カツラ×階段×コーラ×3人目

Act.16 手応えのない勧誘

「いやあ、まとすけが無事で良かった!」

「無事じゃないっての」


 実優さんと恭平に、伊純さんの出場が決まったことをSNSで連絡しつつ、ヨロヨロと部室へ戻る。

 体が痛いけど、これから部室周りの予定だからな。鞭打って頑張ろう。


「おう、もう21時半か」

 腕時計を俺に見せてくる羽織。身長が近いと、こういうときに助かる。


「早めに部室周らないとな。みんなどんどん帰り始めるだろうし」


 窓の外はもう真っ暗で、近寄っても何も見えない。下校している生徒の挨拶が、微かに響く。さっきまで廊下でもたくさん声が聞こえていたのに。


 遠くから電車の車輪音が響くだけで、近くにいる生徒の気配を耳で感じるのは難しかった。




「ただいまー! あれ、みゆ姉」

 部室には実優さんがいた。


「おかえりなさい、ハオちゃん。ノートを持っていくのを忘れてたので、取りに来たんです」

「なるほど。あ、みゆ姉、スマホ見てくれました?」

「はい、菜音ちゃんが出てくれるんですね、おめでとうございます」

 ニッコリ笑って、軽く拍手してくれる実優さん。


「ハオちゃん、菜音ちゃんのお願い、大変じゃなかったですか? 大丈夫ですか?」

「はい、ちょっとあったんですけど、まあ何事もなく終わって」

「そうですか、それなら良かったです」

 何事かあったでしょ! 一大事だったでしょ!


「では私と恭クンは鎌野さんの取材の後、続けて菜音ちゃんの取材に向かいますね。ハオちゃん達は部室周りですか?」

「はい、まとすけと一緒に周ってきます!」



「あの、実優さん」

「蒼クン、どうしました?」

「その……確認ですけど、ミスコンの候補者、2人でもいいんでしょうか?」

 直接対決の形だけど、一応ミスコンにはなる。

「2人でもオッケーって話なら、もう企画決行で確定なんですけど……」


 肩にかかった黒髪をスッと後ろに流しながら、実優さんは「んん……」と言葉を詰まらせる。

 切れ長の二重を少しだけ細めて考え込んでいたが、やがていつもの柔和な表情に戻った。


「そうですね……私の意見ですけど、2人はちょっとな、と思います」

「やっぱり少ないですか」

「そうですね。それに2人だと、勝ち負けがはっきりついてしまうんですよね」

「あ、そっか。そうですよね……」


 観客の投票で勝負を決めるミス水代コンテスト。投票数は明かさないから、3人以上なら優勝以外の順位は分からない。


「みゆ姉の言いたいこと、アタシも分かります! せっかくコンテストに出てもらってるのに、負けちゃった人にイヤな思いしてほしくないですよね。やっぱり、気持ちよく企画に参加してほしいし!」

「……うん、実優さんの言うとおりですね。ありがとうございました。頑張ってもう1人集めます!」

 目標人数まで、あと1人。






 実優さんを見送ってから、2人で部室周りの準備をする。


「まとすけ、四季祭のパンフとミスコンのパンフ持てばいいよね?」

「ああ、とりあえずそれがあれば大丈夫だろ」


 四季祭実行委員会が制作しているパンフレット。案内用に部室棟の案内が書いてあるので、これを見ながら部室を巡っていく。


「とりあえず隣のバトン部から周っていこう。帰ってるところは諦めるってことで」

「よし、それじゃ出発!」

 羽織の合図とともに、ミスドの部室を飛び出した。



 @バトン部

「ああ、さっき放送聞いたよ。でも前日に言われてもなあ……」

「お願いします、1人でいいんです。俺達の企画も11時から2時間だけなので、バトン部さんの演舞には間に合いますし!」

「……ねえ、ミスコン出たい人いるー? …………いない……か。んっとごめんね、やっぱり無理だなあ」

「そうですか。やっぱり難しいですよね。こちらこそ急におじゃましてすみませんでした! いくぞ、羽織」




 @アコースティックギター部

「うーん、ミスコンかあ。協力してあげたいんだけど、うち明日の午前中は少しリハやろうと思ってたんだよね。だから抜けるのは難しいと思うんだ」

「おお、リハですか、残念です。頑張って下さい、アタシも都合ついたら見に行きます!」




 @一輪車クラブ

「うち、私しか女子いないんだよね。で、一応ここの代表だから抜けられないんだ、ごめんね」

「あ、いえ。夜にすみませんでした。アタシ、まだパフォーマンス見たことないんですけど、曲乗りとかするんですか?」

「うん、一輪車で縄跳びとかするよ! もう大道芸みたいだよね」

「あははっ、確かに! 失礼しました! 練習頑張って下さい!」




 @リコーダー・ピアニカ同好会

「出場して頂けませんか? ライブの告知もできますし、これから俺達で台本も直すんで、デモテープ流したりもできますよ!」

「ごめんなさい、まだ明日のセットリスト決まってなくて……ミスコンどころじゃないんです」

「おっと、それは大変ですね……」

「私達もこれからミーティングなの。お互い頑張りまようね!」

「はい、ありがとうございます」




 その後幾つか当たったけど、結果は一緒だった。

 電気の消えた部室から目を逸らして、階段に腰掛けて小休止。


「ダメだ、まとすけ。うまくいかないなあ」

「仕方ないさ。隣の校舎行ってみるか」

「ん、そだね、次の部室棟が待ってるぜ!」



 2人決まった勢いで3人目も意外とすぐ見つかるかも、という淡い期待は、部室のドアを開ける度に萎んでいった。


「いや、ちょっと無理だなあ」

「一応聞いてみたけど、うちには出たい子いないって」

「さすがに急すぎてちょっと厳しいな、ごめんね」

 こんな言葉を手土産に持たされて、ドアを閉める。



 もちろん、頭では分かっていたことだった。


 あと半日で開始するミスコンに、今から出たいと思う人がどれだけいるだろう。


 本当に出たいなら、始めから応募してる。3日前ならまだ考えてもらえたかもしれない。こんな前日の夜になって、企画の準備も終盤で充足感に満ち溢れてるこの時間になって、ミスコンに出たいと思う人なんて、限りなく少ないに決まってる。


 そして断られるたびに、出場予定だったみんなを思い浮かべずにはいられない。


 好き勝手に決起会をやって、牡蠣にあたって、前日にキャンセルになって。それを反芻して思い返しては、消し込んだはずのイライラが募る。


 ミスコンに出てもらえないか交渉して、断られる。

 言葉ではこんなに短い活動をしてる間に、腕時計の長針は元気に1周していた。




 どの校舎からも、電気のついた部室が減っていく。


 暗い部室の入り口に貼られた「○○部へようこそ」という四季祭に向けた貼り紙を見ると、呑気に歓迎しているのが恨めしくも思えた。



「まいったなあ、もう22時半過ぎたよ」


 いつもは明るい羽織も、すっかり項垂うなだれる。断られることを前提に周っていても、これだけ続くと心に鬱々とした想いが溜まる。


「まとすけ、隣の部室棟行く?」

「いや、その前にちょっと作戦立てないか。このままだと全然決まらない気がする」

「ん、そだね……部室戻ろっか」



 新しく参加予定の鎌野にも伊純さんにも感謝している。

 だからこそ、このミスコンはどうしても実施したい。



 いい作戦が思いつけばいいんだけど。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます