第30話 酵素パワーが凄すぎて忘れた

m(_ _)m



 エ、今日もおはこび、ありがとうございます。



 世間にゃ、忘年会ってのがありますな。

 うまいもん食って、酒飲んで、騒いで。

 そんで、一年の疲れをねぎらって。とってもいい習慣だねぇ。



 っても、程度問題もあるだろうけどな?

 営業やってる人たちなんか、毎日のように飲み、飲み。体が持ちやしねぇ。すごいもんですよ本当に。



 場合によっちゃ、忘年会のハシゴね。

 あっちの飲みに顔を出しゃ、ドモドモ、今年もありがと、来年もよろしくって。

 オイ、二次会行かねぇのかい? って声にゃ、「あいやすまねぇ別件が」って、返してな?



 微妙に膨らんだお腹に、胃薬の粉末をサーッって流し込んでな? 電車乗って、トンネルくぐって、次の酒の席に行くわけだ。えらい、えらいねぇ日本のサラリーマンは。



 しかしヨ? 粉末で酔いに効くっのてのは、すごいですな。

 白い粉末なんかだと、目が覚めて目が覚めてしょうがねぇって……おっと、誰かきたようだ。



 バカ言っちゃいけねぇ。小麦粉か何かだよ?



 さて……。



 アタシがそんな怪しいコト言ってる間に、存在センセの「量子トンネル講義」があらかた終わった。



 そしたら至がサ? こんなこと言い出したんだよ……。

「なるほど……小さな量子については、通り抜けの原理がわかりました。……では、大きな物はどうなんでしょうか? 『奥田スーパー』っていう物質は、あの塊で一つの量子、ってことはないですよね?」



 そしたら、それまで黙って聞いてた、奥田発酵の工場長さんのグラサンが、キラーンと光ってな?

「それはですね? ウチの主力製品、『奥田酵素』の力なんですよ」




「「な、なんだってー!!!」」

「酵素パワーですか……」




 至と未来は分かりやすく、存在センセは静かに、それぞれ驚いた。



 ってな? 



 今度は、工場長さんのご講義が始まったわけだ。授業で言うと二時間目。宴会に例えると……こりゃ、二次会だね。



 ;;;;;;;;

 ;;;;;;;;



「これです。このエメラルド色の粉末が、奥田酵素です」

 って、茶色いビンのフタをパカッと開けて、工場長は見せてきた。

 頭にふりかけたら、髪のカラーリングになりそうな、粉末な。いや、髪色がアニメキャラになっちまうなぁ、それだと。



「どうです綺麗でしょ? たくさんの野菜を発酵させて、粉末にしたんですよ? そして……」



 ::::::::::::::::::::::::::::::::

 ::::::::::::::::::::::::::::::::



「一方こちらが、岩石を粉末にしたものです。これらをシェイカーで混ぜ合わせて……」



 :;:::;::::;:::::;:::::::;:::;:::;::;::::

 ::;:::;::::;:::;::::;:::;:::::;:::;:::::



「このように混ぜ混ぜにしてから、炉に入れて、高温にしてドロドロに溶かします。そこから先の工程は、まぁ企業秘密なんですが……やはり発酵させて、ウイスキーのように樽で寝かせると、最終的には……」



「物を通り抜けちゃう物質、『奥田スーパー』になるという流れです」

 と言って工場長は、この会議室まで律儀に運んできてある、テーブルの上を見やった。



  凸

 凸凸凸

______




「あっ! 」

「冷えたんですか?」

「色が赤じゃなくなってますね……」



「はい。薄井先生のご講義の間に酸素に触れて、大分時間が経ちましたから。もう固まってまして。ちょっと触ってみて頂けますか?」



「うわっ!」

「すごい……さわれる……」

「宗谷さん? 手袋したままなら、さわれて当然ですよね?」



「あっそうでした。……うわわ!! すべすべしてる! 脱いでも凄いんです!」

「未来先輩。脱いだのは、手袋ですよね? 凄いのは、奥田スーパーですよね?」

「もちろん!」

「怪しい言い回ししないでくださいよ先輩」

「へへへっ」



「ざっくり説明しますと、奥田酵素の酵素パワーでですね、量子トンネル現象の通り抜け確率を、凄まじく底上げしてるんですよ。だから、これほど大きな塊でも、通り抜けが可能になるわけでして」



「そうか。酵素って、化学反応を促進するから……」

「酵素パワー、すごっ! あたしびっくりして、耳年増になっちゃった!」

「どうやって耳年増を自覚したんですか? 先輩」

「女性に年増はダメよ! 至くん! ビシイ!」



 相変わらずな若い2人は置いといて、存在センセが聞いたねぇ。

「なるほど。酸素が周りにあると、奥田酵素が働かなくなって、通り抜けが出来なくなる、ということですか?」



 白衣にグラサンの工場長は、「そのとおりです。さすが鑑定士の先生ですね」と、口元ニヤリ。髪フサフサ。



「ふむふむ……そして、酵素パワーが発揮されている奥田スーパーが、壁に吸収され、壁の反対側から、奥田スーパーが出てくる、ということですね?」



「まさに! そうです。壁の中に元々から在る原子や電子たちが寄せ集まって、元の物性を保って、放出されるわけです」



「とすると、この手袋は……物質透過の影響を受けない壁に相当するわけだから……」



「……薄井先生のお察しの通りです。その手袋、酸素の含有量が、凄まじいモノでして。弊社の奥田酵素の効果を、発生させないほどに」



「なるほど……これは面白い……」

 存在センセはアゴをつまんで、考えモードに入ったねぇ。



 その一方でサ?



 センセの思考の展開について行けず、至と未来は、「「???」」と、頭の上にたくさんのハテナを出した状態で、フリーズしてた。



「いや、しかし薄井先生。先生の洞察力には恐れ入りました……。奥田スーパーの方だけでなく、手袋の秘密まで見抜かれてしまうなんて……」



「いえ、それほどでも」

 と謙遜けんそんする薄井存在センセ。もともと、こういう人種にゃ、考える事がご馳走だからねぇ。



 しかし、そうやって思考の回る存在センセも、が、ヘタだったんだな。



 工場長に素直におだてられた存在センセ。量子トンネルを拡張したと思われる、奥田さんとこの製法に興味を持ってかれてサ?



 を聞かずに、未来と至を連れて、帰途についちまった。つまりな……?



『奥田スーパーの原料となるの製法は、地球技術だけで出来てるんですよね? アウターアートは入ってないんですよね?』



 って、質問をな?



 アウターアートが混入してると示せなきゃ、ライバル事務所のやぶ先生んとこの、「地球技術だけで実現できます!」って鑑定に、負けちまうってぇのに。



 アラマ……忘年会っちゅうか、会になっちまったねぇ。



m(_ _)m

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます