戦う傀儡

 音がしなかった。

 濃い青色の巨大ロボットは、メタリックな輝き。浮いた。

 すこしずつ上昇していく。東から届く斜めの日差しが反射した。

 ゆっくりと南へ進んで、突然加速した。

 見守っていたエリカとイリヤとライラが、司令部へ急ぐ。

 深緑色の四角い建物に入った。

 ドアが開く。

 ディスプレイで映像を見ていたホレイシオ将軍が、三人に微笑んだ。

 紺色の服装で、全体を見渡せる位置に座っている。

 天井には、規則正しくならぶ照明。

 兵士をサポートするための、さまざまな装置も机に並ぶ。

 席に着くエリカ。うしろで束ねられた髪が揺れる。

 部屋は、廊下と同じく暖房であたたかい。

 イリヤがあくびを噛み殺した。表情を引き締めてから、席に着く。

 濃い茶色の髪は、すこしボサボサだった。

 三面ディスプレイに映るのは、グレンから送られてくる映像。

 ライラはすでに席に着いている。表情を変えずに、キーボードの操作を始めた。

 金髪ミドルヘアは乱れない。

 司令部に、ほかの兵士たちもやってきた。


 ハガネは、一面の大海原を見下ろしていた。

「ここまで海しかないと、迷子になりそうだぜ」

 白いパワードスーツ姿のグレンが、ぼやいていた。

 コックピット内。球形の内側を包む全面ディスプレイは、どちらを向いても海。

 遠くに島が見える。

「あれ? 迷ったか?」

『なんで、マップとサポート入れてるのに、迷うのよ』

 通信のエリカの声は、普段と同じ調子。

『遠くに見えるので小さく感じますが、ドミニカ共和国です。4分の1の距離を飛行しています』

 ライラはすこし嬉しそうな声に聞こえる。

 南へ進む、巨大ロボット。ハガネ。

『落ち着いていこう、グレン』

 イリヤが優しい声をかけた。

 目指すは、カナイマ国立公園に広がる、テーブル状の台地。

 なにごともなく、バージン諸島を通過。

 南アメリカ大陸の上空に入った。

「グリ貯水池、上空。広いな」

『12月から4月まで乾季のようです。これでも水位は低いかと』

 水のほかに見えるものは、緑。自然が豊か。

 南半球は、もうすぐ夏だった。

 目的地が近付いてきて、巨大ロボットは速度を落とした。

「カロニ川で、パーティーとしゃれこむか」

 金属光沢のある黒いロボットが飛行してきた。グレンはハガネを降下させる。

 将軍の渋い通信。

『カナイマ国立公園の手前で、被害を最小限にやれるかね?』

「そのくらいやってみせろ。って、言ってるような位置だぜ。なあ? バーティバ」

 すこし離れて、同じように下降していくハガネから、返事はない。

『パイロットがいないなら、堅実にいこう』

 川の中州は、1平方キロメートルの広さがあった。同じくらい大きなものが4つ。

 それより狭いものも、たくさんある。

 2体の巨大ロボットは、一番大きい北側の中州に着地した。

 グレンがイミテーションを使用してから、30分経過。


 南米。ベネズエラ。

 カナイマ国立公園まで、あと20キロメートル。

 南北に流れるカロニ川の川中島。

 広さ、1平方キロメートル。

 濃い青色のロボットと、黒色のロボットがメタリックな輝きを放つ。

 離れて睨み合う。

 おなじ全長。色以外は同じ見た目。

 目はゴーグルのような形状。横に線が入っているように見える、すこし出っ張った口元。

 頭部がコックピットで、球形の空洞。壁に外の景色が映る。緑が辺りに広がっていた。

 濃い青色のハガネを操縦しているのは、グレン。

 映像送信のために、白いパワードスーツを維持している。

「なんだ。こないのか?」

 左右それぞれの手に棒を握っていた。攻撃のとき、安全装置の解除のためスイッチを押す。

 ロボットが動く。

 丸みを帯びた装甲は、円柱に近い形。

 手足の関節部分には球状の装甲がある。腹部は板を重ねたような構造。

 ハガネは、自律機動も可能。

 黒いロボットが左腕を構えて、フォトンブレードを発生させた。

「なら、右だな」

 濃い青色のロボットは武装を使わず、走って接近していく。

 すべるように移動する、黒いロボット。振られたブレードが、光る盾で止まる。

 グレンの操縦するハガネは、右腕の装甲が変形していた。フォトンシールドがブレードと押し合っている。

 通信。驚いたようなイリヤの声。

『それも、覚えたの?』

「一発勝負だと、ちょっとヒヤヒヤするぜ」

 すぐに左腕からブレードを発生させ、黒いロボットの右ひじに突き立てた。

「パイロットがいないと、こんなに違うのか」

 濃い青色のロボットは、右足の先を変形させた。

 蹴りと同時にブレードを受けて、黒いハガネは左ひじを破損。戦闘能力を失った。

『本当に、中に入ってるの、グレン? パワードスーツ白いし』

『飛行中に入れ替わることは、困難だと思われます』

「イミテーションから出てすぐ、装着しただろ、オレ」

 笑いながら言ったグレンが、ハガネを上昇させる。下に見える黒いハガネは、停止していた。

 南へ進んで、カナイマ国立公園に入った。

 テーブル状の台地が見えてくる。


『何もないわよ?』

 通信のエリカは、不安そうな声だった。

 エンジェルフォール上空。海抜3500メートル。

 グレンは北西から見下ろしていた。

 前方には、テーブル状の台地。複雑な形で広がっている。下と同じく、台地の上にも緑。

 大きな手で、地面の下から押し上げたように見えた。

「滝がある。間違いない」

 ハガネのコックピット。全面ディスプレイの映像を見て、グレンが断言した。

 真下を見ていた。すこしずつ降下を始める。

 周囲、約650平方キロメートルにわたって広がる、頂上台地。アウヤンテプイ。

 巨大な滝が流れ落ち続けるテーブルの上。

 銀色の巨大な船が、こつぜんと姿を現した。

『台地のほかに、比較対象物がないので分かりにくいですが、全長、約100キロメートル』

 ライラは、すこし驚いたような声だ。

 まっすぐ北を向いている船。流線形の船体に、武装は見当たらない。

『ふむ。圧巻だな』

 将軍は、感心したような声である。

 大きく息を吐いたイリヤ。

『銀色の円盤は、全長500メートルだったのに』

「さて。同じところにいてくれないと、見つけ出せる気がしないぜ」

 音もなく降下していく、濃い青色のハガネ。

 下で、船が変形した。上側が戦艦のような形になり、平らな場所ができる。

 船の最前部に近い場所。北側へと着艦する、巨大ロボット。

 前から銀色の塊をながめる。

『えっ』

 エリカが驚いたような声を出したときには、コックピットの扉が開いていた。

 動くゴーグル。

 白いパワードスーツ姿のグレンが、船の上に着地。金属音が響く。

 200メートル離れた前方で、船のハッチが作動した。

「よくぞ、いらっしゃいました。近間紅蓮さん」

 ドアから現れた銀髪の男性。その言葉を、グレンは聞いていた。

「悪いけど、世間話してる暇はないぜ。さっさと、見極めってやつを頼む」

 話しながら、前に歩いていく。

 よく通る声の通信。

『ハガネで応戦しないのですか?』

『まあ、グレンなら、こうすると思ったよ』

 イリヤの声は、清々しさを感じさせた。

「肉体の限界、ですか。ワタシとしても、近間紅蓮さんを失うことは本意ではありません」

 出てきたドアから、すこし東側に移動するバーティバ。

 ドアが閉まった。

 銀髪は、東からの日光を受け、すこし青く見える。サイドがすこし伸びている髪型。

 小豆色のスーツ姿。同色のネクタイも含め、やや紫がかった光沢を放つ。

「グレンでいい、って言っただろ?」

 パワードスーツ姿のグレンは、走って近付いていた。呼吸が荒い。相手は100メートル前方。

性分しょうぶんなもので。そろそろ親交が深まってきたでしょうか? 紅蓮さん」

「おまえなあ……まあいいや。で、どうすればいい?」

 グレンは、バーティバの5メートル手前で立ち止まった。

「あなたの強さを、見せてください」

 グレンがイミテーションを使用してから、1時間経過。


「聞くけど。ツインタイムで、仮の身体になってるんだよな?」

「はい。では、始めましょう」

 パワードスーツ姿のグレンの問いに、バーティバが答えた。すると、再び船のハッチが動いた。

 ドアが開く。

『グレン?』

 エリカの不思議そうな声が通信から漏れた。

 中から出てきたのは、迷彩服の男性。黒い短髪。普段のグレンと同じ姿だった。

 筋骨隆々とした見た目。

「そうです。安心してください。記憶はありません。これは、戦闘データが入った傀儡くぐつ

『これまでの戦闘は、このため?』

『まだ、それを判断するためには、情報が不足しています』

 イリヤとライラの意見は違った。

「壊して、いいんだな?」

「ええ。データは修正され、能力が向上しています。壊せるのなら、どうぞ」

 バーティバは微笑していた。

 両手を握り締めた白いパワードスーツのグレンが、わきを閉めてひじを曲げた。

 大声で叫ぶ。

「シュワルツシルトオオオォォォオ!」

 装甲が変化していく。アレカヤシの葉のような、尖った追加装甲が全身を包む。下から上へと伸びていた。

 バーティバのパワードスーツが変化した状態と似ている。ただし、色は白い。

「本人が聞いたら、怒りそうですね」

 銀髪の男性は笑っていた。

『え? 分かりやすい名前がいいって言うから、重力制御装置、って付けたのに』

『叫びたかっただけでしょ。あれは』

 イリヤのつぶやきを聞いて、エリカが答えながら笑った。

『ふっふっふっ。やりたいように、やらせてあげなさい』

『将軍なら、なんと叫ぶのか、興味があります』

 ライラの声は、すこし弾んでいた。

「状況開始」

 グレンよりも低い声がした。

 グレンと同じ見た目の傀儡が、パワードスーツをまとう。

 薄緑色の装甲に身を包んで、オレンジ色のバイザーを光らせた。

「容赦しないぜ!」

 気合いを入れる、白いパワードスーツ姿のグレン。メタリックな装甲。

 東から、太陽の光を浴びる。輝いていた。

 重力制御状態。下から上へと伸びる、尖った葉のような追加装甲を纏う。

 目の位置に横一直線の黄色いバイザー。口元はフェイスマスク形。顔に見える。

 とんでもなく巨大な銀色の船の上を、猛スピードで駆けた。

「対応可能」

 低い声を出した薄緑色のパワードスーツは、グレンと同じ構えをしていた。

 傀儡が変化することで、疑似的に装着された。内燃機関を持たない。

 メタリックな輝き。昆虫の外骨格のような見た目。

 すこし浮いている。

 関節部分は黒色。装甲には赤色やオレンジ色の部分がある。

 目の位置に、横一直線のバイザー。口元はフェイスマスクの形状。顔に見える。

 傀儡が防御した位置に、攻撃は届かなかった。

 グレンは2回フェイントを入れたあとで、右足の裏からフォトンブレードを発生させた。脚が光っている。

 ウェーブリアクターから伝播されたエネルギーを、爆発的な加速に変えていた。

 宙を舞う、傀儡の左腕。

「嘘が下手だな。バーティバ!」

 光っている傀儡の右腕から、高周波ブレードが伸びる。グレンの胸部へと一直線に。

 傀儡の左腕が落ちた。金属音が鳴る。

 グレンは、全身64ヵ所から光を放った。

「止まって見えるぜ」

 スラスターを全開にして寸前で回避。推進力を重力制御で曲げて、即座に反撃する。

 左腕に発生させたフォトンブレードが軌跡を描く。傀儡の右腕、ブレード発生部分を内側から貫いた。

 同時に、右腕をのばしている。

 瞬間的に発生させたフォトンブレードが、勢いよく飛び出す。杭打機のように。

 えぐり込むようにして、傀儡の胸部装甲を貫いた。

「フォトン、ドライバー」

 グレンが言った。

 反撃はない。傀儡が活動を停止した。

 金属音とともに倒れて、見た目が変化していく。赤橙色の四角い装甲のロボットへと変わった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます