ドウジ変身

『もういいだろう。帰還したまえ』

 通信から将軍の命令が届いた。

「ツインタイムが隠されてる、と思ったんだけどな」

「仕方ないわ。帰還しましょう」

 エリカは名残惜しそうに公園を見た。銅色の両腕と、グレンが海から抱えあげてきた胴体だけが転がっていた。

 グレンとエリカは、軍用車両へと歩いた。

 ヴェラザノ=ナローズ・ブリッジを西から渡る車。

 北にある基地を目指す。

 通信から聞こえるイリヤの声が、普段よりすこし高い。

『こんなことができるなら、やっぱり何もかもがおかしい』

「まあ。そうだな。そもそも、ツインタイムを投下する意味がなかった、ってことだからな」

 左側の運転席に座るグレンは、表情を変えていなかった。

 シートベルトを着用済み。

「なんで、冷静なのよ。いくらでもギンを送り込める、ってことでしょ?」

 助手席に座るエリカは、興奮している様子だ。

 シートベルトを着用済み。

 車は、ハドソン川のすぐ東側の道を北上。

 街路樹が多い。

 鉄筋コンクリート造りの高層な建物が立ち並ぶ、無人の街。

 右手に、セントラル・パークが見える。

『ギン以外にも、ハガネを所有しているメタルが、ドウのみを一定範囲に配置する。この時点で不自然です』

 ライラは状況を整理していた。

『円盤のこともある。やはり、ニューヨーク市の立ち入り制限は解除できんな』

 将軍は渋い声だった。

『それじゃ。ボクは、できることをやるよ。気を付けて』

「ああ。根を詰めすぎるなよ」

 グレンがすこし笑いながら言った。

 川のそば。車をのんびりと走らせる。

 セントラル・パーク南側の近く。

 12番街。東へとのびる57番通りが、わずかに見える。

 グレンとエリカが、ドウを最初に倒した戦場。

 そこに誰かが立っていた。

 道路に出てきて、車の前に姿を見せた。

 十分な距離がある。速度もそれほど出していない。余裕をもって車は止まった。

 小豆色のスーツ。銀髪。

 グレンよりも背の高い男性は、二人を見て微笑んでいた。


「結田絵里花さん。お会いできて光栄です」

 エリカは助手席から降りて、腕組みをしていた。対照的に、嬉しそうな顔の男性。

 紫味を帯びた赤褐色のスーツに、同色のネクタイ。シャツは灰色。

 透きとおるような銀髪で、サイドがすこし伸びている。やや西に傾いた日差しを浴びて、すこし青く見える。

「バーティバ! 立ち入り制限されてる、って言っただろ! オレ」

 左側の運転席から降りたグレンは、本気で怒っていた。

 バーティバは気にする様子もなく、情報端末を取り出した。

「何やってるのよ。こんなところで」

 エリカは呆れたような顔を向けて強い口調。帯が腰に巻かれ、帯刀されていた。

 二人の写真が撮られる。

成程なるほど。こんなところで、立ち話をしないほうがいいです。公園に行きませんか?」

「そういうことじゃないだろ。まったく。ニュートーキョー市には行ってきたのか?」

「はい。いいところでした。写真をご覧になりますか?」

 エリカの眉間に力が入る。

「一緒になって世間話して、どうするのよ!」

 バーティバが笑い出した。

「ははは。面白いですね。それでは、セントラル・パークへ参りましょう」

 左を向き、東へのびる57番通りを歩き始めた。

 グレンとエリカはあとを追う。

「こっちの都合を聞いてくれよ。まったく」

「もういいわ。何かあったら、ちゃんと、この人を守ってよ。面倒みきれないわ」

「了解」

 三人は歩いていく。57番通りをまっすぐと。

 11番街。

 10番街。

 9番街。

 8番街。

 それぞれ一瞥いちべつもせず通り過ぎて、7番街を北へ。

 セントラル・パークの南側に入った三人。

 芝生の広がる場所の、南まで来た。木製のベンチに座る。

 辺りには木々が立ち並び、枯葉が舞っている。緑と茶色が織り成す景色を眺めていた。

 西側に座るバーティバが口を開く。

「美しいですね」

 右隣に座るグレンは、ちらりと右を見た。

 すこし愁いを帯びた女性が、瞬きをする。長いまつげが動いた。

「おお。分かるのか? エリカも、黙ってれば美人だよな」

「何。その、トゲのある言いかた」

 東側に座るエリカは、表情を引きつらせている。すぐに笑い声が漏れた。

 バーティバもつられて笑い出す。グレンも笑いだした。

「そうですね。炭素生物は美しいものです」

「炭素? なんだ?」

 グレンの問いに答えは返されなかった。

「もうすこし、お話ししたかったのですが」

「よぉ。仲良くお喋りか?」

 三人のうしろから声が聞こえた。

 目つきの悪い、首に長めの黒いスカーフを巻いた男性が立っている。


「もう、いいだろ。白黒つけるときだ」

 青年は笑っていた。

 濃い灰色の上着。深紫色のパンツ。長めの黒いスカーフ。

 えり足や耳周りがすこし伸びていて、尖った髪型。

 グレンは慌てていた。立ち上がって振り返る。

「ちょっと待て。ウルフ! 一般人がいるんだぞ」

「そうよ。落ち着いて。お願いだから」

 エリカも慌てていた。同じく立ち上がっていた。

 バーティバは落ち着いている。座ったままだった。

「おや。写真、見ますか?」

「見ねぇよ。招かれてもないのに、こんな辺境でチョロチョロしやがってよぉ」

 南に立つウルフは、姿勢を低くした。

 反応して、グレンがパワードスーツを装着する。

「焦らないでください。兵戈槍攘へいかそうじょうから逃げるつもりはありません」

 立ち上がったバーティバは、芝生の広がる場所へと歩いていく。

 ウルフは鼻を鳴らした。姿勢を元に戻す。

『いかんな。至急、イリヤを呼びたまえ』

 将軍が誰かに命令した。

 ゆっくりと歩くウルフを、グレンが見ていた。エリカを自分の身体のうしろに下げている。

「なんだよ、いったい」

「俺の目的は、そいつだ。そのあとは、グレン。遊ぼうぜ」

 セントラル・パークの南側。緑のじゅうたんが広がる場所。

 背の高い銀髪の男性が北側に。尖った髪型の青年が南側に。

 すこし離れて立つ。

 青年の首に巻かれた、長めの黒いスカーフがなびく。

「変身!」

 おおげさにポーズを取ったウルフが叫んだ。

「変身」

 バーティバは体勢を変えず、ゆっくりと言った。

 一瞬で姿が変わる。

 メタリックな輝き。紺色を基調とした装甲。昆虫の外骨格のような見た目。

 関節部分は青色。装甲には赤色や白色の部分がある。

 白いバイザーが目の位置に二つ。口元はあごの部分にかけて角張っていた。顔に見える。

「おまえだったのか」

 似たような姿になっているグレンが、驚きの声を上げた。

「なに、これ」

 エリカは目をそむけた。

 ウルフの身体が変化していた。

 服を取り込んで一回り大きくなる。全身が茶色に変わっていく。

 あちこちが尖って、鉱物のような見た目になった。黒いスカーフは、そのまま首に巻かれている。

「宇宙の意思がうるせぇからな。刈り取らせてもらう」

「やはり、呪縛は解けないようですね。ならば、引導を渡すのが、せめてもの情け」

 コードネーム、ビーは、落ちている枯葉の束を拾った。

 右手で握りしめると、光る剣が発生した。

「おいおい。金属でもない物を武器にしやがったぞ」

「招かれざる者に教えてもらってないのか、とか言ってたわよね? ウルフ」

 エリカの言葉に、通信でイリヤが反応した。

『ビー、いや、バーティバが全てを知っている?』

『その可能性は高いと思われます。援護することを推奨します』

 ライラは冷静だった。

「援護は不要です。ワタシの千軍万馬せんぐんばんばをお見せします」

「はっ。無粋な真似すんじゃねぇぞ?」

 変身したバーティバとウルフは、真っ直ぐぶつかった。


 光る剣をはじく、茶色い鉱物のような物体。

 ひじが光っていた。人の形をしていない。背中から、翼のような形状の鉱物が出現した。

 2つとも、肩から前に折れ曲がる。

「フォトンランチャー!」

 2つの光る弾が発射された。秒速150メートル。

 紺色のパワードスーツ姿の人物は、両手を前に構えた。棒が手から離れる。光る刀身が消えて、芝生の上に落ちた。

 両手の前に、曲線を描いた光る壁が現れていた。

 弾が吸い込まれるように入って、反射されたように相手へ向かう。

 鉱物と化しているウルフに命中。

『こんな複雑な形状を。まさか、一瞬で計算して生成したのか?』

 イリヤが呟いた。

「そうです。フォトン武装は、設計図によって、形をいかようにでも変えることができます」

「講釈、垂れてる余裕が、命とりだ」

 ウルフの突き出した右腕が、木の根が伸びるように広がる。

 間一髪、バーティバがうしろに下がった。そのときには、ウルフが身体をひねっていた。

 右腕を地面に刺し、左足で回し蹴りを放つ。

 足のうしろから刃が伸びている。よけきれず、バーティバの胸部装甲が傷ついた。

「オレが言うのもなんだけどさ、人間じゃないな。というか、通信の声小さいのに、な」

「ちゃんと守ってよ。あたし、一般人なんだから」

 パワードスーツ姿のグレンと迷彩服姿のエリカは、戦いを見守っている。

「やはり、これを使うしかありません。……機動」

 紺色のパワードスーツが変化していく。装甲が1枚増え、花びらをまとったような姿に変わった。下から上へと伸びている。

「そうでないと、面白くない。だろ? 招かれざる者!」

 あちこちから突き出していた鉱物が、身体の中に埋まっていく。手足の指も埋まる。手と足の先が、それぞれ1つの塊と化した。

 2つの人型の存在が、音も立てずに歩く。慣性の法則を無視して繰り広げられる、肉弾戦。

「思ったんだけどさ」

「何?」

「地面に足つける必要ない、よな?」

「あたしに聞かれても」

 花のようなパワードスーツと武骨な鉱物がぶつかって、金属音が響いた。

「そんな古臭い身体で、よくやった。だが、ここまでだ!」

 鉱物と化したウルフは、右手部分をかぎ爪のように変形させる。引きちぎられた、自身の左腕。

 右手と左腕が1つの塊になっていく。巨大な拳へと変貌した。

 パワードスーツ姿のバーティバは何もしない。拳法の構えをとっている。

「勝負」

「潰れろ!」

 右腕で殴りかかるウルフ。

 バーティバの身体から光が噴射した。

 紙一重でよけて、そのまま右腕の付け根に拳を叩き込む。

 光る推進力によって加速したバーティバ。ウルフとともに、セントラル・パークの北側へ飛んでいった。

 途中の池で水しぶきが上がる。

「追いかけるぞ」

「ちょ、ちょっと」

 グレンはエリカを横抱きにして、戦いの行方を見届けるため、北へ向かった。


 花びらのような追加装甲を纏った、紺色のパワードスーツ。

 茶色に染まる公園の中で、右腕から光を放つ。

 スラスターによる加速を乗せ、茶色い鉱物の右腕が砕けた。

「まだ、足がある!」

 蹴りをねらう鉱物。攻撃が空を切る。

 紺色の左腕が光って、鉱物の胴体に穴が開いた。

「はははっ。面白れぇ!」

 鉱物は頭突きを繰り出した。

 左腕で受けて、パワードスーツの花びらが舞う。

「御免」

 その回転すら利用して、右腕が振られていた。光を放つ。鉱物の頭に当たり、そのまま茶色の地面に激突する。

 地響きが起こった。土煙が晴れると、バーティバが立っていた。手には黒い布。

 西に傾いてく日を見ながら、ひとすじの涙を流した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます