Act.23 紙になった貴女と

「ちょっと実優さん! どうしたんですか! しっかりして下さい!」

「なんでも~ないですよお~」


 恭平から降りた実優さんはフラフラと歩いて、頭から盛大にコケた。

「ちょっと実優さん!」

 転ぶところなんか初めて見たぞ。


 動揺を抑えて、椅子に座らせながら、肩を揺すった。

 切れ長の目がトロンとして、ニマーッと微笑んでいる。

「ふふ~、だいじょおぶですよ~。ただあ~眠い~だけですう~」


 何だこれ。いつもの実優さんと同じ人なのか、着ぐるみじゃないのか。


「園田先輩、ずっと夜に弱いって言ってましたもんね」

「みゆ姉、こんなに弱かったのか……」


 いや、弱すぎだろ。

 そりゃあ夜に弱い人はいるけどさ。1時過ぎてるし、俺達だってそれなりに眠いけどさ。

 この変貌っぷりは何なんだよ。

 


「みゆ姉、えっと、アタシのこと分かる?」

「もちろん~分かるのれすよ~。ハオちゃんで~すよ~」


「みゆ姉さっき、帰ってきたら会議やるって言ってたんですけど……」

「ん~、ちょっと~待っててくだひゃいね~」


 ヨロヨロと歩き出して黒板に向かう実優さん。

 赤いチョークを持って、グジャグジャと書いた。いや、描いた。


「ほら~金魚さんです~。恭クン、かわいいですか~?」

「あ、はい…………え、これは、あの、ミスコンに関係が……?」

「いえいえ~描きたくなったんですよ~」

 さっきまでと別人すぎて取扱い方がまるで分からない!



「みゆ姉……かわいいです!」

 かわいいを連呼しながら、実優さんに抱きつく羽織。


「ふふ~ハオちゃんも~かわいいですよ~」

 抱きつかれた実優さんは、相変わらずニコニコしていた。



「まとすけ。実優さん、かわいいのはいいけど……」

「的野先輩、どうするんですか……」

「んん、そうなんだよな……」

 3人で、言葉に詰まる。





 マズい。実優さんはずっとこのままなのか。

 これから先の作業は、なんとなくしか把握していない。

 自分の作業だって何が残っているか曖昧だ。


 恭平の作業はどうする。出場者に対してやることは何が残ってるんだ。

 実優さんがやってくれると思って、完全に頼っていた。


 どうする。このまま実優さんがしゃんとして、ちゃんと動けるようになるまで、どうすればいいんだ。


 一旦俺達も休む? いや、そんな時間はない。

 パンフレットの修正も印刷も残ってる。4人で悠長に寝るなんて出来ないだろう。

 不安が大きすぎて、ちゃんと体が休まる気もしない。




「的野先輩、とりあえずノートとかドレスとか取ってきますね! さっき園田先輩運ぶために炭酸部に置いてきちゃったんで」

「あ、あさみん、アタシも手伝うよ! まとすけ、すぐ戻る!」

 2人で走って部室を出て行った。


 隣には、寝惚けたミスドの会長。


「もう~少しでえ~ミスコンなのです~♪」

 オリジナルのメロディーで歌い始める。

 参ったな……1時間くらい寝れば治るかな……。



「実優さん、前にもこういう風になったときってありますか?」

 ゆっくりはっきり質問する。


「わからないのですう~記憶にないですう~」

 ダメか……本当にどうしようかな……。




 本番に間に合うのか。企画はうまくいくのか。

 不安が募って、そこではっきりと思い知らされる。


 なんとかやってこれたのも、精神的に実優さんに頼っていたから。

 もちろん作業の指示だって本当に助かったけど、それ以上に「実優さんがいればきっと大丈夫」という自信が自分を包んでいたから。

 それがこんな状態になって、どうすればいいか、途方に暮れてしまう。




「蒼クン~? 恭クンとお~ハオちゃんは~どこに行ったんですかあ~?」

「あ、荷物取りに行ったみたいです。ドレスとかノートとか」


「ノート~? ……おお、そうそう~思い出しましたあ~」

 ヨロヨロと立ち上がって、歩こうとする。

 危なっかしくて、急いで肩を支えてあげた。


「実優さん、どこに行くんですか?」

「鞄に~ノート入れたんですう~」

 そう言いながら、隅の床に置いてある鞄まで歩く。


「鞄の~中に~私のノートがあ~」

 目隠しで探すように、ガサガサと手探りで鞄を漁った。



「蒼クン~、私ね~嬉ひかったんですよお~ふふ~」

「へ? 何がですか?」

 しゃがんで話す実優さんに、肩を支えたまま聞き返す。


「蒼クンがあ~ミスドに入会してくれたとき~、去年のお~ミスコンを見て~面白かったからあ~入会しまひた~って、ふふ、言ってくれたじゃないですか~へへ~」

「あ、はい」

 実優さんがコンテンツを創った、あのミスコンを見て、俺は入会を決めた。



「私達の作ったあ~ミスコンを見て~入ってくれたんだ~って。良かった~って、嬉ひかったんですよお~」


 覚えててくれたんですか、という言葉を飲み込んで、話を聞く。

 うん、確かに言った。もう1年半も前なのに、ちゃんと覚えててくれている。


「お~見つかりましたあ~」



 黄色のノートを取り出した。

 実優さんがいつも使ってる、あのノート。

 席に戻って、さっきと同じ椅子に座る。



「蒼クン~、私がミスドに~入った理由~知ってますか?」

「わっ、わわっ!」

 目を瞑って、俺の肩にもたれかかる。


「あ、あの、いえ、知らないです」

 鼓動が高鳴る俺に構わず、実優さんは続けた。


「私も~中学のときに~ミスコン見たんですよお~。でね、企画ももちろん良かったけど~、ふふ、ミスコン作ってるみんなが~、とっても~楽しそうだったんです~」

「そう、だったんですね」


 そっか。実優さんも、先輩達のステージを見て入会したんだ。

 企画に魅せられて。全力で企画を創ってる先輩に魅せられて。

 いつもニコニコしてるけど、こんなに安らかな実優さんの顔は初めて見た。



「良いミスコンは~良いミスドからあ~生まれるんですよ~へっへ~」

 言いながら、ノートのページをぐしゃぐしゃと捲る。


「蒼クン~。ふふ~、少しの間~このノートがあ~私の代わりですよお~」

「…………え?」



 開いて渡してくれたノートを見る。


 そこには、綺麗な字で、何ページにも渡って、これからやる作業と、作業の注意点が書いてあった。



「この4人で~ミスコンやるのお~楽しいですよお~」

 重心を前にずらして、むにゃむにゃと机に突っ伏す実優さん。




 多分、今日出場者達のキャンセルを聞いてから、すぐに書き始めたに違いない。

 自分が最後までもたないと考えて、ダメになってもいいようにちゃんと準備してくれていた。

 俺達だけでもやれるように、整理してくれていた。

 それだけで、何だか泣きそうになった。




 ――実優さんを好きなのか何なのか知らないけどさ


 羽織のあの言葉が耳と胸に帰ってきて、ノックする。


 どうだろう。どうなんだろう。

 始めはきっと、好きだったのかもしれない。

 憧れていて、目で追って、褒めてほしくて、見てほしくて。



 今は分からない。距離が近すぎて、長くそばにいすぎて、分からない。

 一緒に駆け抜けた仲間だから、すっかり戦友だから、分からない。



 でも、今はどうだっていいんだ、そんなことは。どうだっていい。

 自分に問いかける気もないし、その必要もない。


 ホントは好きだって、そうじゃなくたって、大した違いはない。

 俺が実優さんを大事に想っていることに、何の変わりもないんだから。

 



 2年前、俺にミスコンの楽しさを教えてくれた人。

 去年、俺にミスドの楽しさを教えてくれた人。


 今年は俺の番。俺が、俺と羽織と恭平が、実優さんを楽しませる番。


 この4人で、最初で最後のこの4人で、ミスコンを創って楽しむ番。





 余っていた模造紙を床に敷いて、リボンバレッタを外した実優さんを寝かせた。

 上から、俺のブレザーをかける。

 その寝顔はとても幸せそうで、見てるだけで「何とかなる」と思える。




 バタバタと廊下を走る音が聞こえた。


 さて、実優さんの一番好きな子守唄が始まりますよ。





「ただいま、まとすけ! おわっ、みゆ姉が寝てる!」

「的野先輩、寝かせたんですか? でもこれからのオレ達の作業って――」



「実優さんがノートくれたよ。自分の代わりにしろって」

 ノートを見せながら答える。


「起きるまでは、俺達でやろう」



 やってやろうぜ。紙になった実優さんと一緒に、準備しようぜ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます