第32話 結果にアクセプトする

m(_ _)m



 エ、今日もおはこび、ありがとうございます。



 街で、クリスマスの曲がかかるとサ? なんだか寂しい気持ちになっちまう現象。あれ、なんなんだろうねぇ? 



 いや、アタシにはカカアがいますヨ? 単身赴任もせずに、こっちに連れてきててさ。でも、それでも、なんだか寂しくなるんだよ。雪と、ベルの音と、夜のイルミネーションと、あの雰囲気がさ。「つがいで居るのが当たり前」みたいな、無言のプレッシャーをかけてくる、あの感じな。



 単に、自分の中で、イメージを具現化してるだけなのかもしれんがな。

 どうにも未だに、独り身の根性が染み付いたままでいけねぇ。



 そんなクリスマス苦しみますは、うまいことやり過ごしてサ? 新しい年を迎えて、モチ食って寝てぇなぁ、とか思っちまうね。



 さて……瀬田OA鑑定事務所の宗谷未来そうや・みくさんは、鑑定士試験6年目を、まだ一人で戦ってる。まぁ、5、6年も独り身ってのはつれぇよ。

 幸い、一緒に試験を戦ってくれそうな後輩、若気至わかき・いたるくんが居てくれて、彼女は助かってる。



 ただな? 隣に誰か居りゃそれで全部解決……とも、限らないみたいでサ?

 いや、未来に至みらいにいたるの話じゃねぇよ?



 今日はナ?


 

 おいちゃんの噺だ。

 


 雪車夜おいちゃんは、鑑定士に合格するまで14年かかった。

 1人で挑んだわけじゃない。途中で伴侶も出来た。甲斐甲斐しくサポートしてくれる、おっとりした嫁な。



 それに報いなきゃいかんと、おいちゃんは、仕事も資格試験も一生懸命やった。



 昔は後輩だった瀬田君が、先代から事務所を継いだ。実務じゃ抜きん出てるおいちゃんが、その下についた。例の仮想の地球に潜りっぱなしの時もあったねぇ。大きな仕事を、大企業から受注したりもした。



 ただ、資格試験は不思議でよ。初めて4、5年の『絶妙のタイミング』を逃して以降、頑張れば頑張るほどに空回りの、裏目、裏目。



 坂道を登っていたかと思ったら、実は、下りエスカレーターを駆け上がってたんだな。長く居るほど下に持ってかれるし、止まれば即座に、スタート地点へ逆戻り。小梅太夫なら、毎日チクショー! チクショー! って言ってるとこだ。



 毎年のように、頻繁にある法改正。改正「前」の知識もあるもんだから、その知識がジャマして、一次のマークシートは引っ掛けにやられる。二次の論文も、人と違う事を書いちまう。



 そうこうしてる間にな?

 自分より勉強が進んでいない連中が、ぽぽんと受かって先生に成って行く。



 っても、そういうモンに、自分で挑んだんだから、しょうがねぇやな。



 試験前は、集中するためにホテルを予約して、カンヅメになって追い込みだ。

 家庭持ちが時間の捻出をしようと思ったら、そこまでやらんとうまく回らねぇ時もある。



 今年は行けそうだ、調子が良い! って思ってた年に限って、仕事が立て込んだり、試験前日に嫁が熱を出したりな。



「あなた、ごめんね……」

「しょうがないよ」

 と、一日看病。



 結果、一次試験のボーダーラインに、1点足りずに不合格。



「ごめんなさい……」

「しょうがないよ。俺の力が足りなかっただけだし、試験は毎年受けられるからね。次のチャンスを待つさ」



 まぁ当然と言やぁ当然だが、『能率アップ錠』はドーピングとみなされる。試験じゃご法度。そもそも、『早死にする』って副作用が、まことしやかに言われててな?



 時間を先取りすると、そのぶん命が縮むってワケで、とてもじゃないが飲んでられない。



 だってヨ? ただでさえ、男の方が平均寿命が短けぇんだ。嫁を一人、地球に

置き去りにすんのかい? ってことになる。おいちゃんも、そのへんは自制したわけだ。



 ――そんなこんなで14年。



「ついに、ついにやったぞ依子!」

 これからは、山手線みたいにグルグル回ったままの、堂々巡りはオサラバだ。バリバリ稼いで、幸せにしてやるぞ。子供もまだ間に合うはずだ!



 ……って意気込んでサ? 勝利の美酒を買い込んで、タクシー乗って自宅へ戻った。少しでも早く戻りたかったんだな。



 携帯で連絡は入れてある。家のテーブルには、料理がズラッと並んでたね。

「あなた、おめでとう」

 酒を開けてな? グラスに注いで2杯飲んだ。なんだか浮かない表情の依子さんと一緒にな?



 ふっと、会話の途切れたタイミングで。



「ごめんなさい。お話があるの……」

 と、離縁の申し出。



 おいちゃんは耳を疑った。



 なんで?

 今までは、たしかに迷惑をかけた。

 でも、これから沢山、孝行できんのに。



「あたし、好きな人が出来て……」

 と、依子はお腹をさする。



 ……なんでもさ? 



 ずっと、寂しくて寂しくて、しょうがなかったんだと。

 一緒の時間が無くてサ?



 優しくしてくれる人がいりゃ、そりゃあふらーっと、そっちに行っちまうかもしれない。倫理的にも法律的にも、ダメなのは、重々分かった上でな?



 人って、そういうもんだよ。



 そしてやっぱり、世間は狭い。

 嫁のお相手は、雪車夜の、かつての初級ゼミの同期だったね。こいつも年下だったが、頭の切れる奴で、2年目でサクッと受かってた。もうとっくに独立して、開業してる。秋葉原で、やぶ鑑定事務所ってのをな。



 嫁は今まで、雪車夜を一人にするのは可哀想だと、合格するまではと、待ってたんだと。



 ……優しさなんだかエゴなんだか、まったく良くわからない、嫁のそんな言い訳もサ?



 試験に挑んで結果が遅れた、自業自得。

 結果にゃ文句は言えない。



 嫁の依子は、雪車夜の合格と共に、別の男のとこへ出てった。


 

 一人で居る家は広いやな?

 ちょうどテレビで、クリスマス特集をやっててさ。アナウンサーが、真っ赤なサンタの衣装着て、首元にゃ、白いあったかそうなモワモワつけて。どこぞの夜景スポットなんぞを紹介してる。

 


 時間無い中でも、隙間を縫って、依子と一緒に行ったとこだね。



 当然、BGMもクリスマス仕様でさ。サンタクロースが街にやってくるそうな。サンタがやってきたから、量子トンネルみたいに、嫁の依子が押し出されて、どっか行っちまったのかねぇ?



 勝利の祝杯だった一升瓶。最初の2杯は、美酒だった。

 残り全部は、涙と一緒だ。



 現実は上手くいくとは限らない。



そりゃ雪車夜そうや宗谷



 最後の1杯を、旅立つ、かつての嫁に。

「乾杯」

 と飲み干した。



 その後の雪車夜は、とにかく、酒を飲んだ。

 今までを取り戻すかのように、遊んだね。遊んだ。どんだけ必死になっても、費やした14年と嫁は、戻っては来ないけどナ。



 兄貴んのとこの「未来みく」ちゃんは、もう中学生。幸せな生活を送ってる。



 出来の良い親族ばかりでサ? 出来損ないは、俺くらいのもんだ。


 

 用事がなくても、地球の外に出でった。

 ある意味、逃避だったのかも知れねぇな。



 地球テラアートだと証明しようと、仮想地球アースに潜る作業が、とにかく苦痛でしょうがなくなった。


 

 だってよ? 嫁がいた時代に、仕事でタイムスリップするんだヨ?



 工事で無くなったはずの家は復活し。

 コンビニは、昔ながらの個人商店に逆戻り。

 かつて一緒に暮らした頃の町並みがサ?

 手を変え品を変え、曲を変え、時代を変えてやってくる。



 いちいち過去に潜ってらんねぇわな。



 自分の居る世界を、変えないとな?

 自分、変わらないとな?



 認識が変われば世界が変わって見える。世界が変われば認識が変わる。そんな、「ニワトリとタマゴ、どっちが先か」みたいな話。



 どっちが先でも良いよ。結果として美味しけりゃ。



 新しいものを取り入れて、大きくなりゃあ良い。

 これまでの全てを、笑い話に出来る位にな?



 まるで、正月太りみたいにサ?



m(_ _)m

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!