第04話 宗谷未来

m(_ _)m



 エ、今日もおはこび、ありがとうございます。



 未練ってのは、「諦めきれないこと」の意味だそうで。まぁ、面倒なもんですな。



 人にゃそもそも、欲がある。



「空を自由に飛びたいな」って欲は、ライト兄弟が叶えてくれた。

 そんなね? 叶うもんなら万々歳だが、うまく行かないもんもある。



「生身の体で空を自由に飛びたいな」

 ってのは、それこそ転生でもしないと、叶わんわけです。ラノベの小説家が物語の中で、擬似的に叶えてくれるかもしらんが。結局、生身の体に羽根は生えない。えっ? タケコプター? あんなの首がもげるだろ?



 あのコプター、首がもげずに飛べるのって、不思議でしょうがないね。羽根の回転力で飛んでるわけじゃないんだろうなぁ。体の重心んトコにつけなくても、飛べるみたいだしよ。



 話が大分それやした。

 欲の内容がちょっと変われば、叶ったり叶わなかったりする。そして、たいていの人は、欲の「定義」を変えられないから、こりゃ難儀なもんで。


 

 じゃあ、かなわぬ欲に、どう対処するのか。そこに、人の個性が出ますわな。

 スパッと諦めることができりゃ、こりゃスッキリだが、なかなかそうは行かんもんで。どうしても、未練として残っちまう。



 いつか叶うと信じて、耐えるとか、

 ただただ酒に溺れるだとか、

 別なものに逃避するだとか、

 いろいろあるわけです。



 さて……。

 瀬田OA鑑定事務所の新人、若気至わかき・いたるが、所長の錬成したゴミ山を整理してるってーと、テーブルに、お茶がトンと置かれた。



「お疲れ様。粗茶だけど」

 と置かれたペットボトルは、本当に「粗茶」と銘柄が書かれたお茶でさ。よくこの商標で行けたもんだねえ。商標の識別力的に、どうなんかねぇ。野良弁理士が頑張ったのかと思ったら、文字のデザインがしっかりしてた。はあ、こりゃ、その絵で通ったのかね。



 粗茶を勧めてニコッとするのは、宗谷未来そうや・みくさん。

 至の先輩で、才媛と評判だ。銀行員みたいなスーツに、黒タイツが、程よい知的な色気を醸してる。



 彼女のおじさんである宗谷雪車夜そうや・そりや先生は、瀬田所長のパートナー鑑定士ってんだから、ま、彼女はサラブレットだわな。どこの馬の骨ともわからない与太郎もんみたいな、若気の至とはちょっとばかし、生まれが違う。



「宗谷先生、ありがとうございます」

「やだ。まだ私、先生じゃないよ? 二次試験の発表がまだだし」



 二次試験ってのは、「地球外技術鑑定士」って国家資格の、論文試験のことでね。一次試験がマーク式。二次試験で論文を書き、最終の三次で口述を。三回、ふるいにかけれられるわけだ。二次が一番の難関だって言われてる。



「未来先輩なら受かりますよ、今年はきっと」

「そう簡単じゃないんだけどね。あはは」

 苦笑っぽい未来の笑い方に、至は少しだけ寂しそうな表情をした。至が大学時代につきあっていた同級生、佐々木さんと、よく似た笑い方だったから。



 いや、困ったもんだねえ。職場の上司が、過去の傷をサ? チクチクと思い出させるわけだよ。これじゃなかなか、未練も断ち切れるもんじゃない。



(いまだに引きずってんのかな、俺)

 と思いながらも、至は一瞬、未来の胸元に視線を飛ばしてしまう。マ、これも欲ってやつだね。



 すぐにバツの悪い表情を浮かべて、至が視線をずらすってぇと、机には、ホントに「粗茶」と書かれたペットボトルの他に、資料がトンとおかれてた。目つきの悪いニャンコが描かれたクリアファイルに、綺麗に入れてあったから、こりゃ明らかに、瀬田所長のゴミじゃないな。



「これは?」

「拒絶理由通知が来たんだよ。存在先生が『若気君のOJTにどうかな』って」



 どこだって、下積みは同じでサ?

 野球の球拾い、料理屋の皿洗いみたいなもんで。タケコプターなら羽根磨きかね? いや、コプターは商売じゃねえな。アウターアート鑑定においての最初は、「拒絶理由通知への対応」と、相場が決まってた。



「残り期限も十分にあるし、至くんの担当ってことで。で、あたしが指導係を仰せつかったのでー。わかんないことあったら、あたしに聞いてね?」



 至は、複雑な表情だった。



 この事務所に入って以来、基本は雑用ばかり。封筒に宛名ラベルをノリ付けするだとか、名刺のデータを管理表に入力するだとか、パソコンサポートだとか。



 それが初めて、技術に絡んだ仕事が出来る。

 至にゃ、とても嬉しい事だったはずだ。一刻も早く一人前になり、別れた彼女を見返してやりたいって、事務所にやって来たんだからなぁ。



 ただ、よりによって、くだんの別れた彼女と同じ笑い方をする先輩が、指導教官か……。まぁ、意識せずにはいられないだろうねぇ。つっても、それはそれ、これはこれ。ちょっと時間を数秒置いて、「はい」と至はうなずいた。



 未来はうなずき返すと、壁の時計をちらっと見た。置いたばかりのペットボトルをひょいと再び掴んで、至に言った。

「もうお昼だし、お弁当買いに行きましょ?」

 宗谷先生の彼女は、目を輝かせた。食欲は、一番楽しい欲ですよと、その目が言っているみたいだった。



 ま、ゴミかたづけに、未練なんて無いわなぁ。



m(_ _)m


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます