任務完了

「やあ。これを見ているということは、まだ生きているみたいだ。なにより」

 黄色い服の男性が微笑んだ。

「ぼくは、ディエゴ。フィリピンにいる。情報局がうるさくて、メールが送れなかった」

 映像のうしろで、数人が何かを話す声がした。

 ディエゴが横を向いて注意する。

「ありがとう。武器を送ってくれたから、ツインタイム使いになれた」

 厚い唇の男性は、軽くお辞儀した。

「ほかの国でも、役に立っているみたいだ。いつか、恩返しさせてくれ」

 画面に手が近付く。すこし揺れた。

「すぐには行けない。それまで、死ぬなよ」


「あとは。基地から一番遠い、スタテンアイランド区だな」

 灰色に近い迷彩服姿の男性が言った。

 ほかに褐色・緑色が混ぜられていて、市街地・砂漠・森林に対応している。

 髪は短髪で、黒色。

 服の上からでも分かる、盛り上がった筋肉を持つグレン。

 インナーイヤー型のヘッドフォンを耳につけている。マイク機能で、双方向通信が可能。 

 自動車の左側。運転席に座っていた。シートベルトを着用する。

 すでに、暖房のスイッチが入っている。

「マンハッタン区と、ブルックリン区を経由したほうが早そうね」

 助手席に座った女性が言った。迷彩服姿。

 髪は長く、うしろで束ねられている。淡い茶色。

 隣に座る男性と比べると、背が低いエリカ。シートベルトを着用した。

 グレンと同じく、ヘッドフォンを装着済み。

 ニュージャージー州のフォート・リー基地から、武骨な軍用車両が発進した。

 正式には、高機動多用途装輪車両。

 クリーム色の車体が、摩天楼からのぼる朝日をあびる。川の前で規制線を越えた。

 ハドソン・リバー・ブリッジの一番右の車線を走る。

 ニューヨーク市マンハッタン区へと続く、長さ1キロメートル以上の鋼のつり橋。

 上層8車線。下層6車線。

 川の流れは真北からではなく、30度近く東寄りから。30度近く西寄りの南へ。

 沿うようにして、街も道も斜め。地図の上では。

「ところで。帽子、かぶらなくていいのか? 迷彩の」

「いいでしょ。迷彩服もいらないくらいなのに。効果ないから」

「それも、そうだな」

 クリーム色の軍用車が、橋の出口に近付いてきた。

 眼前の大都市には誰もいない。

 あの日、空中に静止する巨大な円盤から、街に自律機動ロボットが投下された。

 目的不明の敵。メタルによって、人々が消された。

 とつぜん円盤が現れ、いつのまにか消えていた。

 二人の車は、川沿いの公園近くの道を走る。たくさんの木々が並ぶ、ハドソン・グリーン・リバーウェイ。

 道の周りあちこちに、赤橙色の四角いロボットが倒れていた。

 金属光沢のあるそれは、ドウと呼ばれる機械人形きかいにんぎょう

 装甲は戦車の砲撃にも耐える。つかまれると、人間に振りほどくことはできない。

 内燃機関を持たず、どこからか送られているエネルギーで動く。

 エネルギー受信装置の破壊によって、機能停止していた。

 グレンが口を開く。

「思ったより遠いな。ハガネで飛んだほうが、よかったんじゃないか?」

「ただでさえ、目立ってるのに。余計なことしてどうするのよ」

 エリカが口を尖らせた。

 メタルの巨大ロボット。ハガネ。全長13メートル。

 重力制御装置により、無音での飛行が可能。パイロットへの負荷もない。

 自律機動もできる。

 鹵獲したのは2機。1機は両腕が損傷しているため、攻撃能力はない。

 もう1機は、重力制御装置と左足が損傷している。

「まあ。のんびりいくか」

「たまには、ドライブもいいでしょ」

 スタテンアイランド区までは、まだ20キロメートルあった。

 アメリカ大陸は広大で、道も広い。

 ニューヨーク奪還作戦もいよいよ大詰め。


「フォート・ワズワーズから、南西へ進みつつ片付けましょう」

「了解」

 ブルックリン区の西の果てから架かる、長さ1キロメートル以上の吊り橋。

 ヴェラザノ=ナローズ・ブリッジ。

 自動車専用。二層構造。上層、下層ともに6車線。

 海をまたいで結ぶのは、スタテンアイランド区。

 橋を下りる前に、エリカが眉を下げる。

「やっぱり、おかしいわ」

「作戦変更か?」

「違うでしょ。橋の上だけ、ドウがいないこと」

 橋でロボットに襲われたことはなかった。

 グレンは口を閉じて力を入れた。すぐ緩める。

「結構、重いからな。ドウ。橋が落ちると困るからじゃないか?」

「かもしれないわね」

 橋から下りる道の途中で、クリーム色の軍用車両が止まった。

 まぶしい朝日が、助手席から降りたエリカを照らす。

 帯を手に持っている。上着の上から腰に巻いて、刀を帯びた。鞘は灰色。流れるような動きで抜刀した。

 抜きやすいように、中央部分でもっとも反った形になっている打刀うちがたな。長さ、約70センチメートル。

 刀身は変形させたドウの装甲。頑丈かつ、しなやかで鋭い。

 つばに近いつかの部分に、銃の引き金のようなスイッチがある。高周波による振動で、刃の切れ味がすこし上がる。

 しかし、電力消費量が多く、バッテリーは長く持たない。

 リミッターを外した場合、普通の人間には制御困難。

「装着!」

 グレンの仮の身体からだが変化して、パワードスーツが疑似的に装着された。一瞬のできごとである。

 白に近い薄緑色を基調とした装甲。メタリックな輝き。

 関節部分は黒色。装甲には赤色の部分がある。昆虫の外骨格のような見た目。

 目の位置に横一直線のバイザー。オレンジ色。口元はフェイスマスクの形状。顔に見える。

 基地の工場内にあるツインタイム。鹵獲した銀色の装置。

 これにより、仮の身体の操作と変形ができるのだ。

 巨大な円盤がいつ飛来するとも限らない。リスクを考え、大部隊は投入できない。

 エリカは、ドウ破壊任務を志願。現場での指揮を担当している。

 白い息を吐いて、かわいらしい声が響く。

「慣れたころが、一番危ないっていうわ」

「了解! 油断大敵ゆだんたいてき

 パワードスーツ姿のグレンは、左手にブレードを生成した。


「おい。いいのか? これで」

 パワードスーツ姿のグレンが、左手のブレードを斜め下から突き上げた。ドウの胸を貫く。

「あたしに聞かないでよ」

 迷彩服姿のエリカは、その横に立つドウを見ている。

 両手で構えた刀。胸部装甲の隙間に突き立て、すこしひねって抜く。

 金属光沢のある赤橙色の刀身が、すこし西に傾いた日差しを反射。まばゆい光を放った。

 赤橙色のロボットが2体、崩れ落ちる。

 二人は海を見ていた。北には、ニュージャージー州の陸地が広がっている。

『再度、確認する必要はありますが、目の前のドウで殲滅は完了です』

 通信をおこなったライラ。声には抑揚が乏しかった。

 現場の映像は、グレンのパワードスーツ内蔵のカメラから、司令部へ送られている。

 二人の目の前には、岸壁に2体のドウ。作動範囲に入っていないため、停止していた。

 ニューヨーク市の南西にあるスタテン島。

 島の面積は、約150平方キロメートル。その北東に位置する、セント・ジョージ地区。

 東には、海をはさんでブルックリン区がある。

 これまでに機能停止したドウは、9999体。残りは、眼前の2体。

「続いて!」

 叫んだエリカが、機械人形に近付いた。手には刀。

 とつぜん、動き出すロボット。

 四角い胴体。腹部には横長の板が数枚ならび、あいだに隙間がある。

 刀を揺らしたエリカが、一気に接近。渾身の突きを繰り出す。刀が装甲の隙間をすり抜け、エネルギー受信装置に損傷を与えた。

 高い音がひびく。

 四角い頭のロボット。まるい目と長方形の口は動かない。

 何も言わず、その場に倒れた。

「了解!」

 白に近い薄緑色のパワードスーツには、武装がなかった。

 かるく走ってドウに接近。

 右手を構えて、胸部に拳をのばす。そのあいだに、右腕にブレードが生成されていた。

 胸に突き刺さる。背中から突き出た。

 メタルの赤橙色のロボットは、すでに機能停止している。

 ブレードは、ドウの腹を蹴ることで抜かれた。グレンは装着を解除。姿が元に戻る。

 おもちゃのような顔を見せて、機械人形は仰向けに倒れた。

 これまでに機能停止したドウは、1万と1体。


 ヴェラザノ=ナローズ・ブリッジ。

 東西に海をまたぐ巨大な橋。

 西側のスタテンアイランド区から、迷彩服姿の二人が近付いていく。

 橋の近くに止まっている軍用車両を目指していた。クリーム色で四角い。武骨。

 南へ続く道を歩く二人。東には海が見えた。

 すこし西へと傾いた太陽によって輝いている。

「てっきり、白い装置があると思ったんだけど、な」

 背が高めのグレンが言った。

「あたしは、区ごとにあると思ってた」

「それもだけど、ビーも姿を見せないよな」

 グレン以外のパワードスーツの人物。10体のドウを倒しただけで、目立った動きがない。コードネーム、ビー。

「おかしいことだらけね。気を抜かないで」

 男性と比べると余計に背の低く見えるエリカが、襟を正した。

 優しそうな声のイリヤから通信。

『気を付けて。何か起こるとしたら、これからだ』

『はい。最大限の警戒を推奨します』

 よく通る声のライラが続いた。

『うむ。二人とも、よくやってくれた。エリカ、グレン。無理はするな』

 渋い声のホレイシオ将軍は、二人をねぎらった。

「了解」

 二人は同時に返事をして、笑った。

「でもさ。あとはイリヤの頑張りだろ? 正直」

「まあね。銀色の円盤には、ハガネ以上の武力がないと、太刀打ちできないわ」

 歩きながら会話を続ける二人は、緑の芝生の上に人影を見た。

 東側。海の近く。

 落葉樹が多く植えられて、ほとんどが茶色に染まった公園。

 広さは、50平方メートル以上。東西に長い。アーサー・ボン・ブライザン・パーク。

 メタリックな輝きを放つ人影は、四角い。

「おい。まさか」

「早く、装着して」

 二人は臨戦態勢に入った。

 金属光沢のある灰色の四角い機械人形が、二人のほうを向く。

 ギンだった。


「無茶をするな」

 迷彩服の男性の声を無視して、迷彩服の女性が前に出る。

「囮になるわ。そのスキに。頼んだ」

 走りながら刀を抜いたエリカが、銀色のロボットに近付いていく。

 西から東へ。すこし北寄りに。

 グレンが一瞬でパワードスーツを装着。ギンに対し、すこし南寄りを目指し走る。

 四角い見た目の機械人形は、右腕と左腕を同時に変形させた。

「こいつ!」

 パワードスーツのあちこちから光が噴射した。

 腕や脚、背中。スラスターはほぼ全開。

 爆発的な推進力を得て、走る速度が上がる。

 ギンが右手をエリカに向けた。左手をグレンに向けて、同時に光る弾を発射した。

「無茶してるのは、どっちよ!」

 エリカが弾をよけたときには、すでにギンと目と鼻の先にいたグレン。

 走行姿勢のまま、右腕と左腕を同時に突き出す。

 途中でブレードが生成されていた。同時に右ひじと左ひじを貫通。

 さらに、右ひざからもブレードが生成された。

 胸を貫通して、機械人形は動かなくなった。グレンはスラスターの逆噴射が間に合わず、仲良く海へ突っ込む。

 轟音とともに、派手な水しぶきが舞う。

 遅れて、ギンの腕が公園に落ちた。

 色がメタリックな赤橙色へと変わる。

『時と場所を考えた使いかた、でしたね』

 ライラの声は、すこし柔らかな雰囲気だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます