第25話 シュミレータ

m(_ _)m



 エ、今日もおはこび、ありがとうございます。



「世間は狭い」って言葉がありますが、狭いはずの世間は、ビッグバン以来、膨張し続けているそうで。光の届かない領域まで?



 そう考えると、ここでいう「世間」ってぇのは結局、身の周りの、自分に見えるモンの事じゃねえのか? とか思っちまいます。



 いや、実際には世界は広い。でも、行動範囲は所詮、人間の動ける範囲だ。

 人の動きも、欲やらルールやらで、一定パターンに収束する。

 そうするってーと……やっぱり狭いのかもしれませんな。



 だってサ?



 瀬田OA鑑定事務所を襲った、「ウチとはまったく逆の鑑定書」はサ?

 なんとなんと! 秋葉原のやぶ鑑定事務所が出したものだった。



 やぶ先生は、ウチの瀬田所長とはライバル関係。至個人にしたって、藪先生んとこの佐藤さんっていう飲み仲間がいる。初級ゼミのな?



 うんうん、世間は狭いねえ。



 今日も今日とて瀬田所長はお風呂行き。

 もうコノ人、お風呂に住んでんじゃねえかって言いたくなるような頻度だなァ。



 ただサ? 所長がもしもこの場に居たら、まちがいなく額にこう、血管浮き出させてサ?

「藪んとこの鑑定をぶっ潰せ! どんだけリソースかけてもいいから、ヨジゲンの特許を拒絶に導いて、藪の信用を失墜させちまえ!」

 って、わめき立てるに決まってる。いやさ、鑑定に、そんなに恣意をぶっこんだらマズイだろ……ってぐらいにサ?



 所長のパートナーでもある雪車夜そりやおいちゃんが、一升瓶もって奥から現れて、所長はきっとそう言うだろうと、太鼓判を押した。



 ま、そんなワケで、「所長が風呂から帰ってくる前に、もう動いちまおう」って事になった。



 瀬田所長はおそらく、半日は戻ってこないだろう。

 おいちゃんの言によると、瀬田所長が風呂に行くときゃ、大抵は雑誌を何冊か買い込んで、お湯につけてグシャグシャにしながら読んでるらしい。



 湯当たりする直前まで茹であがってから、冷水風呂で、つけ麺みたいにキュッと締め、脱衣所に上がり、ヒヤッとしたつめたぁーい牛乳を飲んでボーッと風にあたる。そしてまた湯につかりに行く。



 それを数回繰り返し。いつもの、瀬田所長のパターンはそうらしい。

 所長がどこぞの風呂で茹で所長になってる間に、藪さんとこからきた鑑定書を、みんなで確認するとサ?



『地球シミュレータの使用により、当該物資と同等の効果を有する物質を製造することができた。したがって、アウターアートを混入せずとも、当該物質の入手は不可能では無い』

 って書いてある。



「地球シュミレータ!?」

 未来さんが素っ頓狂な声を上げたね。



レータですね」

 存在センセが真面目に訂正する。



「さすが、藪さんとこは、金回りがいいね。豪気だねぇ」

 雪車夜のおいちゃんは、感心することしきりだ。



「なんです? それ」

 至は純粋に知らない。



「至くん。進歩性については勉強した? 初級ゼミで」

 と、おいちゃんだ。



「はい。ちょっと前に」

「うん。なら、存在センセと一緒にダイブしたら? 地球シミュレータ。にさ?」



「ダイ……ブ? はい?」



「雪車夜せんs……さん。シミュレータの利用は金がかかるから控えるようにって、いつも所長が……」

「カタいこと言うなよぉー存在センセ。敵が藪さんとこなら、瀬田所長はいくらでも金出すって。あいつ、昔からそうだからさ」

「ううむ……」



「おいちゃん! 存在先生! あたしもあたしも!」

「はいはい。もちろん、行くなら宗谷さんも連れて行きますよ? ちょっとした社会見学みたいな感じになりますかね」



 ってな具合でサ?

 存在センセの引率で、未来と至は、地球シミュレータにダイブすることになった。



 マ、二人にとっちゃ、狭い世間が、少し広がるかもしれんわな。



 ぱぱっと支度を整えて、みんなで事務所を出ようとしたんだが。

「あれ? おいちゃんは行かないの?」


 そしたら雪車夜のおいちゃん、棚から徳利取り出して、本格的に飲み始めるみたいでヨ?



「ん? ああ。俺はやめとく。酒も入ってるし。それに……」



「……過去の地球シミュもぐんのは、あんまり趣味シュミじゃないんだわ」



m(_ _)m

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます