第29話 似て非なる量子

m(_ _)m



 エ、今日もおはこび、ありがとうございます。



 世の中には、同じに見えるのに、実は違うってものがあるようで。



 例えば、「ごはん」と「ごはん」ね。

 ……って、片や白い米を炊いた物。片や食事自体。



 「適当」だと、「丁度いい具合」と「いい加減」。

 「結構」だと、「だいぶ」と「いらない、遠慮します」



 ア、「壁ドン」なんかもそうだわなァ?


 

 マ、アタシらは、状況に応じてどっちなのかを判断するわけですが、その境目となる壁って、あるんですかね?



 ごはんでいうと、白飯自体と、食事全般とを、まるで法律の条文のごとく切り分ける、壁みたいなものはサ? あるんだろうか?



 もしも壁があったとしても、その壁はなんだかあいまいで、どっちにも行けそうって時もありますわなァ? エット、壁に、トンネルの穴が開いてるみたいにサ?




 さて、『奥田発酵』って会社の工場が、あってな?



 アウターアートを使わなくても、家庭用マイクロダイソン球の原料になりそうな物質『奥田スーパー』ってのを、作っちまってた。物をスルーっと通り抜ける、不思議な物質な。



 その原理は、どうやら、量子トンネルに近いらしい。



「あの、薄井先生。何なんですか? 量子トンネルって」

「あたしもわからないので、教えていただけると……」



「良いですよ?」

 存在センセ。先達として、知を伝授するのは楽しいみたいだ。うんうん。真面目だし、先生向きの性格してるねぇ。



 ちょっくら、存在センセの講義が始まった。

 ま、一次会だわな。飲み会に例えるとサ? 



 込み入った説明もあるらしく、工場の中にある会議室を借りて、ホワイトボードを使ってやった。工場長も、快くオッケーしてくれてな? 冷たいジュースまで出してくれた。



 起立! 礼! 乾杯! ってな感じでよ?


  

 ○ ■



「はい。いいですか? 左のボールが量子です。右の黒四角が壁です」



 =○■

 


「ボールが壁を通り抜けようとしても、普通は壁にぶつかって、右へは行けません。ボールのエネルギーよりも、壁のエネルギーの方が大きいですし」



「ただし! ここまでは、古典的力学で解釈した場合」

「量子論ではそうじゃありません。量子論は、ざっくり言うと、確率の話ですからねぇ……」



 =○■



「ボールのエネルギーが小さくとも、ある瞬間に、壁のエネルギーを凌駕する事が。するとね?」



   ■=○



「ものすごーーーーーーーく! 凄まじーーーーーーーく! 小さな確率なんですが、ボールが壁を通り抜けることが、無いとは言えません。わかりましたか?」




「ぽかーん……」

「未来先輩。ぽかーんって、口で言うものじゃないですよ? 薄井先生。というのは?」



「おっ。若気君、よくそこに気づきましたね? ボールは通り抜けた。実際に通り抜けているワケではないんです」



「え?」

「はい?」



 ○(粒子+波)←コレ!



「ポイントはね? ○で表したボールは、粒子であり、波でもあるんですよ」



「ええと……」

「は、はぁ……」



「若気君……たしか、アパート暮らしでしたよね?」

「あ、はい」



「至くん、いつもブーブー文句言ってるよね。壁が薄くて、隣のギシアンが聞こえてしょうがない。壁ドンしてやろうか! ってさ?」

「そうなんですよ先輩! あいつら、朝昼かまわずおっぱじめるから! こっちは元カノと別れて独り身だってのに!」

「一人じゃ壁ドンできないよねぇ? くすくす。あたしがお家に行ってあげようか?」



「えっ?」

「えっ?」



「壁ドンって、壁をぶっ叩くことですよね? 『うるせぇぞ隣の住人!』って感じで……」

「えー? 違うよ至くん! イケメンが、可愛い女の子を壁際に追い詰めて、ドキドキさせちゃうことだよ!」



「えっ?」

「えっ?」



「あの……先輩。そういう恋愛沙汰はしばらく無しって……」

「……奥田スーパー喰らって、壁の向こうへ突き抜けやがれ」




 ドン!!!




 壁ドンっていうか、ドンだね……。 

 いいかい? 普段温厚な存在先生を怒らすと、ギャップが怖いんだヨ?



「……続けていいですか? お二人とも」

「「は、はいぃぃ」」



 ここらで一度、お茶を一口。

 存在センセもアタシも、喉が渇くと、しゃべりがかすれるからねぇ。



 ○(粒子+波)←コレ!



「ええと、続けますね? ○で表した量子は、粒子と波の性質を持っている。そして、波は、壁の向こうへ抜けることがあります。若気君は、知っていますよね?」



「あっ! そうか! 音も、波だから……」

「えっ?」



「若気君は気づきましたね? 隣の部屋から聞こえてくる、その……そういう感じの音。隣の部屋の物質が、若気君の部屋へと通り抜けたわけではない。あくまで、若気君の部屋の空気が振動して、音の波になっただけです。それと似て非なる感じで……」



 =○■



「左から壁にぶつかってきたボール○と」


 

  ■=○



「壁から右に出ていったボール○とは」



 ○ ≠ ○



「同じ量子じゃないんです」



「ほ、ほぇぇーー」

「なる……ほど……」



「誤解を恐れずに言うと、左から来たボールに押し出されて、壁に元から埋まっていた別のボールが右へと飛び出した、というイメージが近いですね。あたかも、ボールが通り抜けたかのように」



「うわ……気持ち悪い」

 未来さんが言い出した。



「だって、イケメンがあたしに壁ドンしたら、壁の向こうに、イケメンの手の形したが、ニュウウと飛び出るってことでしょ?」



 ……。



 ……。



 珍しく、存在センセと至の声がハモったね。

「「違う、そうじゃない」」



「あはは」

 と笑う未来さんの声は、やっぱり至の元カノ、佐々木量子りょうこさんに激似だ。



 まぁ……似て非なる、笑い声なんだがな?



m(_ _)m

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます