさ。今日は何もなくても、明日どっちかの気持ちが変わってるかもしれない。先がどうなるか分からないけど、そうなるまでは一緒にミスコン作りたいんだ」

「……風見先輩らしいですね」



 笑いながらあさみんが言う。



「でしょ?」




 今はアタシらしく、隣にいられれば。




「よしっ! 残りの作業片付けるか!」

「はい!」



 飲み終えた缶を捨てて、ブラウスの袖を捲る。



 頑張ってるまとすけの隣に、早く戻ってあげなきゃ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます